マッドマックス2のネタバレレビュー・内容・結末

マッドマックス21981年製作の映画)

MAD MAX 2

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「マッドマックス2」に投稿されたネタバレ・内容・結末

視力も衰え、記憶が覚束ない老境に入っても尚、幼い頃を鮮明に思い出し、「マックス」という名の過去に出会った一人の勇者についての記憶を呼び覚ます北部族長老(子供の頃はフェラル・キッド)の回想から物語は始まる。

前作の直後に二大国間で勃発した世界大戦により文明は崩壊、戦争の影響で枯渇した石油を巡り、凶悪な暴走族が略奪を繰り広げる荒廃とした砂漠の世界へと変貌した。元警官マックスは、前作で妻子を殺されたショックから生きる希望と目的を失い、相棒である犬(オーストラリアン・キャトル・ドッグ)と共に改造を施した愛車V8ブラック・インターセプターに乗ってひたすら走り続ける日々を送っていた。

ある日、マックスはインターセプターの燃料を狙って追い回していたウェズ率いる暴走族のグループを追い払った後、道中で1機のオートジャイロを見つける。そこでオートジャイロのパイロットのジャイロ・キャプテンの襲撃を受けるも返り討ちにし、彼から近くに石油精製所があることを教えられる。マックスはジャイロ・キャプテンの道案内で周辺区域を縄張りとするヒューマンガス率いる暴走族の襲撃に日々脅かされている石油精製所へと辿り着き、その暴走族の中に自身を追い回していたウェズの姿も見つける。

石油精製所に近づく方法を模索するため張り込みを始めて数日、石油精製所から数台のバギーが出発し、暴走族に捕まる光景を目撃。鎖で拘束したジャイロ・キャプテンを野放しにしたマックスはウェズの手により重傷を負った精製所の男性を精製所に搬送し、施設内に入る事に成功するも直後に男性が息を引き取ってしまった為、リーダーのパッパガーロとの物資取引は頓挫、愛車も差し押さえられてしまう。直後、ヒューマンガスら暴走族が精製所から出た住民を車両に磔にしながら接近すると「精製所を手放して立ち退けば命は保証する」という妥協案を突き付けて立ち去っていく。

ヒューマンガスの要求に精製所の住民らが徹底抗戦か脱出かで意見が割れる最中、マックスはパッパガーロの計画に協力すると申し出、路上に放置されていたトレーラーの調達を請け負い、取引は成立。道中、ヒューマンガス達の妨害を受けるも、精製所に住む野生児のフェラル・キッドや放置していたジャイロ・キャプテンの協力を得てこれを遂行、住民たちが所望していたトレーラーを精製所に運び込み、信頼を得ることに成功する。

その夜、ヒューマンガスが報復として捕虜の処刑を行う中、住民から脱出遂行への共闘と旅の仲間になるよう持ちかけられたがマックスはこれを拒否し、夜明けと共に精製所を後にする。直後、精製所から出発したのを知ったウェズの追撃を受けてインターセプターは大破・爆発してしまい、マックスは負傷し、犬も撃ち殺されてしまう。瀕死の所をジャイロ・キャプテンに救出され再び精製所へと戻り手当を受けることとなる。

蘇生したマックスは一度は断った作戦だが住民が目指す「太陽の楽園」へと向かう脱出行の手助けを決意、作戦の要となるトレーラーの運転を任されパッパガーロ、ジャイロ・キャプテンら護衛のメンバーと共に精製所を出発。それと同時に精製所を爆破した。

牽引する燃料タンクに一斉に群がるヒューマンガスの部下を迎撃していくも、パッパガーロら護衛のメンバーは次々と討たれ、空から援護していたジャイロ・キャプテンも撃ち落され、マックスも深手を負い窮地に陥ってしまう。死と暴走の果てにマックスの運転するトレーラーはフロントバンパーにしがみつくウェズもろともヒューマンガスの車両と正面衝突し横転、大破してしまう。暴走族のメンバーがヒューマンガスとウェズの死を察して立ち去っていく中、辛うじて助かったマックスとフェラル・キッドはタンク内に入っているはずの燃料の代わりに乾いた赤土が流れ落ちるのを見て、トレーラーを囮にした大掛かりな陽動作戦だったことを知る。燃料はドラム缶に小分けし、別ルートで脱出した住民が乗るバスで運び出すことに成功していた。作戦の全貌を知った直後、墜落から九死に一生を得たジャイロ・キャプテンと再会しマックスはかつて失っていた安堵の笑みを浮かべるのだった。

