ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポの作品情報・感想・評価

「ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ」に投稿された感想・評価

心情を語る台詞が多いのとラストがダサいのがキズ。
突っ立って台詞言ってるだけって、他にもっと何かあったのでは...。
活字の映像化って難しいんだなぁと思う。
浅野忠信と松たか子とても良い。
のら

のらの感想・評価

4.0
太宰治のヴィヨンの妻の映画化だが、実際にはヴィヨンの妻から引用しているのは設定と前半と最後のシーンだけで、話の大半の部分は人間失格をベースに作られている。主人公夫婦の苗字が大谷とある事から分かるように、ヴィヨンの妻と人間失格を使って太宰治の夫婦関係を描いている。

映画としての見た目も悪くない。またこの手の映画にありがちな説明ゼリフのオンパレードもなく、文芸映画として非常に良い出来に仕上がっている。特に太宰治の愛人役の広末涼子が良く濡れ場シーンもだが、それ以上に太宰との心中未遂後に警察署で妻(松たか子)とすれ違うシーンで「あたしの勝ち」という感情を笑みの表情で見せるシーンは、本当に素晴らしい。

また一般的に太宰治のような主人公には感情移入しづらく感じるかもしれないが、戦後すぐというまだ女性が社会的に抑圧されている時代に、自我に目覚めていく女性たちの目線で、太宰治という人間を描いているため、何故このどうしょうもない人間にそこまで愛情を注ぐのかを見せることで、太宰治という人間に上手く感情移入できるように作られているのも上手い。

もちろん、これはちょっとどうかな?思う部分もある。例えば原作をリスペクトするあまりセリフが、小説調のセリフになっていたり、心中シーンで「グッド・バイ」と言わせたり。ラストでさくらんぼを食べては種を道に吐き捨てる等、太宰治へのリスペクトは感じるが、少しやりすぎの印象を受けてしまい、あざとさやくどい印象を受けてしまうのは勿体無い。

特にラストの「人非人でもいいじゃないの。私たちは、生きていさえすればいいのよ」と原作と同じセリフで終わるのは良いのだが、この人非人という表現が今は使われない表現な上に、原作では五千円盗んだ事(当時の初任給は一万以下)に対して人非人という表現を使っていたと記憶している。それで映画では心中した事に対して人非人という表現を使っているのでニュアンスが変わってしまう事になる。

また妻が辻と寝たかを口紅で表現するのは少しインパクトが弱く感じてしまう。髪が乱れたり帯の位置が違ったりはしるが、例えば序盤で几帳面な部分を出す事で、より髪や帯が崩れている事を強調する事もできなたのではないだろうか?

確かに気になる点は多々あるが文芸映画として非常に良く出来た映画になっているし、広末涼子の小悪魔ぶりだけでも見る価値の映画に仕上がっている。
MikiSuzuki

MikiSuzukiの感想・評価

2.8
原作を読んだのち鑑賞。

映画のオリジナルストーリーもあり、映画なりに楽しめる。
キャストも豪華で見応えがあった。

でも太宰はやはり小説に限る。
小説『ヴィヨンの妻』と比較しますと、
やっぱり小説の方が素晴らしく感じます。

小説には、読めば読むほどに味わいが出てくるような、
宇宙の広がりような素晴らしさがあるのに対して、
今回の映画版『ヴィヨンの妻』は
あまりにも完結しすぎていて
おそらく何度見ても同じ印象しか与えてはくれないだろう、と思います。

主演二人の演技はよかったのですが、
脚本が完全過ぎて、
少し息が詰まります。


「人非人でもいいじゃない。私たちは、生きてさえいればいいのよ。」
という最後のセリフも、
映画版では少し違和感を感じました。
通行人A

通行人Aの感想・評価

3.8
人がリアルだった。これが演技力があるってことなんですか!って感じ。途中途中太宰の別の作品が混ざってたきがするなーけどそこも良かった。
ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~  を観ました ★★★
イヤイヤ。やっぱり太宰は生理的に駄目だわ。(>ω<。)
あの糞亭主役の大澤さんに当たり散らしたくなるくらい
演技が巧いのだろうけど、モノホンの作者への軽蔑感が
ムクムクと観続けるうちに膨らみます。
監督の術中に嵌まったということですね。

ネタバレですが

(ФωФ)
(ФωФ)
(ФωФ)
(ФωФ)
(ФωФ)
(ФωФ)
(ФωФ)

松たか子さんも良いが更に良いのがラストの広末さんの薄笑い。
心中にしくじり佐知子が大谷を引き取りに谷川岳の警察署に行きます。面会の後ですれ違う広末さん演じる心中相手のバーの女給と妻の佐知子。すれ違った後の丸眼鏡の向こうのあの広末さんのちょっと目尻の下がった勝ち誇った笑顔。
こりゃあ駄目だわ。と思わずにはいられまへん。
女性は怖いですね。
おとなしく晩御飯の仕込みでもすることにします🎵

このレビューはネタバレを含みます

冗長すぎる上にその間延びした部分の展開があまり好みじゃなかったので、感想としては正直に言ってつまらなかったです。

----------
男女の恋愛観の違いをおそらくテーマに描かれているので、ラストの「私たちは生きてさえすればいいの」という妻の言葉に含まれるニュアンスが原作と随分異なります。

奔放な夫が窃盗を犯したことに対して、妻は悲観するどころかあまりの滑稽さに失笑したり、借金返済のために始めた小料理屋での仕事に人生のハリさえ見出したりと、夫の魔性さを跳ね除けてしまうくらい強く生きる妻の姿が原作では印象的です。そして妻が最後に夫に放った「生きてさえすればいいの」という一言と、

しかし、映画では夫の女たらし加減が暴かれる後半につれて、妻の感情描写が多くなっていきます。自殺に失敗したうえ妻が他の男に寝取られ、名誉も何もかも失った夫に対して、愛情をもって妻が語りかけた「生きてさえすればいいの」という言葉とでは、夫婦の関係性も妻の心情もかなり違ったものに思えました。
たく

たくの感想・評価

3.8
太宰治原作のアル中映画。
浅野忠信が奥さんの松たか子の尻に敷かれる太宰治の自己投影作品。
これは太宰じゃないなと思ってしまった。
芝居臭さは太宰っぽい。
しゅん

しゅんの感想・評価

3.4
妻夫木聡、イケメン!浅野忠信、ヒモメン!

数少ない僕の読書歴(小説)のなかで大好きな『錦繍』(宮本輝)がある。※宮本輝の死生観を根底に描いた作品

高校生にして読み始めたこれは、誰に薦められたでもなく自分で手に取ったもの。中休みに読んでいるとき、教師から『青が散る』(同氏)を薦められた。いま思えば青春にしては真逆の性向だったな。

そして『ヴィヨンの妻』はきっと太宰治の死生観を描いた作品。

この作中にはおそらくさっちゃん(松たか子)の恋はない。生い立ちからしてきっと、さっちゃんの人生に大谷(浅野忠信)が現れたとき、大谷を"王子さま"と錯覚したのだろうと思う。

さっちゃんはまさに「母は強し」であるが、さっちゃんにとっての大谷はその時代の"夫"でしかない。

お利口な妻。いや、悲劇のヒロインを心底味わっていた妻が世間を知ってやっと前に歩みだす、そんな感じだ。
>|