アナザヘヴンの作品情報・感想・評価

「アナザヘヴン」に投稿された感想・評価

LUNA SEA のgravityのエンディングを聴くために鑑賞
設定好きだけどドラマ向きに思える
S

Sの感想・評価

2.5
まあ古いから仕方ないんだろうけど。
ただの猟奇殺人鬼追う話にした方がおもしろかったと思います。
最後あれ助けようとしようよとか。
面白い部分ともったいない部分の差がすごい
jonajona

jonajonaの感想・評価

3.7
東京。人の脳みそを抜き取る猟奇殺人が発生。刑事の江口洋介は捜査に当たるが追えば追うほど犯人像は異形のものに近づくばかりで…?

面白かった。どういうジャンルの映画かわからない前半のライド感がけっこうワクワクさせられた。何を見せられてるんだこの変態、という。原田芳雄のベテラン刑事っぷりがかっこいい。

後半は少し情緒に流れすぎてかったるい。ジャンルも最後までわからず犯人の正体不明の方が面白いなぁって思った。
とにかく柏原崇がエロカッコいいのです。
え、もう18年前なの…!?
劇場公開当時、結構好きな作品でした。ただし、映画ヒドゥンのスピーディな展開に比べると本作は大分マッタリしていたので、ちょっと不満も。

18年後再見。
うーん、かなり良い。展開は知ってしまってるからマッタリ感は、もうそんなに気にならない。ツッコミ所はかなりあるものの、犯人の動機を知ってからみると、話のツジツマが結構合ってるのが判る。
市川実和子も松雪泰子もあんま好きじゃないけど、二人ともなぜかメチャメチャ美しく見えてしまう。
屋上のアクションシークエンスも最高。

欲を言えば江口洋介より、飛鷹さんをもっと観たかった。
書庫番

書庫番の感想・評価

3.0
2004年3月21日 地上波放送にて視聴。

『ヒドゥン』を彷彿させるような設定のSFホラー。
原作小説の飯田譲治が監督も務める。

地上波なのでグロ描写や江口洋介と柏原崇のキスシーンはカット。
映画公開時は大掛かりなメディアミックス展開をしており、大沢たかお主演のドラマ版も視ていた(が正直、つまらなすぎた)記憶があるので、興味はあったと思うのだが結局、作品の感想は可もなく不可もなくというところ。
ryo

ryoの感想・評価

5.0
いやこれなかなか面白い!!
てか結構面白い!!

ただ、最初の料理系の殺人は後半どうでもよくなる
てか忘れ去られてるwww

でも面白かった!
江口洋介はイケメンだわ、松雪泰子は美しすぎるわでもうもう
ごちそうさまです。
angie

angieの感想・評価

3.3
この年代の音楽×ファッション+超能力?SF?の組み合わせが最高
ka28mar

ka28marの感想・評価

2.3
飯田譲冶:原作+監督

ゲル状「ナニカ」・・・脳に寄生
猟奇的殺人

[NF-H]

市川美和子>松雪泰子
ミ

ミの感想・評価

3.0
昔に見た脳みそのシーンが印象的でずっと記憶に残ってる
そんなに前の映画だったのか…
犯人の正体が未だにミステリアスだな
>|