ほんとうのピノッキオの作品情報・感想・評価

「ほんとうのピノッキオ」に投稿された感想・評価

これは本当のピノキオの物語を基に制作した映画だから、ディズニーとかのhappy endじゃなくて最後は恐ろしい終わり方だと思う。リアルは観ていてハラハラするから公開が楽しみ!
再見。やはり圧倒的な世界観でニュー・シネマ〜の子みたいに目を輝かせてこの時間がずっと続けと魅せられてる…クスッとしたり試練がエゲツないけど好奇心で本能のまま走りまわる姿に自分もそんな時があったんだなと微笑ましくなるし今度は見守る側として大人になったんだなとも思わされる。

『五日物語』でもそうだったけど相変わらず水中のシーンや絵画のような世界観がとても美しいです。繊細なまつ毛まで絵画のよう…フェアリー役の女の子が髪色も含めてめたくそかわいい。特殊メイクも違和感なくて素晴らしすぎる…次はどんなキャラクターが出てくるんだろうってワクワクします。

やっぱり字幕がないとわからない部分も多いので『ほんとうのピノッキオ』公開が楽しみです✨この美しすぎる世界観は大画面で絶対堪能したい…!それぞれお気に入りのキャラクターが必ずできるはず。ちなみにシーマン越えたよレベルの魚がめちゃめちゃきもちわるいです。


ここ最近では珍しいほど小人さんがいっぱい出てきます、好き。そのあたりもさすがガローネ監督だなと思う。あ、そういえばガローネ監督に共通する水の波紋のような不思議なBGMは今回なかったかも。


あと空耳だけど「助けてー!」が「あいよーどー!」に聞こえるんだけど、それがなんだかかわいくてロバに変えられてしまうシーンだったけど「あいよーどー!あいよーどー!」って子供が騒いでるのはかわいく感じてしまった。


しかしなぜいまになって公開することになったんだろう???当時リアルすぎて可愛くないきもちわるいってめっちゃ言われてた覚えがある(CGかと思ったら特殊メイクなのビックリ)んだけど待てど暮らせど公開しなくて海外盤買ったのに笑。きもちわるいけど絶対好きじゃん!好き好き!って性癖に刺さって楽しみにしてたんよ。

劇場公開がとても楽しみです。
日本版のBlu-rayも出たら買います♥︎
スチブ出るならそちらも買います♥︎
sonozy

sonozyの感想・評価

4.0
イタリアの児童文学「ピノッキオの冒険」を実写映画化したダークファンタジー。

貧しい木工職人ジェペット(ロベルト・ベニーニ)は、村にやってきた移動人形劇のトラックに並んでいた木の操り人形を見て、「ピノッキオ」と名付ける人形を作ってみたくなる。
親方からもらった丸太を彫っていくと心臓の鼓動が。彫り上がった人形に「Babbo(パパ)」という言葉を教えると話し出し、ジェペットは息子が出来た!と大喜び。
歩く練習をさせようとすると、教えるまでもなく元気に外へ駆け出していく。

一人戻ったピノッキオは暖炉の近くで眠ってしまい、膝から下を燃やしてしまう。
ジェペットが新たに脚を取り付け、学校に通わせるよう送っていくが、好奇心旺盛なピノッキオは、移動人形劇のテントの中へ。
舞台の上の操り人形たちから仲間だ!と見つけられたピノッキオは団長に捕らえられ、村から出てしまう。

ジェペットは息子代わりのピノッキオを何としても探そうとするが。。

ピノッキオは数々の奇妙な生き物に遭遇しながら奇想天外な冒険を繰り広げる。(それぞれのキャラが楽しい)
ピノッキオに忠告する100歳を超えた話すコオロギ。
ピノッキオを騙すキツネ男とネコ男。
ピノッキオを正しい方向に導く青い妖精(マリーヌ・ヴァクト)とカタツムリおばさん。
友だちになったトラブルメーカーのルシニョーロ。
ロバ(変身)。
巨大なサメとマグロ。

彩度を抑えた絵画のような美しい世界観。
ロベルト・ベニーニは老いても変わらぬいい味。
ピノッキオの特殊メイクもいい頃合いで、嘘をつくと伸びるピノッキオの鼻とキツツキも可愛い(ジャケ写)。

原作「ピノッキオの冒険」は読んだ事ないですが、かなり忠実に実写化されているのではないでしょうか。楽しめました。

Amazon Prime US

ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞: 美術賞、衣装賞、メイクアップ賞、ヘアスタイリスト賞、特殊視覚効果賞
イタリア映画批評家協会賞: 監督賞、助演男優賞、美術賞、衣装賞、編集賞、音響賞
qーp

qーpの感想・評価

3.9
【匹诺曹】2021年6月、劇場で。

ゼペット爺さん役は「ライフ・イズ・ビューティフル」のロベルト・ベニーニ。彼の姿を見るのはあれ以来で、想像通りの素敵な老け方。でもあの名作のすぐ後にベニーニがピノキオ役を演じた2002年の映画は「キモイ」と評判が良くない事を知り、未見なので俄然興味が沸く。

