シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

mayuko

mayukoの感想・評価

-
心穏やかに見られる映画だと思ってたら全然違った、、色が美しかった
neo1018

neo1018の感想・評価

3.5
あまり予備知識なしで観ました。何となく「シザーハンズ」的なものを想像してましたが、エロありグロありで、なるほどR指定な作品ですね。それでも、物語としては美しく、まさに『大人のおとぎ話』でした。エログロがリアルな分、ファンタジー部分がより引き立っていた感ありです。あとは冷戦時代のデザイン!研究施設や映画館、アメ車のデザインが妙にカッコよく印象的でした!
美人じゃないし、モンスター物だし、なんて思って見てない人は見てくださいね。特撮じゃなくて本当に映画を見ました。
あいり

あいりの感想・評価

4.0
ギレルモ・デル・トロらしい作品で、パンズラビリンスを見た時の感覚を思い出しました。11年の時を経ても、この人の作るものは変わらないな〜と思いました。
この監督の描く世界観は本当に素敵ですね。愛と夢をファンタジーで包み、切なさと甘酸っぱさでいっぱいな世界…とても胸を締め付けられます。この監督の映画で凄いな、と思うのは社会や建物の汚さは尋常じゃなく、吐き気を催す程なのに対し、主人公の心は常に夢で溢れ、ファンタジーで、キラキラしているところです。
毎回グロシーンや生理的汚さに何度か止めながら見てしまうのですが、見終わったあとに何故かもう一度見てしまいたくなる衝動に駆られます。気持ち悪いのに、その気持ち悪さがキラキラを引き立ててくるのでどうしても惹かれてしまいます。皮肉な話ですね。最高です。
やはり後はなんと言ってもこの終わり方です…。本当に大好きです…。幸せだけど胸がギュッッとなるこの感覚はやみつきになります。エンドロールをボケーっとずっと見てしまう喪失感は、この終わり方だからこそ表せるものなんだろうな〜と思います。
本当は評価5にしたいのですが、やはりグロと汚さでウッとくる部分はあるので4です。
Riri

Ririの感想・評価

3.2
心にくるものがあったけども。
私の好みではなかった
性的描写やグロテスクなとこが多々あってお腹いっぱいって感じ。愛を伝えたかったらそこら辺削っても良かったのでは。
でもそうすると、つまんなくなるのかも。
ヒヨリ

ヒヨリの感想・評価

5.0
兎に角、映像が美しい
どの瞬間を切り取っても絵画作品
そのくせ、話も面白い。
恋愛は枠にはめれない、はまらない。
古い考えが凝り固まった大人たちこの作品を見て恋愛を学んでほしい
YAMAsan

YAMAsanの感想・評価

3.8
『シェイプオブウォーター』エロ、グロ。
性的な描写が意外と多い。基本ファンタジックなのに生々しいシーンもあり不思議な気分。声が出ない女性、同性愛者、半魚人、出世欲の塊男、黒人。それぞれのキャラに与えられる台詞がチクチクと胸に刺さる。
ファンタジーの中に現実をちょこちょこ入れ込むことで夢見心地すぎないファンタジー映画になったと思う。
緑をベースにした舞台セット、衣装、半魚人のデザイン素敵だった。ひとつ気になったのが隣人のコンフレークは自慰を抑制するために作られたという台詞で、本当なのか?と気になっていたら小山薫堂さんも同じところ気にされていて笑った笑 そして作られた意図は本当らしい。

声の出ない女性と半魚人が抱き合うシーンはジンときた。美しかった。
おりつ

おりつの感想・評価

3.9
話せない女の人とモンスターの恋のお話。
研究に使われてしまうモンスターを助けるために女性が家で面倒を見てあげて愛し合うストーリー。
最後は海のなかで2人で生きていくハッピーエンドのような、寂しいような気持ちになった。
美しさのある作品だった。
himawari

himawariの感想・評価

4.7
何もそこまでしなくても、、というグロいシーンがある。
でもそれがかえってリアリティを増してるかも。でもちょっとやだ。

内容は文句なし。愛が深い。
隣人のおじさんが良い人すぎて心から幸せになってほしい。
€半魚人がイケメンすぎる、色彩が素敵
€お風呂場水で埋め尽くすシーン、最高
€ハッピーエンドだね、ある意味
>|