疑惑の作品情報・感想・評価・動画配信

「疑惑」に投稿された感想・評価

c

cの感想・評価

4.1
最高 桃井かおりが出てる昔の映画を初めて見たわけなんだけど、序盤の記者と警察に喧嘩売ってるあたりで女優としての桃井かおりもくまこも大好きになったしこの映画が傑作だと確信した 対照的な2人の強い女がひたすらかっこいい
しおり

しおりの感想・評価

3.6
タバコに男だらけの刑事と記者の昭和感満載の映画でした。
それでも女は強い。
K

Kの感想・評価

4.0
昭和の女の身のこなしとか刑務所の壁とか小道具とかキャストの顔ぶれ…懐かしく感じるものがたくさん。写真家の下村一喜がこの映画の桃井かおり×岩下志麻のシーンを真似てたのをTVで見て以来、観たいと思ってた映画。
Atari

Atariの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

出てくる人全員存在感が強いが、
岩下志麻と桃井かおりは圧倒的。
強者と強者の競演(狂演)だった。

こんなに腹立つ主役はなかなか
いないな。

2020#151
keiko

keikoの感想・評価

5.0
法廷に出た途端に怒られちゃう息子かわいそうすぎて笑えてしまった…
桃井かおりのやんちゃっぷりと岩下志麻の強い女最高。
クラブのママの証言シーンも最高です。
ゐ

ゐの感想・評価

-
前科4犯、動機も十分、でも証拠だけがない夫殺しの裁判。桃井かおりの淡々とした低いトーンの声、すっごい怠そうに聞こえてめちゃくちゃ自然なんだよなぁ。裁判だろうとなんだろうと、予定調和を崩すように口を出す、どこまでも自分本位な女。真相は予想できなくもないけど、もはや有罪無罪の範疇を超えて面白く、最後まで白熱した裁判だった。
(ネタバレ一切なし)
この映画に対する持論や不満点は、ブログに記載しております。
https://pottereiga.com/?p=2419 ← タップで記事に飛べます。

それでは早速、「疑惑」の感想について結論から述べていきたいと思います。

一昔前の法廷サスペンス映画でしたが全く色褪せておらず、とても楽しんで最後まで鑑賞することが出来ました。終始薄気味悪い雰囲気が映画全体に漂っており、この独特の雰囲気も込みでかなり良かったと思います。

という感じですね。「高評価の邦画を観たい」という思いだけで"適当に"この映画を鑑賞してみることにしたのですが、期待を良い方向に裏切ってくれました。

まず、主演を務めている"桃井かおりさん"についてなのですが、もうなんか「凄い」という言葉しか出てこないです。

「幸福の黄色いハンカチ」でも思いましたが、桃井かおりさんの演技がかなりクセになってしまいますし、気が付いたらモノマネをしてしまうほど脳裏にべったりと焼き付いてしまうんですよね。

それから"岩下志麻さん"の演技も素晴らしくて、思わず縮み上がりそうでしたし、今現在でも本当にお美しいですよね。

このお二人は何度も日本アカデミー賞で受賞歴があるそうなのですが、この抜群の演技力を見せつけられたら、「勝てない」と思わざるを得ませんね。

まだこの映画を鑑賞したことが無いという方は、是非鑑賞してみてはいかがでしょうか。
黒猫式

黒猫式の感想・評価

4.5
松本清張×野村芳太郎の良質な法廷サスペンス。
マスゴミ&警察や世論のヘイトを一身に集めまくる毒婦な容疑者に最適化過ぎる桃井かおりと論理の極みで私生活は破綻気味の有能弁護士の岩下志摩のツーショットが強すぎます♪
桃井かおりと岩下志麻。嫌な女と強い女。物語の大半は、殺人を犯す動機だらけしかない嫌な女、感情的でヒステリックな女を巡る殺人罪か無罪かの真偽の追及に焦点が絞られていくのだけれども、本作の魅力はそのミステリーやサスペンス以上に、メインキャストである桃井かおりと岩下志麻、被告人と弁護士のコンビがなんとも魅力的過ぎる。

しかし、魅力的といっても、良い意味で… という意味ではなく、どちらも、どちらかといえば、悪い意味、悪い役柄、悪い性格、あまりお近づきになりたいとは思わないけれども、けれども、それ以上に魅力的な二人。

片や感情的で太々しく、皮肉的で、いかにも嫌な女。片やツンケンした態度にズバッとした物言い、人情的な善悪に流されない毅然とした態度。

この強烈な二人のコンビが、感情的には互いに反発しあって嫌いあってるのに、論理的に無実の獲得を目指していくという構図がなんとも面白い。

物語の結末は、一般的な道徳観や論理感で捉えれば、とても胸糞の悪いものなのだけれども、この二人組が、互いに反発しあい、協力し合った結果、ある結末を二人で掴み取った上でも仲が悪く、けれどもお互いと完全に縁を切ろうというわけでもなく、嫌い合いながらも、お互いをどこか認めているかのような、奇妙な友情のような関係性がなんとも嫌いにはなれない。

嫌な女が、胸糞の悪い嫌な笑みを浮かべる。でも、それ以上に、魅力的な役柄を演じた、桃井かおりと岩下志麻がとても素晴らしい。
rinky

rinkyの感想・評価

5.0

桃井かおりが最初から最後まで悪女というか女から見て嫌な女感が凄い。そしてその中でたまに見せる不安そうな顔にこれは男がグッとくるわとなった。桃井かおりの演技力に引き込まれる。当時31歳であの貫禄。球磨子と律子、二人の孤独な女性の対比も素晴らしい。いつでも気丈な律子の真っ白なスーツをワインで汚せるのは球磨子だけ。
>|