陸軍中野学校の作品情報・感想・評価

「陸軍中野学校」に投稿された感想・評価

傑作。
増村のバキバキに作り込んだ画面と乾いた語り口の相互作用。
いくらでも感傷的に出来る内容だが抑えた演技とモノクロの画面によって落ち着いた雰囲気が終始作品を支配する。
皆自分の仕事に誠実なのが観ていて気持ち良い。
最高!
増村フィルモグラフィー巡礼の一環として観たので「増村じゃない監督になってからのシリーズ2作目以降は別に観なくていいかな」とか思ってたけど、何よりこの設定自体に胸ときめくので2作目以降も観なきゃ、となった。
草薙中佐の理想の実現の為、エリートを集めたスパイ養成学校.小川真由美が美しい.シリーズなので機会があれば観たい.
シリーズ化もされているようです。さすがにそこまで手が伸びませんでしたが、これはこれで戦場に行かない戦争もの、しかもスパイ養成の話ですから一見の価値はあると思います。まぁほぼ恋愛の話なのですがね。
たく

たくの感想・評価

3.5
第二次大戦前夜の日本でエリートを掻き集めてスパイを養成する話なんだけど、歴史的背景とか政治とか全部すっ飛ばして男の冷酷さと女の愛情の対比が「妻は告白する」と全く同じ!

加東大介がこんなにセリフあるのは初めてかな。あと小川真由美の色気がすごい!
さとう

さとうの感想・評価

4.0
洗脳みてーな映画だぜ。7人ぐらいで取り囲んで、俺が刀を持つから飛びかかれ!とか、婚約者殺すとこが怖い恐い。毒入りワインの黒の良さと死体の横顔が美しい、黒から灰色に反転すんのも
「本当のスパイは、人を殺したり、ものを盗んだりする犯罪者じゃない。
スパイの根本精神は誠だ、真心だ」

市川雷蔵の滑らかで鮮やかな新米スパイっぷりが素晴らしい。
YNag

YNagの感想・評価

4.0
スパイ映画として全然面白かった。
これほんとに60年代の映画かよ
上官?の草薙が言った 「何があっても死な !生きろ!」の台詞が印象的。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.1
 「そういえばまだ見てなかったなこれ」第19弾。戦前の日本で女性が男性に「キスして。。」とか迫るみたいな嘘くせぇ劇画展開もあるのでこれをリアル・・というのはちょっと違う気がする笑。しっかしスパイ養成学校がまさか「女の落とし方」まで教えていたとは知らなんだで爆笑。「いいかー!女の性感帯は耳とうなじと脇でだなぁ!」とか大真面目に教えている画が何だかマヌケでかわいらしい(もちろん作り手は大真面目)。これまでさっぱり魅力が分からなかった市川雷蔵がとってもいいと思った。あとヒロインかわいい。結婚して
>|