ニューヨーク、愛を探しての作品情報・感想・評価

「ニューヨーク、愛を探して」に投稿された感想・評価

いろんな母の愛があり、それぞれ事情があれどちゃんとした思いがある。愛されないことはないのです。

このレビューはネタバレを含みます

いろんな愛があります。
恋人 姉弟 親子 いろいろ
一緒に暮らせなくても
変わらない 、ずっと想ってる
結ばれても 結ばれなくても。
愛が沢山ありますね。
まりん

まりんの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

母と娘って特別よね。良い意味でも悪い意味でも。
特に一人娘や長女だと。
合わないと、何を押し付けられているんだろう・・と思う。
だけど親友にもなれるんだろうな・・

これは母の日の偶像劇なんだけど、同じようなニューイヤーやXmasの群像劇と違って大々的に公開されないのはやっぱり恋愛がテーマじゃない分地味なのかな・・?
色々な格好良く生きている女性たちが出て来て、けど、母親が弱点で。子供を持つかどうかは大問題で。
Susan Sarandonの台詞が真理なんだろうなぁ。
母親を疎ましく思って、でも母親もその母親を疎ましく思っていて。でも自分が娘を産んだ時、いつかこの子に疎まれるんだろうなぁ。と解って。それでも愛おしく思う。

娘・・ちょっと持ってみたかったな・・と思いますけど。

ところで、そんな中に、ライブを撮影するカメラマン女性が出て来て。ライブ好きのカメラマンとしては、おおぅ・・と反応しましたね。
ですが、この作品の色々な悪い部分として、バンドのライブツアーが登場するのは複雑だな。
クリスティーナ・リッチが久しぶりに可愛いかった😍
シャロン・ストーンはすっかりおばさんになっていましたけど、あんよは綺麗❗

セルマ・ブレアもなかなか可愛い😸
Aya

Ayaの感想・評価

2.2
セルマ・ブレア好き!


ストーリー自体は驚くほどペラペラ。入り込みたいんだけど内容の薄さと展開の早さについていけず、画面の中の喜怒哀楽をものすごく遠くに感じながら観ていた...
完全に女性目線でした!
だからこそ男性が見ると女性についてもっと分かるのかなーと思いました。

バレンタインデーやニューイヤーズイブのような主人公が何人もいるような映画と同じような構成でした。
でも一応写真家の女性が最終的には中心となっていたことに気づきました!良い構成だった。
おみ

おみの感想・評価

3.0
未体験ゾーンの映画で。
母と娘、娘と母の話。

自分の母のこと思いました。
19731110

19731110の感想・評価

3.0
母と娘の絆って深い…
〝心のままに愛しなさい〟とか自分には言えないわ(笑)

出演者がMacBook使ってる姿にとても欲しくなった。
アメリカでの話で宗教や倫理観も異なる 。その上自分は男だから母親にはなれないから理解できるはずもない話。それでも親子、繋がりという話なので途中まで誰と誰が繋がっているのか徐々に分かると面白くなる。エンドロールも良い
ちゑ

ちゑの感想・評価

2.5
休日の午後まったりとした時間で、たまたまwowow放送されていたので前情報なく鑑賞。適当なタイトルなのに、やたら豪華な出演者…と思いきや、それぞれの物語ののりしろ部分は観ている側の想像力にまかせられ、最後は胸にしみた。

嫌味でなく、映画だからこそ提供出来る現実感はないが、幸せなストーリー展開ってあると思う。カメラマンの女性にまつわるストーリーが1番好きだった。ハッピーエンドを欲している時に気軽な感覚で見ると良いです。

とりあえず、久しぶりに日本にいる母に電話したくなった。
>|