劇場版 虫皇帝の作品情報・感想・評価

「劇場版 虫皇帝」に投稿された感想・評価

romio

romioの感想・評価

1.0
これはヤバイ!!
他のレビューを見て、興味を持ったのが運のつき。
最強の昆虫軍VS最恐の毒虫軍によるリアル昆虫バトル。
透明なケージの中で虫を2匹入れて、その様子を観察するという。マジで常人では考えられない世界だ。

いったい何が楽しいのだろうか。

子供のころ、いや今もたまに、どの動物が一番強いんだろう??
ゾウ?カバ?ワニ?なんて話はあるけれども。それと同じ感覚なのか。
最強という言葉には惹かれるけども。

いや、もうめっちゃ痛痛しいし、グロいし。
すぐにギブだったが、ズームアップするな!と叫んだ。
あと、解説に嫌悪感を覚える。
僕は結構、昆虫が好きでこの年になっても夏はカブトとかクワガタとか取りにいったりもするんですが
そんな僕でも企画と映像、そしてナレーションにすら嫌悪感を抱く人も多いのかなって思えるモノでした。

でも見始めると、次の対戦相手が気になって仕方ない!!
結局、「虫皇帝シリーズ 昆虫軍VS毒蟲軍 完全決着版 化け物巨大コオロギ・リオック降臨!」まで続けて見てしまいしまた。。。

なんかやっぱり国産昆虫を応援したくなりますね、、、
コクワガタがかっこよかった!!

コクワガタとスジクワガタって見分けられないですよねー。
tofu

tofuの感想・評価

3.0
某ショップのジャンク品で100円だったので購入。

究極のDEADorALIVEをみた。
そしてグロい!スプラッター映画なんぞ目ではない!やるかやられるかの死闘が繰り広げられていた。

微妙なリングガールと淡々と実況が進む中、グローバルな異種格闘技戦が面前に広がるアルティメットマッチ。

全世界が待ち望んだドリームマッチが広大なリングで火花を散らす!!


…大げさにしてみた
2018 95
シリーズ何作かあるのでどれを指してるのかわからないけどとりあえず全部みた、これを映画として数えていいのか。

子供の頃にやった虫同士を無理矢理戦わせるあの残酷な遊びの延長。
水棲のものも陸で戦わせたり飛行能力のある虫を狭いケースで戦わせたり、公平性にかける戦いも多い。
大きさ、毒、硬さの3つが大事なよう。
本能からなのか、頭を狙う虫が多いのが興味深い。
リアルムシキング。まじリアルすぎてグロかった

虫対虫という生き残りを賭けた一騎討ちは手に汗握るものだった。さながら怪獣映画である。

作りは荒いが金はかけている。世界各国から珍しい虫たちを集めているのだからどんだけ金持ってんのかという。

個人的ベストバウトは国産タガメvsサソリ
あのジャイアントキリングはまじやばかった

最後の国産カブトも泣ける
ウィークエンドシャッフルの町山さんゲストのやつで知ったが、町山さん盛りすぎや。
面白くはない笑
HK

HKの感想・評価

3.0
カマキリやタランチュラが弱かったね。
なんか結果はほとんど予測通りだった。自然の掟ってやつね。
でもまあ面白かったです。
諭様

諭様の感想・評価

3.8
めっちゃグロい!けど興奮する!
プライド時代のMMAを観てるようだった
ダイオウサソリ強ええ

このレビューはネタバレを含みます

 世界の昆虫を昆虫軍と毒虫軍にわけて、透明な容器に入れて戦わせる映画。

 24つの対戦があってカブトムシやクワガタとかカマキリとかタガメが出てきて、毒虫軍はサソリ、クモ、ムカデとかが出てきて。見たことないような世界中の昆虫が登場して、そのビジュアルが凄いことになっていました。

 対戦前にキャッチコピーとか出てきますが、昆虫自身の生態とか特徴みたいなものは一切わからないです。毒虫軍は毒を持っていて、それを刺してから食べたりするという目的がありますが。昆虫軍はカブトムシとかは木の上から落とすということしかしないため、1つの容器の中で戦うといっても、なかなか無理があるような対戦でした。

 けどカブトムシはあの厚い装甲で毒針とか一切効果なかったりするのもすごいです。クワガタも挟んで相手をすごい力で締め上げたりとパワーに驚きました。サソリも強くて、ハサミで相手を締め上げてからの毒針という王道の攻撃は間違いないです。

 新藤監督自身の解説も笑っちゃって「効いてますよ」「入った入った」とか落ち着いた解説が笑えました。

 昆虫同士の戦いというのは面白いですが、合間に入る監督自身の解説というのが流れを停滞させていて、その解説もさっきの戦いをまた見せるだけなので。もっとその昆虫の生態とかを知りたかったです。

 この昆虫とこの昆虫だったらどちらが勝つか? という面白さがこの映画の魅力だとは思いますが。バンバンと虫が死んでいくので、それは果たしていいのだろうか? という疑問もあって、国産カブトがツノを折られて手足がちぎられるのを感動的みたいなことを言ったりしてたりしますが、果たしてそれが感動的なのだろうか? と疑問に思ってしまって不快に思ってしまう映画でもありました。
ガチな昆虫VS毒蟲
アクリルボックスに入れて戦闘不能か戦意喪失になるまで闘わせる

わかってて観たんだけどヒエ〜でした
具が見えちゃうし、汁飛び散ったりしたたってたり😱

この対戦カードおかしいだろってのもある。カマキリなんて身が柔らかいんだからやめてあげてー

もし昆虫保護団体とかあったら…とか思いました(^^;
負傷した虫達…後でどうするんだろう…

2017 10 レンタル