ニューイヤーズ・イブの作品情報・感想・評価・動画配信

ニューイヤーズ・イブ2011年製作の映画)

New Year's Eve

上映日:2011年12月23日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

「ニューイヤーズ・イブ」に投稿された感想・評価

Aila

Ailaの感想・評価

-
いいねぇ、ニューイヤーズイブにはたくさんの物語があるのね❤️
みんなそれぞれ大変なのね。
けど愛が芽生えてよかったじゃないのっっ🥑💙
一度は体験してみたいタイムズスクエアでの年明け
こんなに新年だからって希望いっぱいの奇跡はないなぁー
やりたい事リストをALLクリアしたことない…あるある
malieee

malieeeの感想・評価

3.5
ポップでハッピー♡
登場する女性達が年齢関係なくみんなキュート!

あまり興味がなかったオムニバスだけど、
最近いいなと思い始めて2作品連続でオムニバス映画♡
The 映画!!
豪華キャストで内容もシンプルで素敵だった~
は

はの感想・評価

4.4
とっても素敵な映画だったな〜
年越しって言う1つの区切りで
みんなが色々なことに向き合ってて
奇跡のようだけど
奇跡じゃないところが素敵だった

大晦日とかお正月大好きだけど今年はコロナでどうなるのかな…大勢が触れ合えないのが悲しいな…
最初から色々な人が色んな目線から始まったので、よくわからなかった。
だけどストーリーが進むごとに、今までのが伏線だったことに気が付き、人と人が合うごとに(ペア)、ストーリーの重要さ、面白さに気が付きました
切なかったり、感動したり、大晦日ってなんて大変なの!と少し笑ってしまうような話でした!
私が見たやつは最後にNGシーンがあって、面白かったです笑

このレビューはネタバレを含みます

期待しないで見たが大当たりだった。

舞台はニューヨークの大晦日のポールドロップを中心に繰り広げられる群集劇。

序盤はそれぞれが仕事ややりたい事がある中で点と点と交わりながらドラマがあり、それがまたカウントダウンが近づくにつれて違うし交わりがあり花火のようなスパークを見せる。

期待を裏切る展開もあり、その辺りは脚本の勝利やと思う。

出てくる人出て来る人が良い人ばかりでホッコリ系ムービーとしては最高峰かも。

死期を迎えた老人を演じるデニーロ、看護師役ながらスーパーモデルのオーラを隠しきれないハルベリー、持ち前のゴージャス感を見事に消したミシェルファイファーが特に良かったなあ。
牛猫

牛猫の感想・評価

3.4
大晦日のニューヨークを舞台に、様々な感情が交錯する人々の姿を描いた話。

一年に一度、普段とは違った特別な日に浮き足立つ人々の様子や、華やかな街並みは観ているこちらも幸せな気分にさせてくれる。どちらかというと劇中のアシュトンカッチャーのように大晦日だからって何だよってな感じで斜に構えてしまうタイプだったけど、タイムズスクエアで行われるボールドロップというイベントは盛大で見応えがありそうだし、ライブやパーティーも豪華で楽しそうだと思った。

祭事の群像劇というと、リチャードカーティス監督の「ラブアクチュアリー」とどうしても比べてしまうけど、こちらはなんといってもキャストの豪華さと人数の多さが半端じゃない。デニーロにヒラリースワンク、ハルベリー。この3人だけでオスカー像5本も獲ってる。
ただ、いかんせんその人数の多さがネックにもなっていて、個々のエピソードは良いものもあるのに、詰め込みすぎてどれも中途半端な感じ。
ハルベリーなんて一番最初にクレジットされているのに初登場が始まってから30分程経ってからという有様。
個人的にはザックエフロンとミシェルファイファーの話が大晦日に相応しい多幸感に包まれていて一番印象に残った。
しかし、どれか一つくらい少し切ないスパイス的な話があっても良かったかも。
ライブシーンの盛り上がりが素晴らしかったので、もっと見たかった。

あと、モノマネ番組でお馴染みのあのメロディがボンジョビの曲と知れたのは思わぬ収穫だった。
ふみ

ふみの感想・評価

4.4
年末恒例作品。
クリスマスが終わったら必ず観る。
見終わったあとには自然と1年を振り返っている気がする。
愛花

愛花の感想・評価

-
短く言うと。
年が明ける最後の日(1/31)の色んな人の愛とか生き方が見れて、見終わる頃には色々繋がってて、元気でしあわせな気持ちにになる映画。
>|