マッドマックス 怒りのデス・ロードの作品情報・感想・評価

マッドマックス 怒りのデス・ロード2015年製作の映画)

Mad Max: Fury Road

上映日:2015年06月20日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

石油も、そして水も尽きかけた世界。主人公は、愛する家族を奪われ、本能だけで生きながらえている元・警官マックス(トム・ハーディ)。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕われたマックスは、反逆を企てるジョーの右腕フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、配下の全身白塗りの男ニュークス(ニコラス・ホルト)と共に、ジョーに捕われた美女たちを引き連れ、自由への逃走を開始する。 凄まじい追…

石油も、そして水も尽きかけた世界。主人公は、愛する家族を奪われ、本能だけで生きながらえている元・警官マックス(トム・ハーディ)。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕われたマックスは、反逆を企てるジョーの右腕フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、配下の全身白塗りの男ニュークス(ニコラス・ホルト)と共に、ジョーに捕われた美女たちを引き連れ、自由への逃走を開始する。 凄まじい追跡、炸裂するバトル……。絶体絶命のピンチを迎えた時、彼らの決死の反撃が始まる!

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に投稿された感想・評価

SatoruAsai

SatoruAsaiの感想・評価

4.8
もうね、ホント、コレを超える映画は存在しないと思うのね。

スタント見てるだけでもお腹いっぱいではち切れそうになる。
古くさい撮り方ながらもとんでもなく新しいガジェットをこれでもかと盛り込んでこられて、迫力で息ができなくなる。

そのくせ話も劇的に面白いんだから、脱帽して跪坐くしかないんです。

ジョージ・ミラーが生きてこの作品を完成させてくれたことに感謝。

そういや、モノクロのバージョンも出てたよね。どうせならそっち観りゃよかったな( ゚д゚)

何度でも観たくなる大傑作。
もう誰も作らないからこそ価値があるんよね。

死ぬまでにあと10回観る。
kwsmhkt

kwsmhktの感想・評価

-
中毒症状が出ましたので観ました。V8!V8!

わかっててもギャハー!うひゃー!ってなれるのいい。最高。
ree

reeの感想・評価

5.0
なんとなくで観たけど…
くっそ面白い。
カッコイイ。
カッコよ過ぎて笑っちゃう。
何回でも観たくなる。
Yuji

Yujiの感想・評価

4.1
映画のスピード感 0.7
感動 おもしろさ 0.8
意外性 ストーリー性 0.7
映像や音楽の美しさ 1.0
初めてみた衝撃とその後心に残るかどうか 0.9
4dxで観なかったことを悔やんだ映画!
ストーリーも分かりやすいので気兼ねなくV8!V8!できました
マックスとフュリオサという二人のイケメンが体張りまくりで最高です
いろんなところから、今さらかよという声が聞こえてきそうですが、今さら観ました!笑

トム・ハーディーがワイルドイケメンすぎて、釘付け。
この間観た「レヴェナント」でもワイルドではありましたが、全然違う。
今までの出演作を調べたら結構過去見てた。。
これはもう一度復習し直さなければ。

シャーリーズ・セロンは安定のシャーリーズ・セロンでした。男前!

監督のジョージ・ミラーの過去代表作がハッピーフィートとベイブっていうところがまた衝撃笑

まわりの人が内容ないって言ってたからどんだけないんだと思ってたら意外とあるじゃん笑
世界観・アクション含めとてもおもしろかった!
おもしろかったけど、多くの皆さんに何度も言われたとおり、これは間違いなく映画館で、しかも爆音もしくは4DX等々で前の方で観なければいけなかったやつ。

この映画を映画館で見逃したことは一生の汚点です。
ごめんなさい。
チャボ

チャボの感想・評価

3.9
マッドマックス最新作のトラックがカッコいい

世界観も好きでウォーボーイズとか早回しの異常な動きとかたまらん

ギターのやつがお気に入り
さこ

さこの感想・評価

4.4
とにかく世界観にどっぷりハマってしまう。出てくる女性たちが本当に美しい。あとこの映画でニコラスホルトのファンになった。ニュークスのピュアさにほれぼれした。
natsuko

natsukoの感想・評価

4.0
見終わったら坊主になりたくなる衝動が襲ってくるので気をつけてください。
素晴らしいです。
Thankyou

Thankyouの感想・評価

3.0
Furious and crazy picture unlike any others; without any moments for audience to take a rest. Tom Hardy's decent performance should split reception particularly for the massive fan of Mel Gibson's former film.
>|