さて本作も苦手な人はいるようで。なるほどピノキオの木目調テクスチャーのフェイスや、他のキャラ造形も原因かしら。

サブカルクソ坊主だった頃に中野武蔵野ホールで観た「ピノキオ√964」に比べればまだまだ・・・ってアレと比べるのは違うか~。

ピノキオは「少年ティムロス」といった感じで可愛い。子役自身の素顔になるとちょっと予想と違ったけど。全体を通して凄く好みな世界観で、愛すべきキャラクターが多くて楽しめました。カタツムリおばちゃんの持ちネタによる新喜劇みたいなしつこいギャグも好き。少女時代が可愛い妖精の女の子、成長後ちょっと似たタイプの女優も綺麗。

元々原作は政治風刺をこめた作品らしくてその名残を感じます。125分と長いけどもっと見ていたかった!
どど丼

どど丼の感想・評価

3.9
第93回アカデミー賞強化月間(36本目)

2部門ノミネート。「キャッツ」の比じゃ無い人面人形Pinocchio爆誕……。とんだ不気味の谷現象ですがキャッツ同様慣れてしまえばこっちのもの。子供向けのほっこりファンタジーかと思いきやバチバチのカルトホラー。いやカルトホラーのつもりで作ってないと思うけど。

なんか知ってるピノキオと違うけど(おそらくディズニー版より原作に近い)、世界観からカオス具合から何からドンピシャで超好み!久々すぎるロベルト・ベニーニ、まさかのピノキオ作品2回目らしい笑。人間以外のキャラクター造形が全体的にトリッキーだけど、人面マグロで不覚にも爆笑してしまった。でも良い奴だったよ、人面マグロ。
eigadays

eigadaysの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

2019年のクリスマスにイタリア本国で公開された話題作。監督はマッテオ・ガローネ

カルロ・コッローディの原作を忠実に再現しようとした試みは評価しますが、肝心の映画としての盛り上がりにはことごとく欠けていました。

サクラ爺さんから、動く木を譲り受けてピノッキオを作るところから丁寧に物語を紡いでいます。

今の時代の映像技術で最初にピノッキオが登場した時には感動しました。が、すぐに慣れてしまいます。

ピノッキオの造形をリアルにし過ぎて、木の質感ばかりが目立ち、結局表情の少ない男の子の不幸話。

基本的にどのシーンも物悲しげに見えちゃうんです。それは感情を排除する方向に働き、映画全体が凄くドライな印象。

有名な鼻が伸びるシーンも、物語上のお約束としてだけの描き方で、見せ場にすらなりませんでした。

イノセンスを巡る裁判官とのやりとりの場面にこそ鼻が伸びるシーンが必要でした。

擬人化された狐と猫とのエピソードも淡々と描かれた為、印象が薄いです。

「最も愛された寓話の実写化」という宣伝文句に偽りはありませんが、マッテオ・ガローネが監督である意義が見出せない、平凡な映画でした。
CHEBUNBUN

CHEBUNBUNの感想・評価

5.0
【不気味の谷から狂気のチャラ男ピノキオ爆誕!】
皆さんは、『ピノキオ』をご存知だろうか?

カルロ・コッローディの童話でありディズニー映画にもなった名作だ。私は絵本レベルでしか知らないのですが、ピノキオっておじゃる丸におけるデンボポジションのキャラクターからめちゃくちゃ警告されているのに誘惑に負けて大惨事になっているイメージがあります。さて、今何故か『ピノキオ』の映画化に挑む人が増えている。ロバート・ゼメキスやギレルモ・デル・トロが製作している中、『五日物語-3つの王国と3人の女-』でファンタジーに目覚めたマッテオ・ガローネが一足早く完成させた。ピノキオを爆誕させるおじいさん役にはロベルト・ベニーニが配役されている。予告編を観る限り、ピノキオが気持ち悪いイメージしか持たなかったのですが、これが狂気の大傑作であった。なるほど、これは鬼才たちがこぞって映画化したがる訳だ。今回はネタバレなしで魅力について語っていきます。

昔々あるところに、ロベルト・ベニーニ演じるそれは頭の狂ったおじいさんがおりました。おじいさんは、木彫りに取り憑かれており、食堂に着くや否や、「机が傾いているぞ、扉もおかしいぞ」と喚き散らす有様。町人から白い目で見られています。彼はサーカスに来た木彫り人形を見て、「俺も最強の人形を作るぞ!」と息巻いている。

