マッドマックス 怒りのデス・ロードの作品情報・感想・評価

マッドマックス 怒りのデス・ロード2015年製作の映画)

Mad Max: Fury Road

上映日:2015年06月20日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

石油も、そして水も尽きかけた世界。主人公は、愛する家族を奪われ、本能だけで生きながらえている元・警官マックス(トム・ハーディ)。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕われたマックスは、反逆を企てるジョーの右腕フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、配下の全身白塗りの男ニュークス(ニコラス・ホルト)と共に、ジョーに捕われた美女たちを引き連れ、自由への逃走を開始する。 凄まじい追…

石油も、そして水も尽きかけた世界。主人公は、愛する家族を奪われ、本能だけで生きながらえている元・警官マックス(トム・ハーディ)。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕われたマックスは、反逆を企てるジョーの右腕フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、配下の全身白塗りの男ニュークス(ニコラス・ホルト)と共に、ジョーに捕われた美女たちを引き連れ、自由への逃走を開始する。 凄まじい追跡、炸裂するバトル……。絶体絶命のピンチを迎えた時、彼らの決死の反撃が始まる!

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に投稿された感想・評価

ddd

dddの感想・評価

2.7
結構ちゃんと観とったはずやけど、話の流れがつかめへんくて終わった
俺は合わんかった
ys

ysの感想・評価

4.5
2015鑑賞。
ジョージミラー名作。
世界観、アクションが素晴らしい!
スケールが大きい。
公開初日に喜び勇んで観に行くもなぜかそれほど乗れず。福男のアレでスタートで躓くオッサンみたいなもの。若者よあとは任せた…そんな進境。メル・ギブソンが出てこないって分かってても向かいのホーム路地裏の窓いつでも探してしまう。フュリオサとかいいキャラだとは思った確かに。
いわゆるぶっ飛んでる映画なのは間違いないんだけど、監督はただの狂人じゃなくて理論武装を限りなく心がけていると知ってなおさら面白味が増した。

強烈なインパクトが全編通してビジュアルを支配していることで派手なアクション映画かと思わされきや、深読みすると面白いメッセージがいくつか汲み取れた。

・楽園(都合の良い環境)など存在しない
・地獄(今の環境)を自分の居場所に変えることが一番の近道
・苦労は逃げると追いかけてくる
・献身的な行為の有無が人間とけだものの違い

社会的につらい環境にさらされている人は多くいるけれども、確かに勤めている会社がつらいからと言って逃げ出すよりもそこに自分の居場所を作ってしまった方が確かに話は早い。
逃げて辞めてもそうそう良い勤務先は確かに見つからない。

マックスもニュークスも始めはけだものとして表現されている。自分の望みのためにだけ行動するし、他者への痛みに関心がない。
けれども物語の進行と相まって女性達の逃走を手助けすることで少しずつ人間味を取り戻していく様は心が動いた。
ニュークスのあの行動は、他のウォーボーイズのそれとは違って献身的行為に他ならなかった。
マックスの血液が他者へ注ぎ込まれることの表現も「血液袋」と呼ばれていた序盤から、最後は自ら「俺の名はマックスだ」と名乗るくだり。
けだものから人間へと変貌したのでしょうか。しびれました。

もちろんそんなメッセージなんか最初は読み取る気もなくただジェットコースターを楽しむように2時間を満喫した。
ダークナイト以来、若いうちにこういう映画に出会えて良かったと思える一作。
芋

芋の感想・評価

5.0
暴力を具現化したかのような素晴らしいデザインの車にテンション上がる。もう車しか目に入らない。これでプリウスとか粉砕してほしい。
二回映画館で見た
一回目は見た時はマックスがメル・ギブソンじゃないのが残念に思ったが

二回目に見た時、トム・ハーディ演ずるマックスがめちゃめちゃカッコよく見えた

自分は要所要所泣けるシーンがあったのだが、一緒に見た友人達に「泣けるシーンなんてあったかぁ」と言われてしまった

映画館の大迫力で見るとアクションシーンが凄すぎて普通の感覚では無くなってしまうのかもしれない

自分は切ない話しだと思った
完全にみたら頭悪くなるけど、いいわーー!!!マッマッッッ!!!(ネイティブ発音)
凶暴なスケキヨ(ウォーボーイズ)がいっぱい!!!
人間搾乳機は引いた。
トムハの首から上半身にかけての身体の厚みが、、、大好き、、、抱いて、、、
mikenekos

mikenekosの感想・評価

4.0
荒廃した世界で物資を奪い合うような世紀末が舞台となる作品。迫力のアクションも見ものだけど、ひたすら作品のBGMに合わせてギターを弾くだけの戦闘力皆無の奴が戦場にいるという謎のノリと勢いが最高。前作シリーズを全く観ていないからという理由だけで上映当時に映画館に行かなかったことを後悔。結局前作を観ずに鑑賞しちゃったし、勿体無いことした。
イモータンジョー怖すぎ。

シャーリーズセロンかっこよすぎ。

ウォーボーイ切ない。

ギターの人🎸何アレ?!

マックス筋肉すごい、、

ただ平和を求めて爆速する それを阻止すべく追いかけるだけなのに すごく面白い!

イモーターン!!
hicheese

hicheeseの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

どこの国なのかどういう歴史なのかまったく説明がない中、砦全体が街になっていて、そこを支配しているイモータンジョーの嫁が女性の隊長フュリオサとみんなで逃亡、緑の村を目指す。同じタイミングで捉えられていたマックスはイモータンジョーが嫁を連れ戻しに出撃する時に、輸血袋として連れて行かれ、逃亡成功、そのままフュリオサと一緒に緑の村目指すが。フュリオサの故郷の女性の軍団と合流、このまま行ってもなにもないので砦の奪還を目指す。
>|