接吻の作品情報・感想・評価

「接吻」に投稿された感想・評価

lag

lagの感想・評価

4.8
声の色。音の高さ。話す速さ。引き攣り。視線。報道関係者。察する。ひとり。笑みを浮かべる。反応を示す。鮮やかなまま口を移す。同じに見えただけ。私は君とは違う。救われたと感じたのは嘘じゃない。罰を受けるのは罪があるから。

裏切るも何も一度も仲間だとは言っていない。自分でも分からない。夢中になれる幸せ。生存確認。心配している。条件付きの愛情。全て完璧。謙遜と自己主張。勝手にそう思い込んだだけ。たまたまその機会に決壊しただけ。私しかその場に居ないから。酷く怯えてる。昨夜眠れずに。最後に言われたごめんなさい。触れられることへの拒絶。それしか手段がなかった。道路を歩いていた。通路を進んでいた。連れていけない。もう届かない。

反響する音。伸びる手。紙を切るはさみ。ろうそくの火。多摩川河川敷。西東京拘置所。引き裂くような弦楽が耳にこびりつく。他人を殺した。なにもいわない。
oba

obaの感想・評価

3.5
随分、前に観た映画。
今だにハッピバースデートゥユー♪聴くと 豊川悦司が頭に浮かぶ…
ソ

ソの感想・評価

4.8
怖すぎ。トヨエツも凄かったけど、小池栄子はとんでもない役者なんやな。
いやあ恐ろしい邦画。凄い。

今まで観た邦画の中ではダントツで優れとる。カメラワークやその他映画的なことが分かるようになったらもう一回観よう。けど怖すぎてもうあんまり観たくないな・・・。
あのこ

あのこの感想・評価

4.0
小池栄子の怪演。ぽたぽたと綺麗な涙をこぼす京子が印象的だった。冒頭のシーンぞっとする〜湿っぽく地味だけど飽きなかったです。ラストは殺して自分も自殺じゃないかと思ってたらいい意味で裏切られたし、色んな解釈の仕方があるけど人間の心は分からない。わざとではなく自然と行動に出てしまった様に見えた。罪を感じない人はよっぽどたちが悪い。あんなハッピーバースデイは怖いです。うまく生きれない、奥底から込み上げてくる静かな狂気。
dude

dudeの感想・評価

3.8
豊川悦司逮捕までの一連の絵面(巨大団地、線路沿いのアパート)に夢がある。法律事務所の階段も良い。

このレビューはネタバレを含みます

主人公の女性が凶悪犯罪者に強い理解を感じ、やがて結婚をし、しかし彼が死刑判決の控訴を決めたことを受け、彼を殺そうとする。という意味の分からぬ話を、これだけ丁寧に描くことで理屈づけるこの映画の凄さよ。
あくまで理解できない世界が、「自殺しそうと言われるってどういうことか分かります?」などという局面局面で次第に理解できないこともないんじゃないかと思えてくる不思議さ。
最後に何かしらで殺すんだろうなとは思っていた。しかし弁護士に接吻するというのは何故なのか。ユダがキリストを銀貨で売って死刑にさせたとき、最後接吻をしたというが、人は愛と憎しみの微妙な隙間で生きているのだろうか。
ふと自分はどっちなんだろうかと思ってしまう。この映画は凄く純愛だと思えたし、こうなる前に会いたかったという坂口の気持ちも本当だろうし君には死んで欲しくないというのも本当なんだろう。犯罪者としてサイコに見られていた坂口が次第にいやむしろまともなんじゃないかと思えてくる。世の中はこうあれと度々圧力を加えてくる。そうあれない人たちにとってそれは苦痛だし、戦争だと思ってしまう人もいるかもしれない。でもそれは理解が足りてないことなのかもしれない。そのやり方に無理があると思っても、そういうやり方でしか生きられない人もいるわけで。リアルに言えば冷酷にそれを無視し続けてしまっている人が一番たちが悪く、あの兄のような生き方で自分は生きてしまっているのかもしれない、などとふと感じた。
 約10年ぶりの再鑑賞。とても奇妙な三角関係。「物語とは関係性の変化である」と言う万田監督らしく話の肝はそこにある。
 また手のカットが印象的に使われている。何かを握りつぶす時、手紙を書くとき、相手に触れるときや傷つけるとき。人は手を介して物事に関わっていくことがよく分かる。
 本作では通常の会話中の動きとは異なる動きをしながら登場人物は会話をする。やけに振り返る動作が多かったり、話しながら歩き出す。これも特徴的。
 3人の中で1番人生を動かされてしまったのは中村トオルのように思える。
メモ
TVのフレームに対してカウンターキッチンの枠もフレームとして働き境界線が曖昧になる?
面会室での仕切り
あちら側の彼とこちら側の私?
Asuka

Asukaの感想・評価

-
小池栄子がニチャアって笑うのが終始怖かった。

「運が悪いって何なんだろうってよく考えるんです、生まれ育った環境のことを言ってるんじゃないんです」
「自殺しそうだって思われることが、どういうことなのか分かりますか」

この映画に自分の生活と性格を投影するなら、菜々緒の下位互換のような嫌な同僚だね
小池栄子はちょっとイッちゃってる人をやらせたら上手いなぁ。
記者に囲まれて、ニャ〜っと笑って見せるところなんかスゲー好き。
>|