シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価・動画配信

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

アカデミー賞作品賞だったのであまり興味なかったんですが鑑賞。観てるとだんだん引き込まれていく。観て良かった。
統一されたグリーンの色づかい、質感、光の使い方全てが美しかった。
お相手は生々しい造形の半魚人だしヒロインも美女って感じはしないのに、物語が進むにつれてどんどん魅力的に見えてくるのがたまらない。
小説版もあるようなので、読了後にまた観ようと思う。
Elgin and Winter Garden Theatres
劇中の映画館にただただうっとりした…ここでこの作品を見た人たちのトキメキたるや!ラストの詩も心に残りました。ロマンチックとファンタジーとグロテスクが入り混じってた抜け目ない。
つかだ

つかだの感想・評価

4.8
美しくて素敵だった。
伝わる事、伝わらない事。
伝わらないから、もっと伝わる事。
ひっそりと佇む中にも大きな想いがあって、個人的な事からいずれ力強い動きに繋がる。
絶対にフランス映画だと思って観てて、後で調べたらフランス映画じゃなくてびっくりした。
形を一つ一つ説明的に描くのでは無く、まろやかに個人的なエピソードと共に描いていく。だから心地良い。そして透き通る美しさがある。
サリーホーキンスが素敵。
恋する前と恋した時の憂いや雰囲気の違う様が凄い。 
声が出ない役どころ、表情で魅せる可愛らしさと儚さと力強さにグイグイと引き込まれた。

実在の国がでてきたりとことん悪い奴や会話など大人の要素が多い。あるようでありえない不思議な世界観。色みも音楽もクラシックで雰囲気のある美しい大人の為の御伽噺でファンタジー。
つよ

つよの感想・評価

3.5
人間とエイリアン。
宇宙研究所で清掃の仕事をする言葉が話せない女性。虐待を受ける半魚人エイリアンに愛情が生まれ。
アメリカvsソ連の宇宙開発争いに利用されそうで施設から助け出そうとする。
横入りしてタイムカード押すのはダメ。変な所で冷めた。
作戦をカレンダーに書いちゃうのもちょっとどうだろう。
Takuma

Takumaの感想・評価

3.5
よくある異種生物間の交流ストーリーに見られる心暖まるファンタジーに終わらず、意外と際どい場面が出てきたり、主な二人以外にも、例えば敵対関係にある相手の人物像や苦悩もちゃんと描かれていて、最後まで飽きずに楽しめた。
とりわけ愛の描かれ方が、水を用いた演出だったり突如ミュージカルになったりと独特で印象的だった

最終的に彼のことはなんて呼べばええん?笑笑
ぺろん

ぺろんの感想・評価

4.9
@home

最高だった…

なんで映画館で観なかったんだ

ネコチャンが死ななければ5点だった
tukukake

tukukakeの感想・評価

3.4
予備知識無しで視聴!モヤモヤしながら観ていると…‼️

え?半魚人!?

気のせいか?いや間違いない!しかもこの半魚人は、半端なく作り込まれていてむしろ気持ち悪い。なんだ?SF?ファンタジー?と思ってたら、この半魚人と主人公らしき女性が○○○‼️

うわーなんなのこの映画気持ち悪い。

でも…
何故か何かに引き込まれる…
気づいたら穏やかな緑色の水のなかに…

観る者それぞれ感じるものが違うだろうが、自分は優しい淡いグリーンの映像にやられた。半魚人の気持ちワルさを薄めてくれた。どこか優しい色そして映像…
そしたら、気持ち悪い半魚人も気にならなくなった。そしてどこか不器用で神秘的な彼(半魚人)にひかれていた。

マイケル・シャノンとダグ・ジョーンズあと「ドリーム」の太った黒人さん以外は馴染みなく?

マイノリティを含んだ世界構築を訴えたものとの評価もあるが、気持ち悪さを越えたピュアなラブストーリーとして楽しめます。雨漏り騒ぎをおこしながらも、水の中愛し合うシーンは美しい…

Shape of water is shape of love!
すごい流行ってた頃に飛行機の中で観たんやけど、私にはちょっと美しい恋とは思えなかったんだよなぁ、、。なんだけど、なぜか惹かれる作品かもしれない。なんででしょうか。

また観たいと思います。
>|