ジャグラー/ニューヨーク25時の作品情報・感想・評価

「ジャグラー/ニューヨーク25時」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

お父さん仕事帰りでしょ?強すぎ
ポルノ店での電話のやり取りのシーン好き
ROY

ROYの感想・評価

-
エキサイティングな街をいま〈クラッシュ・ムービー〉のむせかえる熱気が疾走する!

誘拐された娘を取り戻すため、命がけで犯人を追い続ける男の執念の戦いを描いた骨太アクション。

■INTRODUCTION
世界22ヵ国、1500万部を売りつくしたハード・サスペンスの超ベスト・セラー!ニューヨークの夜と昼にオール・ロケを敢行して、ついに映画化!

元警官の娘が誘拐された。犯人は、少女を富豪の娘と間違えたのだった。誘拐された少女の父親は、犯人を追って夜の町を駆け回るが……。

■STORY
元刑事で今はトラック運転手のボイドは、離婚して引き取った小学生の一人娘を男手ひとつで育てている。そして彼女の成長こそが彼の生き甲斐だった。娘の誕生日、早朝に帰宅したボイドは娘を起こし、プレゼントを渡すと、登校する彼女を途中まで見送ろうと一緒に家を出る。ところが一瞬目を離した隙に娘は何者かに連れ去られてしまう。逃走する犯人を車で、地下鉄で、そして自らの足で必死に追いかけるボイド。しかし、ついに力尽きた彼は警察に駆け込む。ところが一匹狼の刑事だった彼にかつての同僚たちの態度は冷たかった。ボイドは絶望感を胸に、再び犯人を探すため街へと飛び出して行くが…。

■NOTE I(NY Timesより)
『ジャグラー/ニューヨーク25時』は、爽快なテンポで始まるスリラーだが、最後はスリラーとしては息もつかせぬ展開と過剰なプロットで終わる。

元警察官(ジェームズ・ブローリン)には娘がいて、その娘は青いオーバーオールを着ている。そのオーバーオールは、変人(クリフ・ゴーマン)が誘拐を計画している別の少女(金持ちの娘)が着ている服と悲惨なほどよく似ているのだ。彼は間違えて元警察官の娘を誘拐してしまう。映画の残りの時間は、ニューヨークの多くの場所にまたがり、何十台ものボロい車が登場する追跡劇に費やされる。一方、ブローリンは、かつて夫婦喧嘩をさせた元警察官の同僚に追い回される。このような筋書きは、よほど強い枝を持っていない限り、木になることはない。

本日より近隣の劇場で公開される『ジャグラー/ニューヨーク25時』の主人公を、ブローリンは恐れを知らぬダイナモとして演じている。そして彼は、この街で最も厄介な地域のいくつかを、娘の後を追って颯爽と歩くのだ。サウスブロンクスでは、同じストリートギャングと2度も激突し、タイムズスクエアのマッサージ店でもトラブルに見舞われる。

ブローリンは邪悪な状況下でもなぜか心強い存在であり、彼の演技はもう少し喋ったり追いかけたりしても大丈夫なほど力強いものである。この映画の素晴らしいキャストは皆、ストーリーが許容する以上の詳細な人物描写が可能なようだ。

ビル・ノートン・Sr.とリック・ナトキンによる脚本は、サムネイルサイズの人物像を描こうとすると、ひどくつまずく。この映画の最悪なシーンは、元警察官とその元妻との長い夫婦喧嘩を手短にまとめたものと、誘拐犯が自分の動機を説明するシーンである。これらは、本作での騒がしいシーンの数々の中でも、抜群にありえないことがわかる。どうやら、悪役はサウスブロンクスで育ち、そこがいいところだったと覚えており、そこのビルを買い占めている不動産開発業者に復讐しようと決意しているように見える。この誘拐犯は今でもサウスブロンクスに住んでいて、近所の人たちから「モグラ」というあだ名で呼ばれている。このあだ名は、長い演説や、少女に母親を思い出させるような古い青いドレスを着せるシーンよりも、彼について多くを語ることに成功している。

