宣戦布告の作品情報・感想・評価

「宣戦布告」に投稿された感想・評価

shota

shotaの感想・評価

3.0
国のお役所仕事と現場のギャップ、国家間の恐怖の連鎖による開戦の危機。
この二つが興味深かった。
jyave

jyaveの感想・評価

3.4
劇場公開日:2002/10/5
キャッチコピー:
非常事態発生!日本破滅の危機 ‼︎
この国は憲法が国民の生命財産を奪う、守ることを阻む国だ。まず思い出したのは『マーシャル・ロー』だ。映画で予見していたのに、結局現実になってしまった。映画の限界、無力さを痛感した作品だ。
だから、これが現実にならないことを願うとともに、現実になっても対応できる憲法に早期に改める必要があるだろう。

反対するしか能がない、代案も出さない、そんな無能な野党には、しかと観てもらいたいが…彼らの愛国心が他国にある以上、無駄なんだろうなあ、と疲れ呆れる。


最初は『シン・ゴジラ』のタチの悪いリアル版かと思ったが、いやはや、これはそれより深刻だ。ただの映画として流すのではなく、真剣に考えるいい機会を与えてくれる映画だと思う。問題提起作としていうなら、やはり日本版『マーシャル・ロー』だ。かの映画のように「映画とは無力だ」とならないでほしいものですね。
いま

いまの感想・評価

3.5
原作ありきとはいえ、15年前によう映画化できたなと思う。政治的な諸々は、ここでは割愛する。
Daniel

Danielの感想・評価

3.2
やはりこの作品の肝は戦闘シーンではなく政府のやりとりでしょう。
今日の日本にも言えることながら、やはり経験がないために有事の際に対応できないのが現状なわけです。
そして結果的に戦争勃発ギリギリまで至ってしまう。

映画としても面白さは少ないかもしれません。しかし、この作品から学ぶことは多くあるでしょうね。
Mi

Miの感想・評価

3.0
とりあえず途中で見るのやめた

けど、

こんな小説が何年も前から存在していたのね。
かむ

かむの感想・評価

4.2
北朝鮮の特殊部隊が日本に潜入してきた時の政府や自衛隊の奮闘を描く映画
素晴らしい俳優陣に支えられ、しっかり作ろうとした佳作。有事に自衛隊が動けない現実。意思決定には政治が絡む現実。様々な現実を前に、立ち向かう内閣。
シンゴジラと比べても官僚主導ではなく、政治主導が実現していて笑えた。
問題は、エピソードの繋ぎ目が粗いことかな。とはいえ、監督やスタッフの熱意が感じられた。
途中までは緊迫感あり良かったが、ラストで ?。結局何故日本に来たのか、偽情報の中身は?…役者地味だし自衛隊弱すぎ。
自衛隊は攻撃許可命令でないとどうしようもない&ハニートラップのお話。
>|