シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

TORI

TORIの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

映像は観ている人に安心感を与えるような柔らかい雰囲気に包まれていて美しかった。
主人公の表情の機微が上手く表現されている
ユダヤ人の教授が殺されるシーンは生々しすぎでは、、、
MayuUeta

MayuUetaの感想・評価

3.2
世界観は好きやったけど、期待してたよりは、うーん。という感じ。
okc

okcの感想・評価

3.7
せつない。色使いが綺麗。博士いい人だったのに可愛そう。魚人は私には時代が早すぎてちょと気持ち悪かった🧜‍♂️
のぶ

のぶの感想・評価

4.0
画がきれいで良いノリで後半アメコミ作品みたいでバラエティ豊かでよかった
ベイビー・ドライバーとかに通ずる開け具合を感じた
あずみ

あずみの感想・評価

3.0
盛り上がる場面があるわけではなく、どちらかというと静かに愛を育んでいく物語。
音楽も照明も華美ではなく、美しいけれど仄暗い印象。でも、それが良い。異形と社会的弱者からなる恋愛物語に、派手な演出やポップな曲を使用したらサムくなりそうだしね。

それにしても水の中のシーンが美しい。水の中には差別も圧力も、二人を邪魔する者もいない。隔てるものや憂いがなくなり、水に包まれたイライザの姿はつらい世間や孤独から解放されたかのよう。ギレルモ監督曰く、水の形は愛の形。最後、イライザは満ち足りた愛を得たのでしょうね。
「耐えられない暮らしぶりだわ。」
と言われてしまえばそうかもしれない。
でも彼女が生活を続けるその世界は
ティール(青緑色)でまとめられて
美しくアーティスティック。

進化的で、生態的で、
自分が信じている正義をもっている。
ティールは素敵な色だなぁ。

音も景色も心も美しかった。

監督の意図も読んだけど、
素敵だなと思ったしひねくれてるなと思った。

ひねくれてる人ほどロマンチストで
単純さに惹かれるんだよね。


見終わったあと、また始めからみる。
タイトルの意味を考える。


素敵な映画を観た!
まじで冒頭からわたしはどタイプど真ん中なのね
でも以外にエロさも交わっててびっくりしたのね
でもなんかもう、全体的に良かったなのね


いやまじで、何かをこえた愛がそこにあったよね。そんな愛に出会えて幸せです。
piglet

pigletの感想・評価

3.7
音楽のせいなのか、なぜかシザーハンズの主人公が思い浮かんだ。不器用な彼と不器用な彼女。彼や彼女が誰であろうと物語は変わらない。ただただ愛の物語。
愛とは性的なものだと洗脳される
あながち間違いでは無いんだけどなんか気に食わない
lilly

lillyの感想・評価

4.5
shape of water

ユニバーサルモンスターか!って思うくらい最初は怖い"彼"と、声が出せない女性と関わることで、神秘的な存在に思えた。

幼少期から声が出せない三本の首の傷からの、回収もまた良かった。

裸のシーンがあって驚いたが、そこもひっくるめて一つの物語。だんだん慣れてくる。


物語もクライマックスの時、彼女の歌声は、lalalandほど綺麗な声ではないが見張るものがあった。


さすがデル・トロ監督
>|