空母いぶきの作品情報・感想・評価・動画配信

空母いぶき2019年製作の映画)

上映日:2019年05月24日

製作国:

上映時間:134分

3.4

あらすじ

「空母いぶき」に投稿された感想・評価

国勢とかあんまりわからんからちょっと入ってきづらかったかも。あと秀俊と蔵之介が仲良いんか悪いんかも終始わからんかった。
FUMITAN

FUMITANの感想・評価

5.0
原作全く知らずに観ましたが骨太な群像劇でした。

今の時代と日本の現状と世界の関係性など素晴らしかったです^ ^

現実に起こって自分がその艦の者だったとしたら、撃たなきゃやられるかもしれないし、撃ったら命を奪うことになるかもしれない。

自分自身の人間性と真っ向から向き合うことになる。

本当にすごいことですよね。。。



ただ。


市原隼人さんを見るたびに。

どうしても

美味しい給食

が頭に浮かんでしまって彼が出るたびに笑ってしまいました 笑



世界に永き平和のあらんことを。

メリークリスマス(╹◡╹)♫
紗貴

紗貴の感想・評価

4.4
戦闘と戦争は違う!!!!良かったーー!!!俳優陣豪華過ぎんか!?!!カッケーーーだった
Tomonobu

Tomonobuの感想・評価

3.5
微妙な緊張状態にある今の国際関係をリアルに描いている感じで、なかなか良かったです。
戦闘と戦争の違いを考えさせられる映画。
はる

はるの感想・評価

3.2
微妙だった。
なんかラストの方が、そんな上手くいくもんなのか的な。
FREDDY

FREDDYの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

かわぐちかいじの漫画『空母いぶき』を原作としたミリタリー・サスペンス作品である本作は、20XX年の12月23日未明に、国籍不明の武装集団によって占領された波留間群島初島に向けて出動命令が下った、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とした護衛隊群の奮闘と葛藤を描いたものとなっているのだが、原作とは異なるオリジナルストーリーで空母「いぶき」の乗組員たちのそれぞれのドラマが紡がれてはいるが、現実味のある内容だっただけに昨今の国際情勢を考えざるを得ず、思わず最後まで見入ってしまいましたし、"自衛隊"の在り方、存在意義についても改めて考えさせられた。面白かったです。ただ、空母の船内がメインの舞台となっているので画変わりはあまりなく、全体的に地味な印象を強く受けるものとなっていますし、戦闘シーンに関しても派手さはなく、主となる乗組員たちも冷静沈着で淡々としているので、ドラマ的には深みは感じられるがエンターテインメントの部分においては人を選びそう。誰でもというよりは、大人向けの作品ですかね。個人的には映像よりも活字で読んでみたいと思わされた一作でした。
東亜に国ができて初島という島を占領するというところから始まる話。
日本映画として専守防衛や防衛出動について斬り込んだことは評価できる。
戦闘機の戦闘シーンCGもなかなかよかった。
ただ、ストーリーの展開には、そんな風になる⁇って疑問に思う点が多々あった。
今この映画と同じことが現実になりつつあるように感じている。
現代において自衛隊はなくてはならない存在になっていると思う。ただそれは災害時の援助のようなある意味国内向けの活動が注目されることが多いからだ。
自衛隊の本来の活動は国防である。しかも専守防衛という難しい判断を迫られるものである。
力を持つものが正しく、それを使うとはどういうことなのか考えさせられる。
本物の「いずも」が空母に改修されるという。空母いずもで国際社会の中で何を成すのか、きちんと見ていかなければならない。
h1sash1kjm

h1sash1kjmの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。戦争と自衛のための戦闘、この差は何?イスラム国や北朝鮮、こういう状況は全くの空想ではない。その時、日本はどうする?
シンゴジラ以来、日本の危機管理についても考えさせられる作品。
戦艦(アルキメデスの大戦)の次は空母だ!とにかく何考えているかわからん艦長の西島秀俊さんが怖い…艦長たるものクールでドライでなければ??いやいや、同じ艦長でも「いそかぜ」がミサイル発射するときの「いてまえ〜!」の掛け声🚀なんか関西人としては癒されました😄テーマが少し重いけどコンビニの品が無くなるとかは今の状況からしてもリアルさを感じました😥私はやはり戦艦、空母より潜水艦が好きだ。2020.152
>|