ヘルボーイの作品情報・感想・評価

「ヘルボーイ」に投稿された感想・評価

Soichfork

Soichforkの感想・評価

3.0
ギレルモ・デルトロならではのクリーチャーたちがたくさん!それぞれのキャラクターにワクワクしたが、ストーリーが…ストーリーが…特に後半…むむむ…自分にはハマりませんでした。ややB級感強め。
特殊メイクやモンスター造形は「パンズ・ラビリンス」の目が手のひらにあるやつ、「パシフィック・リム」のKAIJU、「シェイプ・オブ・ウォーター」の半魚人を予期させる素晴らしい出来。でもヘルボーイ自身は髪型まで考えるとギャレス・ベイルにしか見えなかった。
 物語的には、あまりに敵のしたかったことのスケールと比較するとラスボスとの決着のつけ方があっさりしすぎてるいる。っていうかヘルボーイ自体の能力はとある鍵であること以外は結局なんだったのか。炎を操る女性と捜査官とのアレコレに嫉妬するヘルボーイは中学生にしか見えないのである意味萌えではあったが、その設定は必要だったのか、なんてのも含めて疑問。ただ、こういったところは原作ファンへのサービス的な側面かもしれないのでそこまで大きな減点とはならないかな。
ザ・アメコミ

怪物(悪魔)が主人公
秘密組織に入り陰ながら人のために戦う

主人公がわがままというか尖ってるのが特徴ぐらい
あと、ヒロイン可愛い
犬

犬の感想・評価

3.6
人生

ナチスによって地獄から召喚された異形ヘルボーイが、水棲人間や人体自然発火能力を持つ美女と協力し、ロシアの怪僧ラスプーチンの野望を阻止するため活躍する

ギレルモ・デル・トロ監督が惚れ込んだコミック「ヘルボーイ」を映画化

世界観

見応えありました

ダークな感じ
アクション、映像がスゴい

モンスターが多数登場
半魚人も

ロン・パールマンが良いです
デルトロ監督の異型のものへの愛が詰まった1作。リブート版も楽しみ。

オーソドックスなヒーロー映画にデルトロ風味がちょい足しされた感じ。

毒々しくも美しいビジュアルはさすが。
半魚人やギョロ目の怪人など、後のデルトロ映画の源流をみることができる。

「エレファントマン」のジョン・ハートがヘルボーイの父親役を演じているのが良いね。

同じく聖書ベースのダークヒーローなら「コンスタンティン」の方が面白いかな。
リズが部屋に入ってきたとき、気づいてすぐ立ち上がるヘルボーイが可愛い
キャラクターはそれぞれ個性的で面白いけど、ストーリー自体は盛り上がりに欠ける。
ヘルボーイ、ボーイというかおじさんだった。ジャニーズに於ける少年隊のような感じなのか。(どうでもいい感想。)

『シェイプ・オブ・ウォーター』を思わせる “彼” が、かなりいい味出してた。
ギルレモ・デルトロ作品では顔が裂けちゃう場面の印象があったけど、この作品は無かった。

ヘルボーイの髪型、ちょんまげ?力士?だったのが面白かった。
後、赤の効果か見終わってから辛いものが食べたくなったよね。
Giokoso

Giokosoの感想・評価

-
半魚人いいキャラしてるし、
セルマブレアがほんと綺麗、、
心穏やかにみれるアクション映画よき
>|