ニューイヤーズ・イブの作品情報・感想・評価

ニューイヤーズ・イブ2011年製作の映画)

New Year's Eve

上映日:2011年12月23日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

「ニューイヤーズ・イブ」に投稿された感想・評価

もし今なにをしてもうまくいくとしたら、あなたはなにをする?それを今やりなさい。
すごく素敵な言葉。
幸せな話や。

このレビューはネタバレを含みます

これは絶対「当たり」な映画。

「阪急電車」の舞台を「年末のニューヨーク」に変えると、この映画になる。いくつかのストーリーが同時に進行していって、それぞれが一見バラバラに見えるんだけど、実は全部繋がっていて…。有り体に言えば、「絆」がテーマの映画。初めて出会ったはずの人でも、実はどこかで繋がりがある。そういった、人間関係の不思議さ、面白さを伝えたい映画なのかなと思った。

この映画に出てくる数多くのストーリー、登場人物に対して、どれだけ自分自身を重ねることが出来るか、その場面が多くなればなるほど、この映画は面白くなる。多分、みんな「この映画の誰か」に自分自身を重ね合わせて観ることが出来ると思う。だから、この映画は「外れ」と言う人がいないと思う。

ちなみにこの映画の女優の中なら、キャサリン・ハイグルが一番タイプ。「幸せになるための27のドレス」とか「キス&キル」も面白かったな(^-^)。
エンディングで全ての流れを台無しにしてがっかり。途中まで良かったのに。
タイムズスクエアから日本メーカーの文字が消える時代が来るとは思ってもなかったので日本メーカーの文字が残っている作品としてそこはよし。これは個人的に思うこと。
emikoth

emikothの感想・評価

4.0
寒くなり始めると観たくなる感じ。
そして、心が温かくなる。
Sukeko

Sukekoの感想・評価

3.2
「ラブアクチュアリー」とテイストがそっくりだった作品。多分ヒューグラントが出たらその物になってしまうレベルだった。

わりとラストシーンが歳の差カップルすぎて結構驚いた今作。

今私はお一人様なのでみるのが結構辛かったです。

このレビューはネタバレを含みます

バレンタインデーと同じ監督の作品。オムニバス形式で面白かった。この時のザックエフロンはちょっと顔が丸くて太ってた?
車のトラブルにあったタキシードの人の会いたかった人がニュースキャスターの人だと思ってたのに、違ったのは驚いた。男性は中学生の娘を持つ母親、女性は死期が近い父親だった。
まぁ面白かった。
Tamaho

Tamahoの感想・評価

5.0
年末になると観たくなる映画。

作られたのはたしか2011,
東日本大震災が東北を中心にあった年。
宮城の者としては
ラストのストーリーテラーの言葉に涙がでる。
みんな新しい年を迎える事、それは素晴らしい事。

出てる人達のキャラクターがみんな素敵。

個人的にはザックとミシェルファイファーの組み合わせがとてもチャーミングで好きでした。


それぞれの大晦日。


私だったらどれが良いかな。

ティーンだったら。

キャリアウーマンだったら。

母親だったら。

独りだったら。

どれでもないし、どれにでもなれる。

その日を作るのは自分自身の選択だ。

誰のせいにもしたくない、新しい良い年を迎えたくなる作品。
GURUPORU

GURUPORUの感想・評価

4.0
オムニバス映画が大好きなので鑑賞。誰もが一度は行きたいと思う綺羅びやかニューヨークのニューイヤーズイブ(大晦日)の様々な人の出会い、別れ、家族の話でどれも最後に愛が溢れ、とっても心が暖かくなる作品でした。

今作で個人的好きだったのは、ザックエフロンの無邪気な演技と、ロバートデニーロの死際の演技がとっても素晴らしく最高でした。

他のオムニバス映画のラブアクチュアリーとかは嫌いな話が1つは混じっているんですが、今作は全ての話が大好きで、寒い時期になってきたらとっても見たくなる様な作品でした。また大晦日のニューヨークが美しすぎて、当分の間ニューヨークに行きたい欲が溢れ出る作品でもありました!!
RicakoKato

RicakoKatoの感想・評価

3.4
キャストが豪華すぎる!
見ててハッピーになる、王道なラブ&ヒューマンコメディ。

2012年、実際にタイムズスクエアで年を越したから、自分自身にとっても思い入れのある年越しだった。
あの時、いろんな人が様々な状況にあって自分には知り得ない、いろんなストーリーや思いを抱えていたのかな、なんて思うと、なんだか感慨深いものがあった
h

hの感想・評価

4.7
ニューヨークの煌びやかな街や
それぞれの登場人物たちの素敵な物語、
何度見ても飽きない。
毎年、年末になると見たくなる。
>|