A.I.の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

A.I.2001年製作の映画)

Artificial Intelligence: AI

上映日:2001年06月30日

製作国:

上映時間:146分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「A.I.」に投稿された感想・評価

よしき

よしきの感想・評価

3.5


すごく壮大な旅を観た。
ボリューム感すごいSF


オスメント君が天才子役ってのがわかる。
普通に怖いし、不気味
狂気を感じた。

そんぐらいグワーって持ってかれるんだから彼、すごい。


スピルバーグなんですねえ。
ジゴロ・ジョーの居るシティセット最高でした。首コキッてやるのカッコいい。

もし、キューブリックがそのまま監督してたらどーなったんだろう。🙄
(きっと、胃にガツンてくるな、、)


メカに人格があるってif。
今まで観たなかで、一番苦しいやつだった


愛なんてプログラムしちゃ駄目っすよ、、 
それが全てだなんてなってしまったら、逃げれられないじゃん、、と思いました。

最後の一日は切ない!!!

どんどん技術は進歩しますけども、
技術は正しく発展してほしいなと。
つくづく。

honmosuki

honmosukiの感想・評価

5.0
SFドラマ。近未来、愛情を感じ求めるまでに進化した子供ロボットが、人間になる方法を探求する。主人公ロボットの愛情を求める姿が切ない。ドラマチックなストーリーは面白いが、近未来の建物や小物などの描写も面白い。
non

nonの感想・評価

-
愛された1日だけを思い出に、AI少年はその後幸せに生きられるのだろうか?
不老不死は、人間にとってうらやましいほどのものなのに、AI少年はなぜか本物の人間になりたがる...。悲しい切ない
Takeru11

Takeru11の感想・評価

4.1
一度も観たことがなく期待せずに観たけど想像以上だった。
ヒューマンドラマかと思いきや突然ブレードランナーの世界になったり、怒涛の展開。
AIが今ほど身近にない時代の映画のため、多くの人に伝わるような配慮も各所で感じ取られるし、そういう意味でも時代を感じる。
ラストはイマイチだけど楽しめました!
モエ

モエの感想・評価

-
見ようみようと思って見てなかった。
前半がゆっくりすぎてしまって後半の部分走ってる。
ジゴロ・ジョー、かっこよすぎ アトラクション乗ってるみたいでこれが20年近く前に作られたって、今の最新の映像ってどうなっちゃってんの?疑問
最初の方のデイビッドが不気味すぎて最後まで感情移入できなかった……
長いんですけど、久しぶりに観たら引き込まれました。
ハーレイ・ジョエル・ オスメントが、愛くるし過ぎて、切なくなります。
愛情がプログラミング化されてしまったら、それはとてつも無い残酷なものになるでしょうね…。
TM

TMの感想・評価

5.0
愛することを義務付けられたロボットを誰も愛し返してはやらなかった。

もうね、中学生の時に父親がDVD借りてきて初めて見たかな。号泣してしまって。何回見ても泣いてしまう。
そのせいか今も人間に憧れるロボット、恋するロボット系が大好きで『アンドリューNDR114』とかもほんと好き。
ほんとこういうの胸に刺さる。無理。

近未来。愛をプログロムされ、絶対の愛を両親に誓う少年型ロボットが開発された。こどもの代替品として生まれたロボットはデイビッドと命名された。
親に選ばれたのは不治の病で息子を冷凍睡眠している夫婦だった。夫婦は始めこそデイビッドの存在を受け入れがたく思ったが、次第にそのまっすぐな愛情に絆されてしまう。
だが、実の息子に治療の目処が立ち、帰宅したことから状況は一変し……。

はい、もう泣いたー!
デイビッドは一度は手に入れた母親の愛を失い、ピノキオの童話を支えに、人間になる方法を探して旅に出る。いくら未来でもそんな方法は絶対ないのに……。
全てが万能で完璧という存在のイメージのロボットなのに、この物語に出てくるロボットは高性能なのに皆馬鹿で、そのアンバランスな人間らしさがたまらない。一番まともなロボット、幼児向けぬいぐるみのテディ説すらある。
登場人物は多くないけど、魅力的なので、わりと長めの映画だけど全くだれることなく見てられるのすごいと思う。未来の都市表現とかも格好いいし、面倒な移動シーンとかは一瞬で終わるし、メリハリがきいてていいんだよね。

ハッピーエンドで泣いてしまう系の話じゃなくて、ただただ悲しくて泣いてしまう系の話なので、好き嫌いは分かれるだろうなぁ。
私の旦那も途中でしけたらしく、えらく不満げに見てましたよ。
気分悪い!可哀想!って苛立ちが募る人もいるかも。でも、私はこのデイビッドだけが救われる誰も幸せになれない終わり方が好きなんだ。

人間にならなければ愛されないと、人間になりたがったデイビッド。彼の行動原則は、全て「愛されたい」に基づいている。
人間なら異常に思えるような、自分を捨てた親を愛し続けるその純粋さも、機械だから疑いなく見ていられる。プログラムだからこそその愛に偽りはなく、それがプログラムだからこそ、その愛に愛が返されることはないその非情さというか……。
泣いた。思い返してもまた泣いてしまう。なんでこんなに救いがないんだろう。
なんて説明すればいいのか分からないけど、こども目線で見るよりは、少し大人になってから見てほしい映画です。
あ

あの感想・評価

4.0
可哀想切ない
けど面白かった
またいつか見たい
人に勧めれる
>|