その日、陽が没した路上で佇む傷だらけのマックスの姿を、フェラル・キッドは目的地へと向かうジャイロ・キャプテンが運転するバスの後部から見送っていった。

Wikipediaより

バイオレンスなヒャッハー映画。怒りのデスロードの前座にはいいかも。
前作より見やすく、カーアクションもド派手。
設定もよりわかりやすくなっている。

放映時間が短いのでまためちゃくちゃ詰め込んでいた感じ。
インターセプター壊れちゃって3どうなるの?え?後日談未来すぎて次どうするの?
など、今未視聴組なので次回作が楽しみ。
ズボン履いてるのに尻出てる、などなど衣装がだいぶ個性的。
ストーリーわかりやすくて画が派手。
疲れてる時に頭使わないで観れるおススメ。
かっこいい車がガンガンクラッシュする迫力のカーチェイスが大好きという永遠の少年のための映画。
世界観が素晴らしい。
犬が殺されてからのマックスはまさにMAD…
終わり方も最高。
「怒りのデス・ロード」もまた観たくなる。
4が好きで遡って1から鑑賞。
1よりも数十倍面白い!笑
というかよくあの1からこの2の設定まで築き上げたもんだなと感心してしまう、、

世界観とか設定はほとんど4に近いものがあって、荒廃した世界での派手なカーチェイスは緊張感あってとても良い。

ただ、ストーリーはちょっと強引というか理解に苦しむところが多い印象だった、、

石油プラントから1人で出て行ったらあっという間にやられちゃうし、都合よく助けられて帰ったと思ったら「俺の腕を信じろ」ってそれはちょっと、、笑

そして、石油プラントを放棄して脱出する時に、プラントを爆破する必要ってあったのかな、というのがとても気になってしまったなぁ。必要な分を持ち出して、あとはプラント使っていいよってしたら双方ハッピーなのでは?なぜ独占しようとするのか。
黒服のワルと白服の正義って描き方だけど、やり方が違うだけでどちらも強欲なことに変わりはないのかな。立場の数だけ正義はあるんだよなぁと思ったり。このあたりの感想はけっこう4の怒りのデスロードと似たとこあるかも。

世界観とカーチェイスは最高、そっちに振り切った分ストーリーはちょっと迷子かも、でも楽しめました。
北斗の拳などに影響を与えた古典。
古さを感じさせない衣装や車がむちゃくちゃかっこいい。あのセンスどこからくるんだ😂
前作もそうだけど、リーダーの死を悟って去るあたり、やたら情に熱い敵役が多い。

最後の最後のオチも面白かったけど、

パッパガーロ、リーダーや犬があっさり死んでしまうのでそういう驚き含めて笑いながら見れます🥳💕
シリーズ2。
マッドマックスはどうやら、どれも繋げて観る必要がなさそう。

知名度高そうな2は、疾走感がグンとUP。
ヘビ使いやブーメラン少年なんかも仲間?になって、茶の間も楽しめるストーリー展開。(充分ハードだけど)

ただ脚本はめちゃくちゃ。
マックス、1回簡単にやられて出戻りのくせに偉そう。
敵ボス、全然チームを統率出来ていないただの運転手w
資源枯渇だからか、武器弱いなぁ。
そのくせ基地爆破にはぜったい大量のガソリン使ったでしょw

1よりドラマ性が欠けたのと、終わり方がナレーションで済ましちゃう嫌いなパターンで呆気なかったため、マイナスポイント。

空飛ぶやつ乗りたいな。
敵ボスの格好は死んでもしたくないな。
ワンちゃん・・・
凄い!こんなにセリフがないとは。

マッドマックスから世界感 変わり過ぎで1作目を観てからじゃないとマックスに感情移入できないかも。
若干現実味があった前作に対して、ここまで荒れ狂った世界観に舵を切ったのは正解だと思いました。
砂漠を暴走族が蹂躙しガソリンを奪い合う世界。搭乗している車、ファッション、武器などよくここまでの世界観を構想できたなと感動しました。

主人公はマックスは更に荒んだ様子で口数も少ないです。台詞は少ないですが最初から最後まで彼から滲み出る悲壮感は消えることはなかったです。

クライマックスのカーアクションは相変わらずひやひやする場面が多かったです。CGではないみたいなので演者の心配をしてしまうレベルでした(笑)
個人的にインターセプターを気に入っていたので大破してしまったのは心惜しいです。

結局満身創痍になりながらも石油精製所の人々を助けることに成功しますが、やはり悲壮感たっぷりの表情でエンドロールが流れます。
マックスにとってはなんの救済もなく終わるところが救いのない世界を強調しているような気がしていて良かったと思います。
>|