空母いぶきの作品情報・感想・評価・動画配信

空母いぶき2019年製作の映画)

上映日:2019年05月24日

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.4

あらすじ

『空母いぶき』に投稿された感想・評価

ヤマ

ヤマの感想・評価

5.0
 原作の方は読んでいませんが、とてもリアリティのある考えさせられる映画だと思いました
dajian

dajianの感想・評価

3.5
「戦わなければ守れないものもある。」

有事にならずとも、最前線の緊張感は計り知れないよな…
のんびり映画観させてもらえてるのは、ありがたいことだなぁ。

迎撃システムの重要性を感じる。
おぎ

おぎの感想・評価

3.5
西島さんがかっこいいと言う理由だけで見るのを決めた。

でも、内容も良かった。
日本にも戦闘の危機が遂に訪れてしまうという話。
映画のワンシーンで迎撃ミサイルを打つシーンがあるんやけど、迎撃ミサイルってこんな高性能な機械で打てるんやって驚いた。
機械が寸分違わぬ計算で、発射ボタンを押すだけで(実際は違うのかも)ミサイルを迎撃してくれる。
日本は防衛費が他国と比べると高いと言うけれど…有事の時に機械の力で勝るなら必要な出費なんかな……。日本が戦闘をしても戦争をしない為に必要なんかな。

分からん、分からんけど、確かにこの映画で自衛隊の存在について考えさせられた。
りな

りなの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

漫画13巻読んでから見た。漫画で出てくるシーンが映像化されてるのは迫力あって臨場感も出ててすごくよかったけど、漫画読んでない人全部理解できるのかな?
本筋以外のシーン(報道、コンビニ)が多すぎるし、漫画の方がいいのは否めない。本田翼ともう一人の報道官は邪魔してばかりでありえなくて、白けてしまった。配役はよかったと思う。
afile

afileの感想・評価

3.5
ご存知、かわぐちかいじ作
なかなか考えさせられるストーリーです
平和を維持するためには格別の努力と信念が必要
武力を持たなければ守れない平和もある
戦争を防ぐための戦闘もある
この物語では国連安保理による理想的な形で収まったが、2022にはプーチンによる理不尽な戦争が行われている
努力せよ‼︎ 国連・日本も含めた先進国

このレビューはネタバレを含みます

海戦の映画は初めて見たけど、現代の自衛隊はただ勝てばいいだけではなくて非戦主義との狭間の政治的な判断も絡むんだなぁ。
戦闘シーンはどれも迫力満載で良かった。
実際、戦後80年近く経っても有事に備えていつでも戦える戦力があるってのは凄いことだ‥。

対艦ミサイルやら魚雷やらを迎撃するシステムすごいな。本当にすごい迫力だった。
み

みの感想・評価

3.8
戦闘における仲間と相手の命を守ることへの意識の高さが現代的で新鮮だった。 
力があるにも関わらず相手にとって致命的なダメージを避ける選択や、相手を撃墜した後の艦内の絶望的な空気は現代ならではなのかな、、とても考えさせれられた。

まあ何より西島秀俊と佐々木蔵之介が向かい合ってる図が最高すぎて、どうして今まで見なかったのか後悔してる。
やまん

やまんの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

中国やロシアからヘイトが向けられないように、新興国を敵としていたが少し違和感があった。
もしかしたら朝鮮戦争時の中国のような、義勇軍的な感じかもしれないが、そこまで顔色をうかがわないで原作通りにしてもよかったと思う。
またこの国連が最後に間に入って終結となったが、この認識はウクライナ·ロシアの戦争以降懐疑的な考えとなっている。
平和は強力な矛があって初めて成り立つことを痛感した映画
本作では、一部の巡洋艦や戦闘機の小競り合いから始まるというより、
日本国境ぎりぎりの所にある無人島が占拠された、という設定で始まります。
だから敵は潜水艦も戦闘機も用意してるし、いきなり魚雷攻撃やミサイル攻撃もしてくるので、最初から“専守防衛”をやりやすい設定になっています。
しかし、憲法はまだ改正してないので、一応佐藤浩市の首相には、簡単に武力をつかっていいものかと悩ませる役どころをさせています。

この映画で、最近の戦闘ってこうなってるんだ、というのが分かりました。
「6弾全部、本機に向かっています」なんて、優秀だったとしても絶対戦闘機のパイロットにはなりたくない。怖すぎる(まあ、巡洋艦でもレーダーで分かっちゃうけど)。

捕虜のシーンとかあってもいいけど、その後の艦長の説教が日本映画だなと思いました。
ラストら辺も、あんな24時間以内に国連軍が来てくれないって。ウクライナ見たら分かるけど。

今後も、日本の方から外国を攻撃する事はないけど、今でもしょっちゅうミサイルが飛んできてるし(今のところは海に落ちているが)、もしもの事を考えざるを得ない時期に入っている。
でも、記録を残さない政権に憲法改正されるのは怖いしな。

映画としては、戦闘になったらこういう風に進んでいくのかと具体的に見せていたのはよかったけど、
まだ解決した時点でスパっと終わった方が、映画としてはキレイだったと思う。
ごちゃごちゃ後が長かった。

それに中井貴一のコンビニの場面が、一般市民の動向を入れたかったのだろうけど、あまり役に立っていなかった。
いぶき内で山内圭哉さんが「いてまえー!」「下がれ、下がらんかい!」と関西弁でまくしていた方が、よっぽどコメディリリーフとしての息抜きになっていました。
なんかテイストが『真夏のオリオン』と似てると思ったら、脚本にかかわったのは同じ方たちなんですね。
玉木宏さんと堂珍嘉邦さんのお二人がしっかり出演されていたのが、ちょっと面白かったです。
shotaro

shotaroの感想・評価

3.2
戦闘・戦争なんて絶対無い方がいいに決まっているけど、攻められて味方殺されてやり返せないのは悔しいなー。
政府も自衛隊も国を守るって大変な仕事だと感じました。
>|

あなたにおすすめの記事