アンドリューNDR114の作品情報・感想・評価・動画配信

「アンドリューNDR114」に投稿された感想・評価

aikido

aikidoの感想・評価

4.5
人間とは、生死とは、生きるとは何かと問いかけてきて色々考えさせられましたし、壮大なテーマを真っ正面から描いた内容に感動し、素晴らしい映画だなと思いました。
また、3世代に渡るアンドリューとの物語も感動的でテーマを語る上で効果的だと思いました。

改めてロビン・ウィリアムズは素晴らしい俳優で、もっと彼の演技を見たかったなと思う位、優しい笑顔と繊細な表現をしており、その凄さと存在感に圧倒されました。

リトルミスと結ばれるのかなと思っていましたが、ポーシャと結ばれる展開の方が感動的なので結果的に良かったです。

感動的なシーンがいくつかありますが、リトルミスとの別れのシーンがあのシーンだけで二人の思い出や絆の深さが伝わってくるので、感動的で短い時間ながらもしっかり感情移入出来て一番感動的でした。

ラストの主題歌も作品に合っていて素晴らしく、さらに映画の余韻に浸れて良い選曲でした。
なめこ

なめこの感想・評価

3.8
マーティン家に仕えるロボット「アンドリュー」
家族を世話するうちに、彼に感情が芽生える…
 
アンドリューが人間に近づいていく過程を通して、「ロボットと人間の境界線」や「老いて朽ちていくという人間の摂理」などのテーマを丁寧に描いていて、想像以上に深い映画だった。
 
映画評価基準
 
この映画が好きか 7
没入感 7
脚本 8
映像 8
キャスト 10
感情移入度 9
音楽 6
余韻 8
おすすめ度 7
何度も観たくなるか 6
 
計76点
yuitik

yuitikの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

不完全さが個性を作る
間違いを犯して自分を知る

アンドロイド映画初めてで色々と衝撃を受けた
確かに不老不死よりも愛している人の隣で天国にいけた方が幸せかもしれないと思った
AIが感情を持つ。そんな永遠かつ現実的テーマをロビンウィリアムスが演じたからよい。
リトルミスが死ぬまでは年月経つのが早すぎてあんまり感情移入できんかった。サムニールが死ぬとことかあっけなさすぎた。あとお姉ちゃんのグレっぷりには全く触れへんのはびっくり。
でも人間の身体を手に入れたところあたりから色んな感情が入ってくるようになってきた。
「物事は変化する、いつか必ず変わる」

「完璧でなく間違いをすることも大切なの……過ちを犯して自分という人間を知るの」

「いつ死ねるか、もっとはっきり」
「わからん、それが人間の寿命だ」

「見せたかった」
「見る必要がなかったのよ」

人間になるとこ、それは死を受け入れるということ。
レオ

レオの感想・評価

4.1
マーティン家にやってきた家事ロボット、アンドリューには、本来持つはずのない自我があった。一家の主、リチャードはアンドリューを尊重し、教育やビジネスの機会を与える。やがて様々なことを学んだアンドリューは数奇な運命を辿ることになる...というストーリーの SF「ヒューマン」ドラマ。

200年にもわたる壮大な物語の中で描かれるのは「人間」の素晴らしさや儚さであり、心温まりつつも時に切ない。

全体的に淡々と話が進むものの、アンドリューのキャラクターの良さやハイレベルな特殊メイクは見ていて飽きないものがある。最初の方のアンドリューはCG?アニマトロニクス?

劇中に印象に残る言葉が多いが、「過ちを犯して、自分を知る」のが人間、というポーシャの言葉が一番心に残った。

■共通項目
脚本:☆☆☆☆
映像:☆☆☆☆☆
音楽:☆☆☆☆
役者:☆☆☆☆☆
キャラクター:☆☆☆☆
オリジナリティ:☆☆☆
個人的好き度:☆☆☆☆

■ジャンル項目(SF、ロマンス、ドラマ)
泣ける度:☆☆☆☆
笑える度:☆☆☆
特殊メイク凄い度:☆☆☆☆☆
み

みの感想・評価

4.3
アンドリューが徐々に人間じみてくるのがよくわかって面白い。人間の顔をくれた博士が言っていた、外見のちょっとした欠点は個性だ!という言葉がいつも私を励ましてくれた。観ると温かい気持ちになれる映画。
面白かった!かなり万人受けというか、どんな方にでも勧められる作品だと思いました(といいつつ、一部の会話は家族で見ると若干気恥しいかもしれませんが…笑)。
クリス・コロンバス監督ということもあり、全体的にまとまりもテンポもよく、長めの作品ではありますが飽きずに観られました。

ロビン・ウィリアムズさんは以前から気になっていて好きな俳優さんでしたが、この作品での彼の演技も素晴らしかったです。ロボットから段々と「人間」になっていくということは、言葉にするのは簡単ですが、実際に演技として表現するというのはとても難しいことだと思います。それを繊細に、絶妙に表現しきっていたので、こちらにもアンドリューの気持ちがとても伝わってきましたし、笑えましたし、感動しました。

ストーリーも、アンドリューの人生の始まりから終わりまでを見事に描ききっていて、とても良かったです。彼の視点から描かれたことで、「人間」とはなんなのか、考えさせられもしました。何が人間を人間たらしめているんでしょう。自由?物理的な特徴?時間?間違い?不完全さ?死?それとも心?この映画の中では、死がもっとも象徴的なものとなっていたと思いますが、人によって「人間」の解釈は変わりそうなところが面白いなと感じました。年齢によっても感じ方が変わる作品だろうなと思いました。

ロボットというものに対して、あたたかく誠実に向き合った、いい作品でした。
なつこ

なつこの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

小さい頃すごい好きだった映画
ラストに自分も歳をとって自動的に止まるようにしてもらうとこ、素敵すぎる
ロビンウイリアムズ好きなので観ました。いや~、一言素晴らしい作品でした。自分ランキングで5本の指には間違いなく入ります。ロボットに人権はあるかをテーマで非常に深い。
ミー

ミーの感想・評価

3.4
アンドリュー!
C3POみたい
ロボットから人間へという新しいパターン
>|

あなたにおすすめの記事