監督のロバート・バトラーは、これまで主にテレビやディズニー映画で活躍してきた人物だ。ストーリーを必死に盛り上げつつも、勢いもあり、街角のシーンはメリハリのある臨場感。また、リチャード・カステラーノを魅力的な脇役に、才能ある新人を小さな役にと、見事なキャスティングをしている。誘拐された少女役のアビー・ブルーストーンはかわいく同情的で、ジュリー・カーメンはブローリンが道中で出会う親切な若い女性役で出ている。彼女は映画の終盤でいつの間にか姿を消してしまうが、他にもいろいろなことが起こるので、どこに行ってしまったのか思い出すのも難しい。

Janet Maslin. 'NIGHT OF THE JUGGLER,' HUNT FOR A PSYCHOTIC. “The New York Times”, 1980-06-06, https://www.nytimes.com/1980/06/06/archives/night-of-the-juggler-hunt-for-a-psychotic.html

■NOTE II
タイトルとは裏腹に、この作品は夜行性のピエロが玉を使う練習をするのとは何の関係もない。その代わりに、ニューヨークを現実よりも醜く見せるという稀有な偉業を成し遂げた、大げさなアーバン・スリラーだ。元刑事のジェームズ・ブローリンは、自分の娘が「今月のサイコ」候補に間違って誘拐されたとき、娘を探すために街を荒らしまわる。シドニー・J・フューリーの後任として監督を務めたロバート・バトラーは、数々の「自動車事故のシーンに間違いない」シーンで技術力を発揮するが、出演者の人間性にはあまり興味がないようだ。ブローリンはほとんどインパクトを与えず、彼がかつてジェームズ・ボンドのオーディションを受けたことを考えると不思議な感じがする。タクシー運転手役のマンディ・パティンキンにご注目。2/5

Robert Sellers, Radio Times, https://www.radiotimes.com/movie-guide/b-qen613/night-of-the-juggler/

■COMMENTS
IMDbのレビューが面白かった。『Night of the Jogger』でいいとか笑

レビューでは“sleazy(薄汚い)”が結構出てきた。
超頭悪い気狂いの詰めの甘すぎる計画的犯行も、あんな異常事態の中で冗談が言える父親も、日頃から加速状態にいるあの時代ならでは。
良くも悪くもだが、自ら人と関わったり、行動を起こしたりすることに対する彼らの躊躇のなさは尊敬に値する。なんだかんだ幸せな映画でした。
黒羊

黒羊の感想・評価

3.7
ジャグラー/ニューヨーク25時

舞台はNY。車を盗み、少女誘拐を企む不気味な男が映る。次にさえなくても娘と二人暮らしの父親。サマースクールに行く娘を見送っていたが、娘が男に拐われ、父親は逃走する車を追う。一体何が起こったのか!?

1980年の映画なので、この頃のリアルなNYの汚さが味わえる!絵が凄いですね。

車で逃走する犯人と娘を追う父親。しかし犯人の車は信号や渋滞、止まっているトラックが邪魔してすんなり逃げられない。父親も協力してくれるタクシーに乗ったり、布教している神父の車を奪って追ったりと、この辺の展開も「実際に人を誘拐してNYで逃げたらこうなりそう」というリアル感がある!

カットも良くて、この追跡シーンは良かったなぁ〜

無茶な追跡をした父親は元警官だった。警察に捕まり取調室に入れられたが、取調べるのは警官の頃の元同僚。父親は同僚に恨まれていて殴られるも返り討ちにして逃走。そしたらブチギレた同僚が街中でショットガンをぶっパなし街はパニックにー!

このシーンもなんかリアル感あるんよねぇ〜
よくある街中での撃ち合いじゃなく、父親は警察からはずっと逃げるのでキチ同僚の「一人街中ヒートごっこ」的な迫力なんですけどね!

1980年当時25セントで楽しめるポルノ街ののぞき部屋や、ガラ悪いブロンクスなどロケ地は中々にハードで凄い。犯人のアジトまわりもエグい。

娘を拐った犯人の男、実はかなりのうっかりさんで…大富豪の娘を拐うつもりが見た目似ていた元警官の娘を拐ってもうたんですねぇ!娘が人違いや!言うても全く聞く耳を持ちまへん!聞けよ人の話しはー!
まぁ聞いてもうたら話し終わってまうねんけどね…

うっかり犯人さん、娘にデザート勧めたり、母親のドレス着せたり、大金を手にしたら2人でいい暮らししようぜ!言うたり…

もうすっかり逆ストックホルム症候群!

