プリンセスと魔法のキスの作品情報・感想・評価

「プリンセスと魔法のキス」に投稿された感想・評価

eliza

elizaの感想・評価

3.1
内容より、ニューオーリンズの街並みや音楽が印象に残ってしまった。
そして、金持ちのお嬢様の友達にちょっとイライラしてしまった。
でも、ちょっとバカっぽいというか、嫌味のないお嬢様だったのが良かったかなと思います。
やっぱりディズニーなので、みんなハッピーで終わるけど、あいつの最後が全てを持っていった!
まぁ、見ればどういうことが分かる。
これもディセンダント3に向けての予習。このヴィランの子供が出るって事で見ましたが、あのスタイルちょっと好みでした。
かっこいい。
orimarks

orimarksの感想・評価

3.8
舞台はジャズの街・ニューオーリンズ。
ヒロインと王子は、魔術でカエル🐸に。主役の二人がほぼ全編カエル姿という、なんとも斬新な試み。
しかし何の違和感もなく、あの世界に引き込まれていくから不思議.. ディズニーマジックには抗えません。

そして本作はなんと、懐かしの手描きアニメーション!
手描きならではの温もりと躍動感が、いきいきと歌い踊り恋をする生き物たちをより魅力的に見せてくれます。

ホタルのレイとエヴァンジェリーンの恋の行方には思わず涙... よかったね(泣)
魔術師によってプリンス、プリンセスがカエルに変えられてキスで元どおりにっていうディズニーっぽい内容。音楽、ダンスのノリが楽しげでいい感じ。
mii

miiの感想・評価

4.6
どうしてもっと早くに観てなかったんだろうって後悔するくらい、いい意味で期待を裏切られた。知名度が低いのが本当に勿体ない。

ディズニー作品で初のアフリカ系のアメリカ国籍のプリンセスというのもあるけど、他の作品と違って王子様との結婚を夢見ているわけじゃないところが斬新。幼い頃から自分のレストランを持ちたいという目標があり、それが叶うのをただ待つんじゃなくて、一貫して努力が大切だと唱え、遊びの誘いを断り仕事を掛け持ちまでして資金を貯めるティアナの芯の強さと凛とした姿勢が素敵。
真面目でしっかり者のティアナとは逆にナヴィーンが序盤わりと自由気ままで女の子好きなダメ王子で、ティアナへの愛に気付いて心入れ替えるとはいえ、結局はちょっとティアナの尻に敷かれてる感じが微笑ましい。

そしてやっぱりディズニーは動物を描くのが上手だなぁ。カエルになったティアナとナヴィーンも話が進むにつれて可愛く見えてきたし、とにかくワニのルイスがチャーミングすぎて。レイにトゲを抜いてもらうシーンが何気にお気に入り。

ティアナの友達のシャーロットはきっと恋路を邪魔するライバル的な子だと勝手に思っていたら、わりと友達思いの優しい子でびっくりした。勘違いしててごめん。

レイとの最期のシーンではつい涙が。夢が叶ってよかったねって言ってあげたくなる。
もっとディズニーしてるのかと思ってたけどそうでもなく!とても好き
なんといっても登場人物。魔術師の見た目が割りと好きで、登場した歌の中でもあの歌いいなぁと思う
レイのシーンは思わず涙
友達も幸せになってもらいたい。という心配をしなくてもなりそう、笑
Taka

Takaの感想・評価

4.0
とにかく音楽が最高
ディズニーらしからぬ内容もとても良い
あと悪役が好き
marron

marronの感想・評価

3.5
8割方 カエル
ニューオリンズ、ブードゥ教、ジャズ、
夢のために努力すること、愛すること。
大人が観ても楽しめる!っていうより
むしろ子供より 若者向けな感じ
Hachi888

Hachi888の感想・評価

5.0
久しぶりに鑑賞しましたが、
良いですね!
ジャズの音楽やキュンとするシーンも!
望みと必要は違うとママが言いましたが、またディズニーに良い言葉を教えてもらえました。

やっぱりCGアニメーションより手書きのアニメーションの方が好きですね!
nana

nanaの感想・評価

-
ディズニーが久しぶりに手掛けた、というよりもしかしたらこれが久しぶりで最後になるのかもしれない手描きアニメーション作品。

最近のCGアニメーションももちろんリアルな質感の表現力が凄いけれど、手描きアニメはやっぱり良いです。
王子様が出てくるプリンセスが主役の物語、そしてミュージカル調という、作品のつくりもまさしく昔ながらのディズニー作品というものでした。

しかしその内容は大幅に現代風にアップデートされていて、まず舞台がアメリカだったり、そこまで昔々の物語という感じでもなかったり、アフリカ系の女性が主役だったり。

悪役が凄い人種差別主義者とか、アフリカ系の人を主役にするならそういう感じになるのかなと思ったけれどさすがにそんなハードな話にはならなかった(笑)
でもせっかくディズニーが作るなら子供向けにも分かりやすく、かつしっかりと人種差別の歴史と今を描いても良かったのかなと思ったけどここから「アナ雪」や「ズートピア」に続くきっかけの1本になったのかもしれないと思うと、改めて大切な作品だと思います。
終盤の涙腺直撃シーンだけでもこの作品は勝ちな気が…

ディズニー作品の割には公開当時そんなに宣伝されたり話題になったりしていなかった印象があるけれど、観て良かったと思える作品でした。
やっぱりディズニー恐るべし。
YPO

YPOの感想・評価

3.9
音楽が最高だった。

ディズニー映画の中でもっと有名になっていい作品だと思う!
>|