サイゴンの作品情報・感想・評価

「サイゴン」に投稿された感想・評価

2020/10/22

ベトナム戦争下のサイゴンで娼婦連続殺人事件が発生。CIDのマクグリフとパーキンスは捜査に乗り出す。

題材が題材なので正直なんとも言えない後味の悪さは残るが、弛緩と緊張が繰り返される展開と個性豊かな登場人物で一気に魅せる。地味ながら結構見所もある良いサスペンスなのでは。あとバディもの好きにもおすすめ。

娼婦を殺した犯人は夜の雨の中に消え、ウィルソン・ピケットの音楽と共に主人公の二人組が猥雑な繁華街に登場する冒頭部のかっこいいこと。ごきげんなアメリカのポピュラー音楽、民族楽器の音色と電子音をミックスした緊迫感溢れるサントラが作品全体を引き締める。

主人公の二人組はウィレム・デフォーとグレゴリー・ハインズ。脇を固めるのはフレッド・ウォード とスコット・グレンのライトスタッフ組。しかもちょっぴりとは言えキース・デイヴィッドまで出ているという豪華さ!出番の少ない登場人物もキャラが立っていて飽きさせないが、狂気を孕んだスコット・グレンのアームストロング大佐は一際目立つ。怖いときはとことん怖いなこの人は。
むむむ

むむむの感想・評価

2.0
ベトナム戦争映画ブームで作られた作品。
変態や殺人鬼役をよく演じている3人、ウィレム・デフォー、スコット・グレン、フレッド・ウォードが揃った奇跡のような作品です。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

2.8
‪「サイゴン」‬
‪冒頭、銃声と雨の音。一人殺される。ベトナムの地を二人の陸軍犯罪捜査隊が行く。娼婦殺し、逃走、薬、暴力…本作はプラトーンで一躍有名になったW.デフォーとギャングムービーやバディムービーに出演し若くして亡くなったG.ハインズが共演し、連続殺人を捜査する米国憲兵隊の2人の姿を描‬‪く。いやー中々上手い具合にベト戦の最中のカオス状況と連殺のサスペンスを混ぜた圭作で実は近年になり初円盤化され、発売年に初鑑賞しこの度2度目の鑑賞。吹替もあるようだが字幕のみのDVD…。物語は普通にバディ系好きにはお勧めできるアクション、推理があり最前線以外の緊迫と問題を映す異色の一本‬

あなたにおすすめの記事