欲しがり奈々ちゃん ひとくち、ちょうだいの作品情報・感想・評価・動画配信

『欲しがり奈々ちゃん ひとくち、ちょうだい』に投稿された感想・評価

k

kの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

主演の架乃ゆらすごい演技良かった!

AV女優独特の演技が苦手やけど、やっぱ城定監督っていうのもあってか普通に見れた。

もちろん覚悟はしてたけど、ラブシーン多すぎる^ ^;
愛なのに、でも出てきた水槽のラブホテルは何気に嬉しかった。

「なんとかやっていきます」は笑った。
アルプススタンド、猫は逃げた、同様の回想シーンがクセになる。
終始のほほんとしてて重くないから、この監督が撮る作品は何も考えずに見てられる。
「アルプススタンドのはしの方」「ビリーバーズ」等の城定秀夫 監督、編集
「ひらいて」等の首藤凜 脚本



学生の奈々ちゃん(架乃ゆら)
小さい頃から彼女は「人が食べているもの」が素敵に見えた
それは大きくなっても変わらずに友達と食事をすると「ひとくち、ちょうだい」が口癖のようになっていた
食べ物に関わらず魅力的に物もちょっと借りてみたい
そして魅力的に見える男性も誰かを真剣に愛している人であるからこそ一口味わってみたくなるのだった。。






以下ネタバレ


他人の物だと次々とモーレツに欲しくなる奈々ちゃん🐄困ったものです😁


劇場に掛けられたところ好評で「扉を閉めた女教師」と2本立てで全国で公開された監督お得意のピンク・コメディ💕

城定監督は「アルプススタンド」から気に入っている監督☺️
職人気質なので撮影もササっとこなす
この作品も撮影期間3日だとか😮
作品数も多く100本はあるよう。。😅
これまたコツコツ観ていきたいと思います😀


ラストの不倫相手の店長のセリフ軽く切なく哀愁がある
「何とかやっていきま~す」😁




そういえばマツタクも最近元カノに2股食らっていた事実を7年経って知りました😅
その話はまた今度😆



昨日乗って頂いたグンマーのお客様に本日貸切6時間頂きました🚖
下鴨神社→上賀茂神社→三千院→寂光院☺️
稼ぎ時、頑張ってきます😀

なので明け方、早めのレビュー😁
これから洗車で出発に備えます🚕
yosi

yosiの感想・評価

-
雰囲気は良い。
けどセックスが長げ〜〜〜。

架乃ゆらの演技が思ってた以上に良い。
けどおっさんが泣くシーンが長げ〜〜〜。
見てる側は誰一人おっさんが情けなく泣くシーンなんて見たくないよ。

日本の腐れドラマよりは全然良かったけど、濡れ場の見せ方ってもっとやりようがあるんじゃないのかな。
それは俺がピンク映画に理解がないから?
ピンク映画百戦錬磨の城定監督にいうのは違うか。

コンビニのヤンキーバイトや奈々の元カレがただのコメディ要員じゃなく、物語にしっかり絡んでくるのも良かった。
周囲の人たちの評価が気になって鑑賞。

こんなに激ヤバではないとしても、人のものだからこそジェラシーが湧いて好きになってしまうなんて女の人、知り合いにまぁ居ますね。こういう女は。

ネタバレは避けることにしますが、もう、やっぱ脚本の人がすごいのか。全く先の流れが予想できない。もうあんな人いたら狂気すぎて、変態なのか恋愛なのかわかんねえや。

奈々ちゃん役の方はしっかりエロい。

コンビニのヤンキーっぽい兄ちゃんが割とコメディ要因で好きだった。わかるよ、フェイスチェンジ大変だよね。(アルバイト経験者かく語りき)ウォークインにエッチ現場観にこなかったのは流石。

奈々ちゃんの性格自体の変容を描く話なんだなぁとラストまで見て感じた。

離婚アニキどんまいっす。

撮り方的にはチープな感じはあったけど、定点で捉えるべきところを捉えてるなという感じ。廃棄の弁当食いながらのラジオ、そんであの会話っていうラストがかなり好みでこの評価。
saodake

saodakeの感想・評価

4.0
こりゃ良い映画だったな〜
城定監督得意の視点の入れ替えが今作でも炸裂。
奈々ちゃんの成長と店長との関係性がほのぼの良いかんじ。もっとこの二人の会話を見ていたくなったな。
明日も頑張って生きていこうと思えるような映画。
tk33220

tk33220の感想・評価

3.5
前職の不倫相手との追いかけっこが単なるアクションを求めてのものになっていたり、二度目の逃走のあと、公園で水風船を気に投げつけるアクションと並行して過去回想を片付けてしまうスマートさが面白い。
イワシ

イワシの感想・評価

4.1
人の男に手を出し追われ逃げる架乃ゆらが守屋文雄を捜索、追求、先導する後半の展開が滅法面白い。架乃ゆらの奪うという行動原理が具体的なアクションとして展開されるにつれ、他のキャラクターもつられて動かざるをえなくなる。そのよくなアクションの主要な舞台となる海辺の桟橋のロケーションも抜群。
2022-203本目

ポルノ映画とピンク映画ってちかうんですって。今作はどちらになるのだろう?

あまり見ないジャンルなので、落ち着かない感じで視聴。濡れ場のシーンの長さと音(ぺちゃぺちゃいう感じ)が苦手だったのですが、ストーリーパートはゆる〜いコメディで、ほのぼのした気持ちになれます。

このジャンル特有の、見ててなんだかちょっと後ろめたい感じ(こういうのを背徳感って言うのだろうか?)や独特の緊張感を感じつつ、作品全体のオフビート感とあわさって、なんだか不思議な気持ちになりました。

元店長さんと結ばれる最後はなぜか爽やかな気持ちになれる作品でした。
藤見実

藤見実の感想・評価

5.0
城定作品の中で一番神代に近い、のかもしれない。「なんとかやっていきます!」
AV女優が主演のコッチ系の映画にしてはかなり作りもしっかりしていて、主演の子は演技も普通に上手くてよかった。
流石に監督も脚本も名前が通ってる人だとクオリティは高い。
日曜日の朝とかに家族で見るのにおすすめ。
>|

あなたにおすすめの記事