シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価・動画配信

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

ホシ

ホシの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

悪役が良かった、最後まで嫌な奴だったけど何かに縛られてる感じがちょっと可哀想にも見える絶妙なライン、俳優が上手いのかな、指の化膿で憎しみが強まっていく演出がよかった、逆に主人公があの生き物と同じだと惹かれていっていたけど、そこにそんなに入り込めなかった
ストリックランド、ベスト悪役よ
社会的には何も正しくなくて差別的で嫌なやつやけど哀愁というか、めちゃめちゃいい顔してた
基本自分は正しくありたいし、彼の考えには賛同できひんけど色んなことにがんじがらめになって必死こいてる姿が嫌いになれへん
たぶん緑が保守的なものの象徴?(車とか)で赤が希望とか未来みたいな感じで使われてる気がしたけど、それを踏まえてストリックランドが緑の飴を噛み砕き続けてるってのがまた
まあ悪いけどな
Lily

Lilyの感想・評価

4.7
観ると好きな人に会いたくなるような
かなり好きなしっとりとした恋愛映画

アンティーク調のインテリアと
緑系に統一された色調が美しい

最後の展開の演出がこの作品における
最高のハッピーエンドでとっても好き

また、好きな人ができた時にきっと誰しもがなる
あのわくわくしたハッピーな気持ちが、
彼に恋したあとのイライザの身に付ける小物に表れていたのも可愛かった


ギレルモ・デル・トロが今作のインタビューで言った、
「美女と野獣は人は見かけじゃないっていうことがテーマなのに、なんでベルは美女で処女で野獣はハンサムな王子になるんだ?」的な言葉が胸に刺さる。

22・045
公開時ぶりに2度目の鑑賞
互いの差や違いを隔たりとしない二人の純粋な愛の形

SF要素を不思議な生き物のみに絞って60年代の米国に落とし込んでいるのが何とも上品。西洋の世界観にマッチした鮮やかな青緑系統の色彩統一感と装飾のセンスも抜群。
やっと見られた。ギレルモデルトロ作品はナイトメアアリー以来2作目。雰囲気好きだわ。結局最後はどうなったんだろ。まぁそういう終わりもいいよね。
暗い描写の多い映画だけれどもいろんな愛にあふれる温かい映画でした!

洋服とか家具とか車とか、ステキな時代なのかな〜と
あくと

あくとの感想・評価

3.7
ファンタジーだけど現実味がある怪物と人間の恋愛。水と光の映像がとにかく映える。水に満たされるバスルームとか好き。
めがぬ

めがぬの感想・評価

4.0
イライザ 指 不思議な生き物 綺麗 ゆで卵 暴力 差別 性別 人種 手話 ひとり 米ソ 屋根裏 
UCHIKO

UCHIKOの感想・評価

3.9
これまた思ってたのと違って…なんだろ🤔アメリカ映画だけど、フランスっぽい。。。。🤔?
映像の色彩とか、音楽とか、車とかオシャレでした😎
お家が映画館の上ってのがこれもめっちゃオシャレで憧れる🥺✨
cattle

cattleの感想・評価

2.5
イライザの成熟した色気みたいなの途中からめちゃくちゃ感じてしまってどきどきするレベル
展開に惹かれた訳じゃないけど、ストーリーの美しさとキャラクターの魅力が👍
>|

あなたにおすすめの記事