シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

タツラ

タツラの感想・評価

3.0
話が普遍的過ぎてあまり自分にはハマれなかった

なのでここまで話題になってるのが疑問に感じた

クリーチャーのデザインとか小道具とかにデルトロ監督っぽさは全面に感じられる
だまん

だまんの感想・評価

4.0
試写にて『シェイプ・オブ・ウォーター』。一言で言うと、おとぎ話のような映画。愛は何に宿るのか? 考えさせてくれる。全体的な緑青色(ろくしょういろ)、銅が錆びた青い色が神秘的。私の好きな色の世界に浸れるのが気持ちいい。この世界に住みたい。
試写会にて

雰囲気、音楽すごい
いいと思ったが
見てられないシーンが
多すぎて疲れた…

少しグロく感じるシーンも
あったからグロ嫌いな人は
やめた方がいいかも
Yusuke

Yusukeの感想・評価

4.7
デル・トロ監督の傑作!試写会にて鑑賞☆
独特のオリジナルな世界観♪
ストーリーや描写、表現、演技、ポスタービジュアル、etc.全て美しい!
MEG

MEGの感想・評価

3.6
ユーモアと残酷さとロマンスが詰まったデルトロ監督版大人の「人魚姫」だった。私の中でのデルトロ監督ベスト!とはならなかったけど、はぐれ者たちのおとぎ話は心地いい。しかし鑑賞中「やめてー!」って何回(心の中で)叫んだか分かんない…
SAYA

SAYAの感想・評価

3.8
喋れない女の人と、魚人みたいな生き物のラブストーリー
全体にグロめのシーンが多いけど、水が出てくるシーンが綺麗で音楽もステキ!
ファンタジーのなかにアメリカ社会がしっかり表現されていて面白かった!
alyssa

alyssaの感想・評価

4.1
the shape of water

1つの映画に色んな愛の形を感じた

イライザとあの生き物が恋に落ちたのは必然的
ayaka

ayakaの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

この監督の作品は【パンズ・ラビリンス】以降2冊目でした!好み分かれる監督かなと思っていましたが、一緒に試写会に行った友達はグロい部分やセクシャルな描写がダメと言っていました。
個人的には【パンズ・ラビリンス】も、これも主人公がなんとなく世界に馴染んでいない所から、別世界や生き物によって救われる・自分の世界が拓けていく独特の世界観が好きです。
主人公イライザの、あの生き物は耳の聴えない私のことを不完全な人間じゃなくそのままの私を見てくれると言っていたのが印象的でした( ´ ▽ ` )
keitiii

keitiiiの感想・評価

4.4
‪ 『シェイプ・オブ・ウォーター』‬

🤴芸術作品の様な美の映画🤴

切ない恋の物語というより、美の映画っていう、印象を受けました。映画に登場する人たちは周りとは変わった恋をしており、周りに馴染めず孤独ですが、映画の中で純粋な愛を素直に描いている所がとても、美しかったです!✨
あと、サリーホーキンスの、演技が素晴らしかったです!喋らないで、あそこまで感情を表現する姿は、忘れられません、本当に感動しました!😭

自分の中のファンタジー映画史を塗り替える映画でした‪!映画との出会いに感謝です🙇🏻‬
じゅん

じゅんの感想・評価

4.1
映像、脚本、サウンドの調和が完璧だった。水の色も暖かく感じられるような映像美だった。卑劣な世界の中の純粋な愛。
>|