ウォーターワールドの作品情報・感想・評価

「ウォーターワールド」に投稿された感想・評価

設定はいいしお金もかけてるし大迫力なのにこれまた駄作。

3人が船にいるシーンは早送り必須。

噂だと監督は途中から撮ってなかったようで。

マリナーの性格をああする必要はなかったでしょ。
暇クニ

暇クニの感想・評価

4.0
まず、この映画のテーマソング。かっこよすぎる。
そして、水を求める話は想像つくけど、土を求める話って新しいなって思った。まぁ、飲料水もないねんけど笑
半魚人がかっこよすぎるねんよなー。親子に対する扱い雑やねんけど、なんやかんやずっと一緒に旅して優しいなって笑
とにかく、海を渡る冒険はワクワクする!
あやと

あやとの感想・評価

3.9
舞台がカッコよくてワクワクする。面白かった。ユニバ行きたい。
nisui

nisuiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

陸地が海に沈み海上で生活するようになった未来、一匹狼がひょんなことから行動を共にすることになってしまった少女が伝説の島のヒントを背中に持っていたせいでギャングに追いかけ回される話。
ヒロインと少女がほんっとに足手まといなんだけど、守って系じゃなくて二人そろって邪魔する系だから性格の悪い主人公のイライラが伝わってきて面白い。少女がまたとんでもなく生意気で、大人たちに大人げなくとっちめられても全然堪えてないから笑って見てられる。
ラスボスが憎み切れない悪者ど真ん中、間抜けにド派手に散るのも最高でーす。
思い返すと主人公ひっくるめて善人が一人も出てこない。みんなそれなりに痛い目に合うんだけど心が痛まない。村がギャングに襲われた場面すらザマミロだわ。余計なストレスかからなくていいかもね。
angen1999

angen1999の感想・評価

2.5
映画館にて鑑賞

俳優とイメージで期待したけれど
気落ちして帰りました。
もう一度観たら違うのか
そういう気にはならないですが
今年の夏5年ぶりくらいなのに2回見た(笑)

ユニバ懐かしい。ケビン・コスナーとデニス・ポッパーとか名優だったんだなー。
ふみや

ふみやの感想・評価

3.5
ドライランド、ミュータント、だいぶSFだけどちゃんと引き込まれた。
午後ロードの音楽これだったとわ。
インディジョーンズとマッドマックスとパイレーツオブカリビアンの合の子のような作品

陸地が沈み、ほとんど海の世界。
「ウォーターワールド」

世紀末らしく荒くれものがひしめく海を
機動満載の船を操るケビンコスナーが超クール!
世界観も独特で、真水と土が超高価!
トマトでさえも高いです。

こういう世界観は楽しいですね。

ただ、…ヒロインがアメリカ女ゆえにうざい…
命を助けてもらった立場で、あーだこーだうるさいです。
話を聞かずスタンドプレー。そして、ピンチに……
助けたてのときにケビンコスナーが言ったとおり、生かす価値もない訳だし、さっさと二人とも殺せばいいんだよ。ガキもうざいしよぉ。
「早く殺せ!うざいから殺せ!」と、思わず声を出してしまいました。

アメリカ女は、どうしてこうも言うことを聞かないのか。ただ、ただ不愉快。

ちなみにお気に入りのシーンは
女の身体が「紙」と交換されるシーンです。
女の身体も、時代が代われば紙切れ一枚の価値よ!と、呵々大笑してしまいました。
これも、女をうざったく見せてくれたおかげと思えば、監督の手腕も中々に光ってますね。

ま後半に入っていくと
こういう他人の煩わしさを受け入れることで、伴侶というかパートナーが生まれるんやなとと思います。
この度量がないから、僕には彼女がいないのだと身に詰まされます。

閑話休題

個人的に、他に好きな演出は
「自分を釣り餌にする」

こういう細かな演出が世界観を構築していくんだと実感しますね。

細かい部分を見つめていくと、突っ込み所満載すぎるんですが、エンタメ映画ってことで許しましょう

シナリオ面が粗いのはアメリカン
ジョー

ジョーの感想・評価

3.7
想像してたより普通に楽しめて悔しい...笑
前半は海洋マッドマックス、後半は海洋インディー・ジョーンズって感じ。ていうとかなり凄そうだけど笑 でも実際アドベンチャーとして普通に面白い。
まあファミリー向けなのでストーリーは陳腐だし、主人公がミュータントである背景とかも全く語られないけど、ハリウッドのエンタメ映画だしそういうジャンルだから問題なし。

とはいえ、かなりユニークな点もいくつかある。まず設定が飛び抜けてる。地球温暖化が進み極地の氷が溶け文明ごと陸が全て海に沈んでしまった、という世界観。
文明崩壊後の世界で希少な物資を奪い合うという点ではよくあるディストピアものだけど、まさかずーっと海の上とはねえ。

他にもセットとかガジェット、演出や見せ方にかなりこだわりを感じる。主人公が乗る胴が3つあるデカい船とか最高。仮にも主人公が乗る船なのにロマン全振りの珍妙な造形にするあたり普通じゃない。なんで雨も風も波もほとんど防げなそうなのに変な機能ばっかり充実してるんだ笑
でもあの船が海上を優雅に疾走してるシーンはたまらなくカッコイイんだよなあ。
最初の海上要塞みたいなのもワクワクする。

他にも、主人公がエノーラに泳ぎを教えるシーンは映像と音楽が相まって幻想的とすら言える。
最後のバンジーで助けるシーンも、アクションもユーモアもあって良い演出だと思う。

なんというか、全体的にまず最初に撮りたいシーンなりアクションなりガジェットなりがあって、それを王道のストーリーで繋ぎ合わせたって感じ?筋よりもポイントで楽しむ映画な気がする。
観る人によって評価別れるタイプの作品だと思うけど、ディズニーとかのアトラクションに乗るような気持ちで観るとちょうどいい。
新田畳

新田畳の感想・評価

3.4
結構好きですが、体臭も魚みたいな臭いがするのかなとか気になりながら観たの思い出す。
>|