犯人さんの人生も可哀想なんやけど…でもアカンやろーそんな事やあんな事したら!このセクハラ野郎!!

もっとがっつり協力するんかなーと思ったらそうでもない舎人、いやトネリ警部もゲーハー太っちょなええキャラしてましたね。

夜中に地上波でやってたら眠たくても最高まで観てしまう、味のあるスリル・スピード・サスペンス、SSSな映画でした。ありがとうツタヤVHSコーナー!
Jimmy

Jimmyの感想・評価

4.5
池袋・テアトルダイヤで鑑賞。(2本立て)

ニューヨークのブロンクス地区は怖くて近づけないエリアであるが、そこを舞台にした傑作映画。

元警官のある男(ジェームス・ブローリン)が娘を誘拐されたため、執拗に犯人を追いかけて走って走って走りまくる。
この躍動感がみごと。

間違って誘拐された娘も可愛い。

ドンパチ銃撃戦が多いアクション映画も面白いものは勿論あるが、この映画のように走りまくるアクション映画も良いものである。

父親の娘を思う必死な気持ちが伝わってくる傑作アクションである。

しかし、この映画、久しぶりに観たいのだが…(^^;
zokoma

zokomaの感想・評価

-
封切で初見。併映が『サンゲリア』という、今思えばウソみたいな2本立て。当時非常に面白く観て、確か二回封切館に行った記憶がある
メッッチャ面白い。ずっとシネフィルの間で語られてきた作品で、なんやかんや観てなかったが遂に観た。
金持ちの娘と勘違いされて、娘を誘拐された元警官の男が娘を取り戻すために走り回る。『ミラクルマイル』のように主役以外の奴らのキャラが濃くてめちゃくちゃ楽しい。愚痴をこぼしまくるタクシー運転手、ポルノショップのめちゃくちゃ強いボディガード、ミスした仲間を引っ叩く警官と常に楽しい。2ヶ月の停職処分を食らった警官がショットガンを街中でぶっ放したり、主人公に絡まれた不良が人数増やしてしつこくついてくるのが面白すぎて笑える。
本作が特に評価されているのは人間が車を追いかけるという差が開くことが明確なチェイスであるにも関わらず、車が渋滞に巻き込まれたり、障害物によって道を遮られたりすることにやり、前に進めなくなることで、埋まるはずのない差がどんどん縮まっていくところにあると思う。この緊迫感は全映画作家が勉強すべきだと思った。アメリカの「街」を描いた映画もっと観たーい!
苦労してVHS入手したけど、そこまで言うほど面白い映画ではなくてかなり地味。

娘誘拐された元警察の暴力キチガイ親父が犯人追いかけて、キチガイ親父を警察が追いかける三つ巴構造。
娘を連れ去られた父親がニューヨークを駆けずりまわる。面白いことは面白いけど、過大評価されている感も否めず。たとえばナ・ホンジンの作り上げたチェイスシーンや緊迫感なんかに慣れた身からすると、手に汗握るものは正直さほど感じられなかった。真っ昼間の公園を突っ切るカーチェイスに、ダイ・ハード3の元ネタ味を感じる
Tatsu

Tatsuの感想・評価

-
英語字幕で。追走劇を通してのワンデイニューヨーク巡り。セントラルパークから性風俗、ライブ会場まで。クライマックスがフェス会場なのは本当に上がる。目玉焼きのオープニングや、終盤、娘が地下から登っていく姿を粘り強く捉えたあの時間で、犯人の人物造形を丁寧に見せてるのも良い。人が走る画がどれほど映画的なのか。その芸術の究極系だと思う。走り出す瞬間のカタルシス、そしてそのまま100分突っ切る。どうでもいいけど、序盤のネズミに怯えてる女の足だけを撮ってるカットが完全に『トムとジェリー』のそれで笑う。ショットガン刑事もエネルギッシュ。
>|

あなたにおすすめの記事