宣戦布告の作品情報・感想・評価・動画配信

『宣戦布告』に投稿された感想・評価

rukamaron

rukamaronの感想・評価

2.0
記録
2023年映画25本目

流石に日本がアホすぎるような…まさか本当にこんなアホじゃないよね?
プロパガンダ臭がすごくする映画でした
ほーく

ほーくの感想・評価

1.0

さてさて、ドリパスをググッてくれましたか?

ついでに、現在のランキングを見てみませんか?

とある作品が、上映権獲得目前に位置していませんか?

あと少しなんです
ここ数日で、ここまでこぎつけまし…

>>続きを読む
kty

ktyの感想・評価

3.6

福井県の若狭湾沿岸に国籍不明の潜水艦が座礁。乗組員が国内に潜入。ベストセラー小説の映画化。

2001年の作品ですが、『シン・ゴジラ』を彷彿とさせる有事に慌てふためく内閣。

本作から22年経ても憲…

>>続きを読む
gakupapa

gakupapaの感想・評価

4.0

北朝鮮工作員が国内に潜入しその対処に日本政府が右往左往。
自衛すらまともに出来ない弱腰対応やスパイの暗躍、ハニトラなど、リアリティのある展開は良く出来ている。
見ていると現実に起きた際の対応は大丈夫…

>>続きを読む
Nozomi

Nozomiの感想・評価

3.5
ものすごく作者の主張がある映画。今の法制度にリニューアルしたものも観てみたい。
くーた

くーたの感想・評価

3.3

石侍露堂監督による2001年の軍事サスペンス。北朝鮮が韓国へ潜水艦で侵入した「江陵浸透事件」をモデルとする麻生幾の同名小説を原作としている。敦賀半島沖で国籍不明の潜水艦が座礁し、武装した男たち…

>>続きを読む
憲法9条放棄させたいんですね。

だいたい潜水艦が座礁して来るまで侵入に気づかないって。
終盤のシーンでは潜水艦の侵入の事前アラートしてんのに。
さかい

さかいの感想・評価

3.4
授業で鑑賞
有事法制、専守防衛について考えさせられる
まあまあリアリティもあって、エンターテイメントとして楽しめた


自分の中の様々な部分の根幹を
変えてくれた作品なので大変思い入れがあります

まず あの当時に監督自ら自費を投じながら
よくこのような作品を完成に持っていけたなと感心します

原作 麻生幾氏の小説…

>>続きを読む

某国特殊部隊が上陸したら日本はどうなるのか??といったシュミレーション的な大問題作。原作小説あり。
攻め込んでくる国は一応架空の国ですが、明らかに北側の赤い国。

福井県沖で潜水艦が座礁。そこには彼…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事