その頃、木材ショップでは店長が大層立派な丸太を斧で粉砕しようとしたところ、ズズズッ!と後ずさりし「ボクを殺さないでーーーーーー」と店長に圧をかけ始める。「ヤベェ丸太だな」と思った店長はそれを狂った木彫り爺さんに売りつける。そんなことと知らずに爺さんは、木彫り人形を完成すると、何故か心臓部分がバックンバックン動き始める。終いには「バブゥ」と語りかけるのだ。明らかにどうかしている状態にもかかわらず「俺に息子ができたぞー、皆の衆聞け」と深夜1時に町中の人々を起こし始め、早々にピノキオを学校に通わせようとするのだ。

マッテオ・ガローネは原作を忠実になぞりながらも、実写化という解像度を上げる作業で生じる不気味の谷の中で遊ぶことに全力を注いでいる。童話映画だから、エンターテイメントだからと妥協することなく、ヤン・シュヴァンクマイエルの作風を参考にしながらも監督の性癖、悪趣味の限界に挑戦している。

例えば、冒頭で小さな因果応報を描くことで本作の全体像を象徴させる場面がある。ピノキオは爆誕して早々、「あばよ」と爺さん置いて逃走する。家に帰ると、爺さんのことなど一切考えず寛ぎはじめる。竃に薪を入れはじめるのだが、木彫り人形のくせにやたらと竃に近い。これが伏線となっている。そこにコオロギが警告しに現れるのだが、「うるせー」とハンマーを投げつけ顔面に直撃するのだ。なんて暴力的なピノキオなんだと思っていると、次のシーンでは、彼の足が盛大に炎上している。これは善悪の概念がないピノキオがクズな性格によって今後も大惨事に見舞われることを暗示している。

折角、爺さんが「学校で勉強してきな」と教科書を渡して送り出したのに、秒で教科書を売却してサーカスに入り、悪徳サーカス主に捕まってしまう。サーカス主が鬼畜なのは明らかなのだが、ピノキオは頭が弱い。ピノキオはサーカス主に焚き火に突きつけられ「お前燃やすぞ」と言われ、嫌だーと叫ぶ。すると彼は「じゃあ代わりにこいつを燃やすか?」と言われ、「だったら俺を殺してくれ」と叫ぶとサーカス主が泣き始め「お前はいい人形だな。仲間だ。」と語る場面があるのですが、これは明らかにDV男やブラック企業経営者がやりがちな人を支配する術である。それにまんまと嵌り、その後も事あるごとに人に騙されていく。なんどもコオロギが警告するのに全力で無視していくところに頭が痛くなります。基本的に本作のピノキオは、イキって大惨事に遭うと甲高い声で「タスケテ」と言うドラえもんスタイルで進んでいくのですが、急に妖精にモテ始めるとスカした顔で「あん?お薬要らねぇよ」と言い始めたりするので、どこまでいってもクズだなと思う。だからこそ、終盤に説得力があります。

そんなクズ男のオデュッセイアなのですが、マッテオ・ガローネは様々な癖を盛り込み、王道の『ピノキオ』ながら全く飽きることがない。鼻が伸びる場面は、「どこまで伸びるかな?」と観客の期待に応えてくれ、さらには人口密集地フェチ、ケモナー、擬人化フェチと『メイドインアビス』さながらの多彩なフェチズムを発揮しており、これは今後『ふしぎの国のアリス』や『美女と野獣』の実写化も期待したいところでした。

上半期ベスト候補です。
独特の世界観でダークなピノキオなので小さなお子さんは見ない方が...独創的なビジュアルワールドが好きな方には興味深い作品だと思います。
マッテオ・ガローネがピノキオ実写化ってことでどんなものが出来たのか待ちきれずにUK版で観てしまった。

原作「ピノッキオの冒険」の映画化、話もおそらくそのままっぽいが、なにせ世界観と造形がエグ味あって良い。そのあたりはマッテオ・ガローネのピノキオとして期待通り。
子供にはちょっと気味悪いかな。

ゼベットじいさんが作った木の人形に命が宿る。そしてそのピノキオがひょんなことからいろいろなことを経験し、困難にも遭遇する。

ピノキオがもろに人間の小学生くらいの子供の姿残してて、顔もかわいいとエグ味の中間。なんと形容したらいいか😅

サメやらマグロやらはまるで人面魚だし、ダークファンタジー好きな人にはたまらない造形。

悪い大人(童話でもこんなに悪かったっけ?という感じ)と良い大人いろいろ関わりつつピノキオは願いを叶えることができるのか。
純粋ゆえなんでも鵜呑みにし本能的に動くピノキオがあぶなっかしくて、時々イラっとしたりもするのだけど、ゼベットおじさんとの絡みは温かいね。

超有名童話で良い話でも世界観が違うだけでだいぶダークになるものだな。

そういえば童話って見方によっては残酷だしね。

面白かった。好きなやつです。
glico

glicoの感想・評価

3.0
タイのバンコクにて観賞。

人面魚怖かったーーー(笑)。
ピノキオって、こんな怖い話だったんだねー。
>|

あなたにおすすめの記事