マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

Mad Max: Fury Road

上映日:2015年06月20日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:120分
    監督
    ジョージ・ミラー
    脚本
    ジョージ・ミラー
    キャスト
    トム・ハーディ
    シャーリーズ・セロン
    ロージー・ハンティントン=ホワイトリー
    ゾーイ・クラヴィッツ
    ニコラス・ホルト
    ライリー・キーオ
    ネイサン・ジョーンズ
    ヒュー・キース・バーン
    アンガス・サンプソン
    メリッサ・ジャファー
    リチャード・カーター
    ジョン・ハワード
    ジョイ・スミザース
    ジェニファー・ヘイガン
    アビー・リー・カーショウ
    コートニー・イートン
    あらすじ
    石油も、そして水も尽きかけた世界。主人公は、愛する家族を奪われ、本能だけで生きながらえている元・警官マックス(トム・ハーディ)。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕われたマックスは、反逆を企てるジョーの右腕フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、配下の全身白塗りの男ニュークス(ニコラス・ホルト)と共に、ジョーに捕われた美女たちを引き連れ、自由への逃走を開始する。 凄まじい追跡、炸裂するバトル……。絶体絶命のピンチを迎えた時、彼らの決死の反撃が始まる!

    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に投稿された感想・評価

    ストーリーは正直そこまでだとは思わないけど、それを補って余りある衣装やアクションや全体のトーン!
    v8って言うシーンもっとあるのかなって勝手に思ってた(笑)
    すげ〜と思いながら観てたけど、終わった後頭に残ってるシーン特にねえ〜
    ほぼ砂漠とタイヤの上の世界なのに予想の200倍よかった。
    癖になる気持ちもわかります。
    新しい節目から幸先よい。

    このレビューはネタバレを含みます

    ただひらすら車をブッ飛ばして、ただひたすら暴れまくる映画。
    見終わったあとの、日常の静かさがおかしくなってくる(笑)
    緑の地は既に荒廃していたことを知り、マックス一行が来た道を戻るというのがまたいい。この直線的なイメージが、映画のスピード感に拍車をかけ、いい意味で分かりやすい映画となっている。
    ギター弾きの敵キャラ、美女たち、ユニークな車や戦法…何度観ても楽しめそうな映画だ。
    唯一無二の世界観を楽しめるかどうか。
    デザインやメイクでオスカーを取ったのは納得だ。

    漲る緊張感、爆発的なテンションはこのシリーズならではだが、残酷な描写は控え目に思う。

    これは、ある意味では非常に変化球な映画のようで、直球な映画という、二律背反な作品かもしれない。

    メタリックな演奏のギターとマッチョが太鼓打ってる車両とかなんなんだよ、面白過ぎるだろ?
    巨大なトレーラーが横転して炎上してるのとかは壮観。

    搾乳されてる婆、白塗りの不気味なマッチョ、ゴリラ並のマッチョ、多様なフリークス、美しい妻達、子供が生まれるからそれを守ろうとして戦うイモータンジョー。
    なんだか全てが愛おしく思えてくる。
    Barでたまたま流れてて観てたら
    魅入ってしまって最後まで観てしまった
    ほぼ車に縛られてる戦闘シーンは
    迫力もあり面白かった!
    なにもいうことない!
    全てがクライマックス。
    続編見たいなー。
    もう緑は無く火薬だけは大量にある世界。

    映像もキャラも常時ハイテンション。
    生命力が溢れすぎ。
    潔く男らしいラストもたまりません。

    迫力大。
    映画館でみたかった。


    最後のメッセージに心をとられた。
    最高です。痛快。
    >|