200本のたばこの作品情報・感想・評価

「200本のたばこ」に投稿された感想・評価

chip

chipの感想・評価

3.6
NY 81 大みそか
新年をなんとかカップルで迎えたい、シングルはイヤ!
ジタバタする人たちの群像劇。
タクシーで
レストランで
クラブで
そして薄汚い街の隅での
たわいのない会話と
罵り合い、
皆がタバコを吸っています。
結構な豪華キャストだけど
皆が主役で皆が脇役、
深い中身は全くない、
でも嫌いじゃないです、こんな感じは。


バーテンダー役のベン・アフレックは、なんだかダサい、
革ジャンのロッカーっぽい男を演じるケイシー・アフレックは、ヒョウ柄のシャツを着てメイクをしている、
ここで兄弟共演!

アントマンのポールラッド、
ケイト・ハドソン、
バッファロー66のクリスティーナ・リッチも出ていました。


皆を乗せるイエローキャブもまるっこくてかわいい♡
おしゃべりな運転手がまた面白い!
ナンバープレートは
  LOV2LOVU
  「愛してるう」


年越しパーティに
皆が集まり…
年が明けた翌朝は…
思いがけないカップルがいっぱいで、びっくり〜
みんな、
ちゃんと見つけたよ、愛を♡


 タバコは
 他人に対するバリア
 人々は
 煙幕を張って
 人間関係をごまかしている…
konoly

konolyの感想・評価

-
[自分用備忘録]
特別盛り上がりもない会話が延々と続く群像劇だけどなんか最後まで見ちゃう
話の内容は本当にしょうもない
本当にしょうもないけど誰しもこんな雰囲気の悩み焦り苛立ち葛藤etc抱えてそうだな
そんなときにちょっと優しい気持ちになれるようなどこか小気味いいお話
Tocky

Tockyの感想・評価

3.4
全体を通して雰囲気の良い作品だと感じました👍
メッセージ性のある作品というよりは、頭を空っぽにしてストーリーを楽しむ類の作品なのかな?
場面がコロコロと転換するテンポのいい作品で、長さも100分ほどとそこまで長くないので、観やすい作品だと思います❗
9

9の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ケヴィンの最後のたばこに関するせりふ、英語だと
Did you know that cigaretts are a shield against meaningful interaction with people?
なのに、字幕ではmeaningful interaction(直訳で意味のある交流)のところが他人になっていてセリフの主旨が変わっている気がした。
ひろこ

ひろこの感想・評価

4.5
クリスマス~年末に見ると決めています。

『スモーク』と一緒に。
おみ

おみの感想・評価

4.3
大晦日映画なので。
2020年越す前に見終わりましたが、いつも思うけど、パーティー主催者が可哀想。
だからコステロの眼鏡を舐め回すシーンも納得。
アフレック兄弟がどちらも出ているところも、ケイトハドソンがドジなところも、コートニーラブも、クリスティーナリッチも、男女問わず個性的な80’sファッションにちょいパンクな感じも、よきよき!

何気にラストの写真たちが大好きだな。
ロ

ロの感想・評価

-
基本汚いし好きではないけど、最後のタバコとはっていうセリフにだけは共感した。
タカシ

タカシの感想・評価

3.5
Girls Against BoysがBoogie Wonderlandをカバーしてたシーンはよかった。
最高!
超大好き!
5億点です!!!!
Happy New Year!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
年末年始ということで、大晦日が舞台の作品縛りでいきます🌃


出てくる人がみんな「誰かと結ばれないと年が越せない!」という下心満載の考えでしょうもな過ぎて、どのキャラクターにも共感が出来なかった。笑
登場人物が多い割には誰に対しても感情移入出来なかったな。
>|