アンドリューNDR114の作品情報・感想・評価

「アンドリューNDR114」に投稿された感想・評価

アンドリュー!!!!!!!

2005年はこんな人型ロボットが…とか思ってたのかな。
アンドリューいつか悪いやつになっちゃうのだろうか…と思ってハラハラしながら見ていた。

心温まるロボット映画。

ロボットに仕事を奪われるってこの時代からのおはなしだったのね。
Takumi

Takumiの感想・評価

5.0
映画史上最も好きな一作。2000年代に入る前にできた映画なのに今見てもその古さを感じない。

"感動する映画が好きな人にとりあえず勧めとけば間違いない映画ランキング"⇨堂々の一位。
thebeatles

thebeatlesの感想・評価

4.1
後からじんわり感動して泣いてしまった。

こんなAIだったら愛おしい。
まる

まるの感想・評価

4.5
SFの名作。
こんなにボロボロ泣いたのはいつぶりだろう…アンドリューのような存在が現れて人類が諭される未来もそう遠くないのかも。
ずっと前に地上波で鑑賞しました。
ロボットが人間に近づけるように努力する物語。
これを鑑賞した時はまだ10代前半。
不老不死にちょっとした憧れを抱いていた時期でもありましたが、この映画を見て、考えが大きく変わりました。

長く生きるということは、その分大切な人との別れも多く経験することになる。
劇中でのアンドリューが登場人物との死に目に何度も会うのは、自分に置き換えるとかなり辛い。

だからこそラストで温かい感動が感じられます。非常に印象的な終わり方でした。また久しぶりに見たくなってきたなぁ。
ストーリー展開に疑問持ったところもあったけど、アンドロイドとかロボットの話は好きだ。アンドリューが人間に憧れて自由を求める。人間と恋をする。人間として死を迎えたいと願う。人間はそんなにいいかとも思うが感動した。ガラテアとダンスして暮らしたい
汐

汐の感想・評価

3.5
ロボットがそこまで人間に憧れることなんてあるだろうか、とぼんやり思いながら。
ロビン・ウィリアムズ良い。
ゆんこ

ゆんこの感想・評価

3.9
ロビンウィリアムズみて思い出した。小学生の時にすごく印象的やった映画。ロボットの時の姿は怖かったんだけど、ロボットが人を愛する心を持ち人間になり、本当の愛ってこうだなって教えてくれた映画でもある。
msh

mshの感想・評価

4.5
これが【愛】ってやつか・・・
何度も繰り返し見てますが、
いつもラストは、ハッピーと切なさが
混じったような。なんとも言えない気持ちになります。
ヌルい。この一言に尽きる。
「ロボットが人間に憧れる」というプロットはよくあるが、本作は余りにも人間アゲが強く、「人間の不完全さ」についての掘り下げが甘過ぎる。
何が気に入らないって、ハナから「ロボットは感情がないから悲しい存在」で「人間は感情を持っているから素晴らしい存在」と決めつけられているみたいで、なんだか凄く傲慢に感じた。
なので主人公がひたすら人間に憧れるのも、ロボットの存在を見限っているみたいに見えて嫌な感じだった。

あとこの映画で言及されている「人間の不完全さ」はせいぜい人間は寿命があるのが欠点だ、くらいのもんだった。
そうじゃなくて、感情を持っていて、それでいて自由だからこそ生まれる残酷さや不合理こそ「人間の不完全さ」だろう。
そこに目を向けずこの題材を描くというのは少々無理があるのではないか。

というかそもそもロボットのビジュアルが受け付けなかった。残念。
>|