シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

秀雄

秀雄の感想・評価

3.8
劇場で観ることが出来なくレンタルで拝見しました。

ギレルモ監督の人間観が出ていて人間の持つ喜怒哀楽表現がそれぞれの配役によって表現がされていて概ね楽しく観れました。

主人公の女性が言葉が話せないことや、半魚人との深まり始める感情の移りゆき、欲や疑念、友情や愛欲、野生や本能・・・
人間という生き物はさまざまな感情を抱きながら生きているのかと感じました。

映像はノスタルジックな感じで見やすかったですが、映画という時間時間枠にちょっとだけストーリーに無理があったのでは・・と感じました(笑)
ドラマでじっくりとやるのも良いかと✨

ギレルモ監督の純愛ドラマなんか面白いかもです😄😘
Shogo

Shogoの感想・評価

3.0
個人的にはそんなに感動する話でもなかったかなぁ…。

前情報が良過ぎたせいもあって、思ったほどの面白さは感じなかった。

ただ単純なラブストーリーとは少し違う面白さはあった。
みーぬ

みーぬの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

作品中多く使われている、青と緑を混ぜたような色「ティール」がとても印象的で、全体のクラシカルな雰囲気も相まって綺麗だった。途中生々しい性描写やグロテスクなシーンもあり苦手な人は苦手だろうとは思ったが、全体的に美しい物語としてまとまっていた。イライザの生い立ちや首の傷…色々な場面を思い返してみると、もしかしたらあの不思議な生き物にもどこか本能的に惹かれていたのかしら?なんて考えてドキドキする。野暮な片付けはせず、絶妙に受け取り手の想像を掻き立てる散らかし方だった。
Eno

Enoの感想・評価

3.0
ファンタジー。
何も考えずに観れば、作品世界に入り込んで楽しめた。
ただ、グロテスクで正視しがたい場面がけっこうあって辛かった。
パイショップのエピソードは、店員の真意がよく分からなかった。
TeoDAce

TeoDAceの感想・評価

3.5
いろいろと謎のまま終わった感じやったけど、それがまた良く感じる映画ってのもスゴいな(^^)音楽もストーリーもキレイな映画やったと思います♪
あーあの後気になるー!
もやし

もやしの感想・評価

3.7
話せない主人公に対して、始めは周囲が一方的に話すばかりだったが、きっかけを得て徐々に一方的ではない"会話"になっていった。

想像と少し違ったが、個人的にロマンチックな雰囲気を楽しめる映画であった。
米ソ冷戦下のアメリカを舞台に、声を出せない女性が不思議な生き物と心を通わせるファンタジー。

エログロが苦手な自分には合わない描写が多かったです。
クラシカルな雰囲気はなかなかって感じました。
自分個人的にはあまり好きになれなかったです。
大人の方は好きな方が多いかもしれません。
ナツキ

ナツキの感想・評価

4.2
独特の世界観
ちょっと人間の生々しさがもろに出てたから最初は嫌だと思ったけど、思い返せばここ最近で1番かもしれない笑

このレビューはネタバレを含みます

全体的に表現がかなり綺麗な作品。

芸術点がかなり高い。
特にバス内の雨粒の描写はかなり美しかった。まるで水が生きているみたい。

最後のシーンの海の中は圧巻だった。
美しいという言葉しかない。

ただ、愛を歌うシーンはかなり勿体ない気がした。
というのも、作中を通じて話せなかったイライザが歌って踊るというのがちょっと…
それとクリーチャーも共に踊るという謎展開まで。その部分がやたらチープに感じた。

作中において、手話という手法であそこまで感情を表現したイライザは本当に感動した。

是非人に勧めたい映画
hiro

hiroの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

よかったよかった。
化け物と人間の恋愛という事で新鮮でした。
エロのシーンとかチョイチョイいらないシーンあると思った。
ゲイのくだり、腐った指とか…
肝心の化け物とのエロはカットだし(^^;;
悪者のおっさんのセリフもちょいちょい笑わせてもらいましたw
>|