女系家族の作品情報・感想・評価

女系家族1963年製作の映画)

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.9

「女系家族」に投稿された感想・評価

若尾文子の恨みに火がついた瞬間の表情がこわい。静かに強く内面が変化したことがわかる。
山崎豊子原作、三隈監督の若尾文子・京マチ子など主演のドラマ。 
さすが山崎豊子原作だけあって面白い。遺産相続に関する人間関係の表面的なやりとり、裏取引が上手く描かれている。 
「むきだしにされた女の欲望と執念」が凄まじい。 
また、本作でとりわけ印象的なのは、番頭役の中村雁次郎である。この番頭頭という立場を利用して、私服を肥やす人間のズルさを巧みに表現しており、都合が悪くなると「突然、耳が遠くなる」演技は爆笑ものである。
大映のカラー作品で、画面も綺麗、また画面構図も素晴らしい。
fuo

fuoの感想・評価

3.8
鑑賞後、どっと疲れました。。
何より、嫌らしい人間が多く登場します。

プライドや金の亡者の思惑など、山崎豊子の描いたものが目に見えるようでした。

個人的には高田美和演じる雛子が救い…
前回借りて見ずに返してしまったので今回こそはと見ましたが、なんで見なかったかなってくらい、面白かったです。

遺産相続から始まる三姉妹のゴタゴタに、番頭やら故人の愛人やらが絡んでドロドロやる話で、それだけ見てても面白いんですが、一円でも多く取ろうと動く各陣営の様子は、まあ面白いです。
特に、欲はあるけど知識がない長女の相談役の田宮二郎と、裏でこそこそ立ち回る番頭の中村鴈治郎は、それぞれ違ったタヌキっぷりで、楽しかったです。
女たちの欲は、あんたら恥ずかしくないんかという域まで行動をエスカレートさせ、欲にまみれた人間の醜さを存分に見せてくれますが、行き過ぎが逆にコミカルに見えてきたりして。
見てて面白いぐらいのドロドロ加減というあたりが、なんとも絶妙にバランスとってあるなあと思わされました。
昔の映画も見てみるもんです。

そういえば、作品の中で動いている若尾文子を見るのは初めてでしたが、えらいキレイで色っぽくて、見とれました。
今までは静止画でしか見たことがなく、それほどの美人とも思わなかったのですが、これも有意義な発見でした。
他の出演作にも触れてみたいです。
忍

忍の感想・評価

-
危ない…関西の人がすごく嫌いになりかねないほどのインパクト…
「遺産わけはフェアプレーでいきまひょ!」

勝手にコミカルなやつを期待して借りたけど、犬神家ばりの先代の臨終、遺言状の朗読、妾の発覚で三人姉妹+おばが敵対したり結託したり。加えて遺言執行者の番頭が裏で表でコソコソコソコソしよってからに。

そしてまだまだ物語は続きますさかい、たいそう面白い映画どすえ。財産評価の勉強にもなったし、北林谷栄の入浴シーンも見れたし。

中村鴈治郎を初めて知った。見る人が見れば彼が出てきた瞬間に曲者と判断するのであろうが、初見だったもので番頭宇一つぁんを信頼しきっていた(ので、その信頼が裏切られた時は爽快)
EBI

EBIの感想・評価

5.0
まじおもろ♪♪
若尾文子より京マチ子を応援したい気持ちで観ていました。
昔の映画ですが、最後は、すっきりさっぱりきりましたね。若尾文子がいさぎよいね!

最初は、ドロドロ物でしたが、スッキリしました。よくわからない俳優さんが多かった💦
akilla

akillaの感想・評価

3.3
山崎豊子先生のストーリーの深さゆえにドラマの方が奥行きが出ますね
睨みつけるような目の3人の女たちと毅然とした表情の中央の女。
このジャケ写真こそが、この作品を物語ってます。
若尾文子さまがとても美しいです🌸