マッドマックスの作品情報・感想・評価・動画配信

マッドマックス1979年製作の映画)

Mad Max

上映日:1979年12月15日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.3

あらすじ

「マッドマックス」に投稿された感想・評価

キリコ

キリコの感想・評価

3.3
車とバイクが走っているなぁ、と思った。手がスポーンとなるところがおもしろかった。
リアム

リアムの感想・評価

3.2
改めて鑑賞。それにしてもオーストラリアの真っ直ぐな道を爆走する車両の迫力はスゴい。低いカメラアングルもスピード感を倍増させる。今迄アメリカだと思ってました。カンガルーは映ってないな〜。正直怒りのデスロードまでシリーズ通してそれ程好きな作品ではないが、1作目は北斗の拳感というか世紀末感はあまり無く少し毛色が違う。暴走族への復讐劇とストーリーもシンプルです。若いメルギブソンがカッコいい!スタントマンが亡くなったというのはウワサで事実では無いようですが、危険なバイクスタントは1作目から健在です。

にしてもですよ。ヒジョーに気になるのはマックス夫婦が揃ってアホなこと。ホントにアホでイラつくわ。やたらと赤ん坊を放ったらかしにするし、気付けば目を離してイチャつく。危険な状況だとわかっていながら嫁だけですぐに出掛ける。一緒にいりゃーいいのにショットガンを手に一人森に入っていく旦那。そりゃフラグ立つわい。その間に襲われる嫁とコドモ。悲嘆に暮れ復讐に燃えるマックス!なんやねん。
あむ

あむの感想・評価

2.0
かっこいいんだかわからなかったかなー。
映画だとしても、人の命とか人の心を脅かす存在は生理的に受け付けない。シンプルに怖いし、気持ち悪い。相手が相手だから許されてる部分もあるけど、それでも警察側もひどすぎね?
BlackLivesMatterが記憶に新しい今観たからそう思うのだろうか...
映画自体のレビューできないくらいには苦手だったかな。

このレビューはネタバレを含みます

前に「怒りのデスロード」を観て始まりは一体どんなんだろうと思い鑑賞。

ここから「怒りのデスロード」迄治安悪くなるのか。すごいね。一気に行くね。

嫁さんが連中の手に落ちなくて本当に安堵した。結果を見れば重体だし息子も死ぬが、とにかくその光景を本当に見たく無かったので本当に安堵した。心壊れた嫁さんを慰め続けるマックスなんて見てられそうにないから。

暴走族本当に嫌だ。人の営みを崩すの本当にやめてほしい。

しかしあんなに治安の悪い世界ならば恋人を一人勝手に歩かせてしまうマックスもどうかしらと思う。

カメラワークが気持ち良かった。実際にかなりのスピードで走る車に乗ると恐怖で固まってしまうが、このように安全が保証された所からその光景を見れるのは嬉しかった。
nekoさん

nekoさんの感想・評価

3.0
荒廃した舞台設定。シンプルな報復劇。コロナ禍で、何となく感じている寒々しさが増幅されてしまった。
昔、ライダーハウスに泊まった時に初老のおじさん軍団が宿泊してたんだけど、その中でも男前の一人が仲間たちから「マックス」って呼ばれてた。

あぁこれの事なんだなと6年経って繋がった。ちなみに彼らの運転はとても安全運転でマッドとは程遠かった。

このレビューはネタバレを含みます

マックスが出てくるとことか悪の軍団が出てくるとこが好き
ラストは北斗の拳とソウの元ネタが同時に来てこれかーという気持ちになった
SONIA

SONIAの感想・評価

3.3
ヒャッハーな暴走族たちへの復讐。
マッドマックス怒りのデスロードはもはや時代感がよくわからなくなっているけど、初代は数年後という近くてもしかしたら有り得そうな話。

オーストラリアの荒涼とした大地と地平線まで続く真っ直ぐな道にアメリカの広さとはまた違うすけーるを感じた。

バイクと車のアクションは派手でいい。B級チックなんだけど、キングオブB級。かのV8は初代から登場してたのか。

それにしても子供から目を離すなと言いたい。バイク相手に走って逃げるのは無理があるよ。
R

Rの感想・評価

2.8
ソウのあのシーンてこれのオマージュだったのか~~結構グロくてびっくりした
名作だと期待してたのに。

MAXが狂ってもっと残虐な復讐するかと思いきや拍子抜け、車とバイクが走るカットで時間稼ぎをしてると感じた。

製作年と費用を考慮してもこれは…。
若き日のメルギブソンが異様にカッコいいのが救いだった。
>|