ジョーズ3の作品情報・感想・評価

「ジョーズ3」に投稿された感想・評価

2019 12本目

もはやどこにでもあるサメ映画。
ジョーズって名前借りただけ。
ちの

ちのの感想・評価

1.0
「ジョーズ」シリーズの3作目。ジョーズ1,2と比較して愕然とするほど完成度が低い。雑なCG、メリハリのないストーリーが作品全体を通して散見され、人間がサメに襲われているシーンも緊張感がまるでない。続編を作れば売れるだろうというかのような、作品に対する愛情のなさを感じる。「ジョーズ」シリーズと銘打ってはいけない作品である。
あんこ

あんこの感想・評価

3.5
巨大水族館オープンの日に巨大サメが襲う映画!

1から想像もできないぐらいこんなB級感あるれる作品のテイストになるとは。笑 当時3D上映だったらしいのでDVDで観ると違和感ありまくりの映像たくさんで逆にたまんないですね。

主人公が1と2の主人公・署長の息子でストーリーは繋がってます。主演は若きデニスクエイド。相変わらず顔が濃いです。
るな子

るな子の感想・評価

1.2
あまりにつまらなくて困惑した作品です。
どうやったらジョーズをこんなにつまらなく作れるんだろう?と何故か真剣に考えてしまいました。
笑わせに来てるとしか思えないシーンや台詞だけはある意味好きです。
みんなが大好きなジョーズが3Dになって帰ってきた。

舞台が海底基地でガラスを粉砕してジョーズが突撃してくる。
そのときのガラスの3Dを意識したやっすいCGときたらすごいぜ?

このレビューはネタバレを含みます

 開園したばかりの海洋テーマパークにもはや恐竜くらいでかいサメが襲ってくる話。

 一応、1作目2作目の主人公の息子が今回は主人公になっていて繋がりのあるシリーズでした。ただ時代なのか特撮がちゃちすぎるのと、サメのデカさがもうメガロドンクラスになっているため、特撮怪獣映画のような雰囲気の映画でした。

 サメの襲撃シーンも少なすぎでフラストレーション貯まる作品で、唯一の面白さは人間まる飲みのところでサメの口の中からの見た目とかはあまり見たことのないものでフレッシュな見た目でしたが、ジョーズ映画として見たいとは思わなかったです。
 人間たちが何をしたいのかとかもよくわからず、ホオジロザメを勝手に飼育始めちゃう経営者たちも無茶苦茶だし、10メートルのサメがいるとわかっているのに、普通に潜水を始めちゃう人間たちも無茶苦茶で終始ついていけないキャラクターたちでした。

 イルカちゃんが人間の味方という設定とかにも乗れない映画でした
TOY

TOYの感想・評価

2.4
2018年105本目

久しぶりに鑑賞
ジョーズシリーズの陰りを告げる3作品目

チープなジョーズからは、スピルバーグの1作目からは想像もつかない程のB級感。
始まりは良いのだが、後半にかけてどんどん劣化していくという不思議な作品。笑

当時は赤と青のメガネでの3D上映だったようで、それに合わせたカット割りも多数。

救いは主人公にデニス・クエイド、
主人公弟の彼女役にリー・トンプソン(デビュー作)
22歳のリー・トンプソンは可愛くて、ヒロインの女優よりも光ってます。

サメ好き、B級好き、デニス好き、リー好きの方々にはオススメです。
酷いゴミ映画!ジョーズ🦈を冒涜し、スピルバーグに喧嘩を売ったカス作品!時間を無駄にした!

2時間返してくれ!
Gooooo

Goooooの感想・評価

-
過去鑑賞

ジョーズには遠く及ばない作品✨❗️
ジョーズ2にも遥か遠い。
ジョーズのパロディかと思ってしまうほど作品自体の完成度が…
こんな作品なら作らなければいいのに。
一応ユニバーサルが製作してますが、そのことにびっくりしました‼️
だいぶ前に鑑賞した感じでおススメはしません。
主演には有名なデニスクエイドがでてますが、それだけです。
早送りで観ました。

以上!!
MiYA

MiYAの感想・評価

2.5
「午後のロードショー」にて。子どものときに観た「ジョーズ2」がトラウマ映画だったので、あのおぞましさに較べれば、結構ソフトじゃない?という印象(大人になったからかなぁ)

大好きなリー・トンプソンはこれがデビュー作のようですが、脇役同然な扱われ方で(デニス・クエイドの相手役の女優より断然可愛いんだけどな!)、哀れな殺され方しないかヒヤヒヤしながら観てましたよ。

公開当時これが3Dで上映されたそう(赤と青のメガネかけたのかな?)。サメが突っ込んできてガラスが割れるシーンや、爆発して骨が飛び出してくるシーンのチープさには失笑するばかりですが、あれがどんな風に3Dで飛び出してきたのか、とても気になります(さらに大失笑だったでしょうけど)
>|