ヘルボーイの作品情報・感想・評価・動画配信

「ヘルボーイ」に投稿された感想・評価

怪優ロン・パールマン主演の異色作。
アメコミベースの物語だが実にしっくり
世界観が完成している。
登場するキャラがとっても魅力的。
ナチスの仮面の男も悪役としてカッコいい!
これですよ、でかい銃をぶっ放しクリーチャーを
叩きのめす爽快感!

腕力最強だけど幼児のような精神性。ヘルボーイは
父親の愛とリズへの愛で成立してるんだね。
そこがまた可愛いじゃないですか。
普通に嫉妬したりwww
出生の秘密とか続編への下ごしらえだろうけど
文句なく楽しい作品でした。
安定のギレルモ産クリーチャー、どこまで原作通りなんだろ。

赤くておでこに大根乗せたおじさん(メンヘラ)と魚人と炎を出す美女の魔物退治

だいぶご都合主義で脚本粗いけどキャラ造形が良いので個人的評価は高め!

特に敵キャラのクロエネン。最近だとチェンソーマンのサムライソードの元ネタになったりしてますが、いやーかっちょいい!!!全男子好きだよこんなん。

他にもラストのクトゥルフ感あるクリーチャーとか良かったー、倒し方はもう百回くらい見た倒し方だったけどね。
ちぇん

ちぇんの感想・評価

3.5
HB可愛いかよ。

ギレルモならではのクリーチャーの容貌。

ストーリーは可もなく不可もなく。
コバ

コバの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

これまたびっくりシェイプオブウォーターの彼みたいのがいらっしゃる!!!
さすが。。味方も敵も幻想生物の色気が半端ない

発火能力、存在を忘れてた頃に有効活用されるのが良かった
キャラクターそれぞれビジュアルも性格も考えてることも違うので、漫画みたいでワクワクしますた。砂袋ぜんまい仕かけとか天才か…

キャラ立ちが凄いので多少緊張感が低くても楽しく見ていられます。
結局ヘルボーイは特殊能力は特にない感じですよね、怪力ってだけで政府に飼われてるのなんだか可哀想だったり。
はるき

はるきの感想・評価

3.8
始まりがデル・トロ全開。
人間以外を人間らしく表現する天才。
ブルー好き。
Dmad

Dmadの感想・評価

3.6
やはりデルトロ監督は異形なクリーチャーの造形にこだわるだけでなく、命を吹き込める男なんだなと実感できる。

はじめはギョッとする絵作りなんだけども、観終わる頃にはその世界観に完全に飲まれていて人ではないものにも感情移入できる。

その作家性がヘルボーイという作品との親和性がかなりあったんだなと思った。

アクションシーンも面白く、特に刀トンファーのヴィランの戦闘は万人が喜べるものだろう。

ただし一作目で詰め込みすぎたのも否めなく、三角関係のような構図もあったせいでアクション主体なのかラブロマンス主体なのかとっちらかってしまっている印象も受けた。
まぁこれが後の『シェイプ・オブ・ウォーター』に繋がっていると思うとやはり意義のある一作だったんだなと思う。
デルトロ監督とダグ・ジョーンズの組み合わせはいつでも最高ですね。
ダークファンタジーアクションの皮を被った異種ラブロマンス映画です。ヘルボーイくんの心の成長(若干)とエイブ(ダグ・ジョーンズ)の可愛さ、クロエネン様のセクシーさを味わってください。
クリーチャー系がお好きな方には無条件でオススメです
好き!モンスター!異能!魔術!悪魔!全部が好き。一昔前のアメコミ映画の感じプンプンで懐か死んだ。設定もキャラも何もかも好き。この面白さになぜ気付かぬ、世間。
Cocoon

Cocoonの感想・評価

3.2
これは動画配信サービスでやってないの。ブルーレイとかも売ってないの。権利の問題かしら?
だから、中古DVD買っちまった。
昔観たとき面白かったなーって思ってたけど、今観たらそこまでではない。いや、面白いけど。今の映画は映像とかすごいから。
顔不細工な主人公が意中の人の行動にヤキモキしたり、自分でも不細工ってわかってても最後は告って結ばれたりするところがなんとなく良かった。
カオリ

カオリの感想・評価

3.5
ダークホースコミックの「ヘルボーイ」を実写映画化した作品

ストーリーがイマイチ乗れない感じではあるのですが、監督らしい映像美とクリーチャーの質感により、楽しく観れました。
>|

あなたにおすすめの記事