ヒューマン・キャッチャー/JEEPERS CREEPERS 2の作品情報・感想・評価

「ヒューマン・キャッチャー/JEEPERS CREEPERS 2」に投稿された感想・評価

ななな

なななの感想・評価

3.4
タイトルも人間の連れ去りかた(猛禽類的)も印象的な この映画。
笑いながら昔みた気がするけど、1を見て23日かけて最終形態に向かって進化していく過程をみたので、『何で飛ぶねん!』の突っ込みは不要でした。
キャラ立ちが凄い。
1と違ってのっけから姿ガンガン見せてくる。
化け物の演出が気持ち悪くて好き。
子供の頃に見て、夜寝れなくなったけど
大人になってみると色々笑える
Daichi

Daichiの感想・評価

3.3
ジーパーズクリーパーズ2!!
確かにあいつパワーアップしてる!
でも断然1のが好き。
ちょび

ちょびの感想・評価

2.5
初手からいきなり笑わせに来てる。襲い方も効果音もギャグとしか思えない。さすがジーパーズ・クリーパーズの続編。ホラーに分類されてるけどかなり笑える。結構好きな映画かも。
23年おきの春、23日間、それは喰らい続ける
クリーパーって怪人?がカカシと見せかけて少年ビリーをかっさらうシーンから始まる✨
そしてバスケットチームが乗るバスを標的にしたクリーパーと復讐に燃えるビリーの父親をメインに描く
ーーーーーーーーーーーーーー
クリップしていたのを友達が偶然ジャケ買いしていて大喜び(^^)
一作目を観てないけど問題なかったと思う。

パニクるティーン、気付けばバトル化してるなど子供も楽しめそう(^^)

クリーパーの容姿、能力を惜しみなく見せてくれるし、茂みから見えた執念深さに愛着が湧く
とりあえず喰ってないですし(恐怖心だけでいいの?1作目観たらわかるのかな?)さらってどうするのか気になってたけど鑑賞後にメニュー画面見たら少しわかる。働き者でした。

1にセイウチくんがメインで出てるんだー✨
2018 5 ひろこちゃん
ジーパーズクリーパーズの続編。it gets to eat

2は1より更にイケてる謎のお方。
完璧にグレードアップ仕様。1よりよく飛ぶ。ウインクする。お茶目。ハットがベムみたい。ちょっとふざけるが無敵の中の無敵。
何回観てもイケてるよ。羽根ズルイわぁ〜
ラストも👌

レンタル📀だのに特典映像がいっぱいでメイキングとかサルバ監督の撮影地獄とか別口で面白かった。飛ぶ系の撮影って大変なんだなぁ。
R

Rの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

自宅で友人1人と。

監督は前作と同じ「パウダー」のヴィクター・サルヴァ。

話は前作の惨劇から何日か後。試合を終えた高校のバスケットチームの選手たちとチアガールたちを乗せたスクールバスが何者かにパンクさせられてしまう。それは23年ごとに現れ、人間たちを23日間喰らい続ける怪物「クリーパー」の仕業だったというもの。

前作と同じく、旧作三本無料キャンペーンにて。

どっちかと言えば本作が観たくて、1作目を借りたくらい気になっていた。

とは言え、一部のシーン(クリーパーがバッタのようにジャンプするシーン)のお陰で日本では珍作扱いされていることもあり、今シリーズはどっちかと言えばこっちのイメージが強い。

前作では閑散とした田舎道からスタートしたが、今作ではトウモロコシ畑から始まる。

こういう畑って「フィールド・オブ・ドリームス」然り「サイン」然り、結構映画との関連性が深いイメージが強いけど、今作でもそれは同じで。

一面黄金色で画面は明るいんだけど、鬱蒼と茂った草の中は死角だらけで、何が飛び出すかわからない。だからこそ、不穏な空気感と相まって、「何かが起こる」予感がビンビン。

しかも、まさかの畑の中からでなく、カカシがクリーパー→飛翔!という、やはり冒頭から、こちらの予想の斜めをいく展開で、びっくり。

俺自身、今作の存在は知っているものの全編通して鑑賞するのは今回が初めてなんだけど、この畑関連のシーンだけは鮮烈に記憶に残っていることからも、やはりこのシーンは印象深い。

舞台は変わって、数日後。

前作ではトリッシュとダニー(ジャスティン・ロング「コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団」)の姉弟だったけど、今回はなんと高校のバスケットチームとチアリーダー軍団(+マネージャー)という大人数の布陣で、賑やか。

差別主義者のケツアゴエースやゲイ疑惑のある男子部員(マネージャー?)、常に半裸の鼻の穴が印象的なモンキーマン、どっちがどちらかわからない常識的黒人選手、ヘタレメガネボーイ、そして、前作に引き続いてとってつけたような預言者キャラがいたりとバラエティ溢れる面々。

そして。冒頭のシーンで次男を攫われたことで復讐に燃える親子の父親ダガード役にレイ・ワイズ(「オール・ザ・ウェイ JFKを継いだ男」)も中盤から物語に介入し、更に 物語は混沌を極める!!

更に、更に!!前作のラストで悲惨な目にあった主人公の1人、ダニーも夢のシーンで登場と、前作を観た人なら嬉しい演出も!!

まぁ、それら登場人物がみんながみんな機能するとは限らないのが、今シリーズの愛すべき点だと思うんだけど笑笑

また、クリーパーも前作よりパワーアップ!!件のスクールバスをパンクさせて足止めするのに、お前はプレデターかっ!!と言わんくらいの手裏剣を駆使したり、取り込んだ人物の首を吸収し、回復したりとおどろおどろしくも不死身なモンスターで物語を引っ掻き回す!!

そのくせ、ただのチアガールの槍の一撃に瀕死状態という今作でも強いんだか弱いんだかわかんない、もうここまでくると微笑ましいともいえる強烈さも健在。まぁ、チアガールの槍使いの的確さもどうかと思うんだけど(一発目で腕を封じて、二撃目で側頭部貫通て!!)

まぁ、今回も登場人物の多さの割にはキャラクターを活かしきれてない構造とか、とにかくツッコミどころ満載で上映時間の割には長さを感じる作りではあるが、個人的には一昨目に輪をかけて面白いと感じた。

けど、3作目は多分観ません笑笑!!
CotoCo

CotoCoの感想・評価

3.0
あのクリーチャー、シルエットはカッコ良い感じなんだよなぁ。
生徒達?が、バッサバッサやられていくよ!
原題は「ジーパーズ・クリーパーズ2」。しかし1を見てなくてもまったく支障なく見れたようです。1のじめじめした雰囲気が払拭され、ホラーというよりパニック映画に近い印象。お約束の内輪もめあり、リーダーシップ争いあり、予知夢を見る不思議美少女あり。

いつかどこかで見かけたような部品を使って組み立てた映画だったけど、すごく良く出来た映画ではないかと思いました。
ほんとくだらないこと撮ってるのにこの格調の高さはなに?嫌いじゃなかったと鑑賞時のメモに書いてますけど今見たらどう思うかはわかりません。

(思い出しレビュー)(鑑賞時のメモによる)
前作より人間味が増してる!
そして意外とグルメだった!笑
この作品は前作の4日後の話だったかな?
序盤の麦畑のシーンはとても良いです。
>|