パリ、夜は眠らない。の作品情報・感想・評価

パリ、夜は眠らない。1990年製作の映画)

PARIS IS BURNING

製作国:

上映時間:78分

4.0

「パリ、夜は眠らない。」に投稿された感想・評価

レナ

レナの感想・評価

3.8
ギラギラの、なんて熱気。それだけで観る価値があった。

裕福な・ストレートの・白人 の文化から疎外された人々が、彼らを模倣し価値を逆転させ、何者にもなれることを示す場所がBALL。そこは外側から見たら一瞬の夢、或いはイミテーションであっても、彼らにとってはリアルな世界よりリアルにいられる場所だったのだろう。
皆無邪気な様子で「有名になりたい」と言うが、それは「自分らしくありたい、それを世間に受け入れられたい」という悲痛な絶望と紙一重。
Got to be real の歌をバックに、「とにかく楽しもう」というパワーを存分に写しつつ、その裏にある、「何故なら決して名声など手に入らないのだから」という、ヒヤリとさせられる部分を投げかけて終わる。重層的なドキュメンタリー。
すけ

すけの感想・評価

3.9
ドキュメンタリー詳しくないんだけど、観ていて場違いな自分と、どうにもならなかった現実を突きつけられるので悔しくなる。キラキラした世界を同時に見せられるが故の残酷さみたいなのがある。
はくる

はくるの感想・評価

3.7
ドラァグレースにどハマりしているので鑑賞、湿度の伝わってくるドキュメンタリー。パリは出てこない。ニューヨークのハーレムで生きるゲイは、自らのコミュニティを“パリ”と呼ぶそう。
natsumi

natsumiの感想・評価

-
ドラァーグの事よりも、現代の英語の様々なスラングがここから来てることだったり、血の繋がっていない家族のことの方が興味深かった。
yaa

yaaの感想・評価

4.2
ルポールのドラァグレースでも何度かこの作品について言及してたので観たのだけど、面白かった!ヴォーギングもここから始まってたんだね
1000

1000の感想・評価

3.9
ジェンダー・パフォーマティヴィティ。
講義の一環で観た。

なるほど、フェイクとピュアの脱構築だ。リアリティとは所与で静的なものではなく、動的に獲得するもの。主題歌がシェリル・リン「Got to Be Real」って辺り、最高にニクい。
cinemastic

cinemasticの感想・評価

3.5
80年代のNYとそこに生きるドラッグクイーンたち。それを映像で観られるだけでも価値あり。コアでアツいカルチャー。生き方が妖美でいてタフ。色々学べる。そして色々「ドラッグレース」と繋がって、なるほど!だった。
K2

K2の感想・評価

4.1
「ゲイの第三次世界大戦だ」

80年代のアングラNYゲイカルチャー"ボール"を映したドキュメンタリー。

ウィットの効いたジョークで批判しあうリーディングや嫌いな相手と有名雑誌のポーズに着想を得たダンスバトルをするヴォーギングを始めとして"ホーム"やそれぞれのゲイとしての生き方にも迫る。

wikiにはツバキ科の花が由来って書いてあったけど日本の女装家のダイアナ・エクストラヴァガンザのルーツはこっちなのかも。
Fumika

Fumikaの感想・評価

4.2
80年代のニューヨークのゲイカルチャーを描いたドキュメンタリー作品。

RuPaul's Drag Raceファンならわかるであろう、ミニチャレンジの"Reading"そしてマキシチャレンジの"Ball" もうねこのドキュメンタリーみたら、ドラッグレースがすごくわかりやすくなると思う。誰でもなりたい自分になれる、それがボールのコンセプト。お金もないし、仕事もない。でもボールで自己表現できるだけで、それだけでもいい。マイノリティの彼らが力強く、いかにして人生を楽しむか。

ハウス文化、ヴォーギング、様々なカテゴリ... 今はさらなる進化を遂げていることは間違いないけど、始まりを知れてより一層興味が湧いてます。RPDRは現在シーズン10の真っ最中!今後も注目です〜
YuiTahara

YuiTaharaの感想・評価

4.2
NYハーレムで育ったアンダーグラウンドな80sドラァグクイーンカルチャー
マザーの存在、スラング、ヴォーギング、リーディング、手作りの衣装、、、
HIPHOPカルチャーに似ている。ブラックカルチャーの一部でもあるんだね
エレガントの最上級エクストラヴァガンザすご
>|