マジンガーZ対ドクターヘルの作品情報・感想・評価

「マジンガーZ対ドクターヘル」に投稿された感想・評価

Dr.ヘルにより盗まれた超合金Zを悪用されて造られた機械獣バルモスQ7との手強い戦い。

マジンガーZのテレビ放送も折り返しを過ぎた地点の話で、甲児くんも、さやかさんをじゃじゃ馬、ボスをマンモスゴリラ!と罵るほどの仲。
あしゅら男爵とブロッケン伯爵の内輪揉めも定番と化している。

スクランダーカッターが大活躍。
アフロダイAのオッパイミサイルが復活しなかったり、ボスボロットの顔に変な回転癖がついたりと小技が仕込んである。両ロボットも大活躍で内容の濃い回。

サブタイトルがデカデカと登場し映画の迫力満点だが、テレビ版を無理矢理上下トリミングしていて、画面のバランスが悪いのが難点。

■1974年3月16日封切り『東映まんがまつり』より
■上映時間/25分
■同時上映作品/『きかんしゃやえもん D51の大冒険』『飛び出す立体映画 イナズマン』他
■備考/テレビ放送第57話「Dr.ヘル日本占領」のブローアップ版
(下記解説書より)

【初回】
2012.12.21 発売
東映ビデオ MAZINGER THE MOVIE Blu-ray 1973~1976 Bonus discより

【2回目】
2021.08.10
TVシリーズ57話「Dr.ヘル日本占領」ブローアップ版だそうです。ピンチの描き方が良く、見る側もハラハラしますが、解決する時はあっという間に描かれてしまうのが、放映当時の時代を反映して面白いです。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.2
テレビ第57話“Drヘル日本占領!!”のブローアップ版。

まず、56話で“超合金Z”なる物質が地下帝国に略奪されていることが前提の話。
前回物語の戦闘のミスで、甲児とさやかが喧嘩状態。さやかのことを足手まとい呼ばわりする甲児。
血気盛んに単身マジンガーで戦う甲児だが、敵の策略にハマり捕まってしまう。

超合金Zで作られた、機械獣バルモスQ7を従え光子力研究所を襲う鉄仮面軍団と鉄十字軍団。
地下帝国側で、幹部のアシュラ男爵とブロッケン伯爵の権力争いが垣間みれる。先に手柄を得たい両者。
研究所もいよいよ陥落されそうで、弓博士はなんと拳銃自殺を図ろうとする。嘘う!?未遂でもそんなシーンを!?

さやかとボスは、アフロダイとボスボロットで迎え撃つ。雑兵はコテンパンにやっつける。巨大ロボットが人間の兵士を打ちのめすのだから痛快だ(笑)しかも、さやかが程々に口が悪いんだよな。「ええ?おい?」と詰め寄る様は極妻みたいだぞ。

しかし機械獣には勝てず。脱出して来たマジンガーも苦戦!
機械獣バルモスQ7が超合金Zで作られているのに、頭は超合金Z未使用という弱点を残す残念構造。

さやかの口の悪さが一番見所な話。

あなたにおすすめの記事