フェノミナの作品情報・感想・評価

「フェノミナ」に投稿された感想・評価

ママン

ママンの感想・評価

5.0
記録:

これは当時11歳で映画館で観てるんですよ💧歌舞伎町の映画館で。。。

うちのぶっ飛んだお母さんに連行され、「どうしてこんなモノを観せさせられるのか?」と、オープニングから気絶しそうになっていたのを救ってくれたのは…

【ジェニファー・コネリー】でした❤️

それ以来、ずっとジェニファーファンです💕

まあこの作品のお母ちゃんもかなりイカレてますけど(笑)
natsumi

natsumiの感想・評価

2.7
設定も展開も主人公の見た目も似てて表面上はほぼサスペリア、でもこっちはとにかくカオス。唐突のヘビメタ、最初は面白いと思ってたけどここまで使われるとだんだん笑えてくる。サントラ単体で好き。バタリアン思い出した。おぉ、グロかった… ウジはダメ…
最初の殺しから惹きつけられる。
そしてこの設定。そして少女がひたすら痛めつけられる。容赦ないグロ描写。ここで!?という場面のヘヴィメタ。めちゃくちゃだが素晴らしい。こういう作品こそ愛されるべきである。
穂洋

穂洋の感想・評価

3.3
真夜中にホラー映画なんて観るんじゃなかった、、、しかも大量の虫、、、
若かりし頃のジェニファー・コネリーが美少女すぎる
あと時折流れるロックミュージックが意味不明
eshu

eshuの感想・評価

3.5
怖いもの見たさで。

前も感じたけど…この監督さんは曲の入れ方がおかしい(ごめんなさい他に言い方あるね独特とか)でもえ?今って感じで…煽ってくる‼︎そうそう…煽ってくるの。これが言いたかった。しかも音がデカすぎる…それも言いたかった。

虫もアップすぎる…多すぎる…もうてんこ盛りすぎる。何もかも過ぎるっ‼︎

監督、絶対変わってるよね。
好きだけどさ…。
655321

655321の感想・評価

3.7
ダリオ・アルジェント監督の映画ってちょっとジョジョっぽいかも。
急にこのノリはどうしたんだ⁉️という感じとか、細かい整合性は凄みで蹴散らすとことか。
瞬間瞬間の煌めきが眩しすぎて短所も長所に見えてくる。

ジェニファー・コネリーは神秘的な魅力に満ちていて、昆虫を操れるという設定にも何の疑問も抱かせない。
そしてその神々しいまでの美しさと丁度釣り合いがとれるくらいの『フェノミナ』の露悪趣味。

のどかな景色が広がるスイスで、有名なウジ虫プールに腐乱死体に同級生のイジメにとありとあらゆる方法で美少女を苛め抜く。
極め付けはヘビメタ調の音楽‼️
何が何やら突拍子もない映画だが、その矛盾に酔いしれてライドしてしまう。
なかなか面白かった。
ジェニファーコネリーが崇高なまでに美しかったな。しかも結構過酷な演技させられてる。
蛆とか虫とか嫌いな人は見ないでね。蛆めっちゃ出てきてキモいから。
何度か挿入されるノリのいい歌好き
蝿…蛆虫…時々、メイデン系。

虫と交信出来る夢遊病美少女が事件と関わっちゃう話。主人公はジェニファーと猿。いや、猿🐒
この猿はパン君と肩を並べるほど利口で演技派。背筋もピーンと伸びている。
恐怖シーンにミスマッチのヘビメタもゴブリンもダリオならでは。許す。

見どころは間違いなく蛆虫プール。
スタント無しのジェニファーに頭が下がります。フェイクでも嫌だ。凄い。
ここからエンディングまで圧巻ですね。蝿の集団的自衛権最高でした。

観直して気付いたのですが、ゴブリンやシモネッティが流れると平野ノラちゃん風にダサダサで踊っている自分に気付きました。自分がダセェ。ダリオ作品は独りで観よう…。
Omerta

Omertaの感想・評価

2.8
‪クロックタワーの元ネタであるホラー映画。
この作品の魅力はジェニファー・コネリーの美しさと蛆虫、そして何と言ってもサウンドトラック。
殺人鬼が被害者を追いかけ殺害するシーン、普通ならおどろおどろしい音楽が流れると思いきやこの作品の場合はボーカル付きのヘビーメタルが流れる。その違和感が面白い。‬
Bondrake

Bondrakeの感想・評価

4.2
もうストーリーなんかどうでもいい!

 脚本なんか気にするな! 
大事なのはウジ虫と死体とヘビメタだ!
 あと、美女。

 アルジェント映画とはそういうものです。
 
 一番の見所はやはりジェニファー・コネリーが大量のウジ虫つき死体プールに飛び込む場面でしょうかね。 その後の展開もなかなか凄まじいものでしたが。

あと、オペラとヘビメタ系テクノのテーマソングが結構いい感じでした。 
>|