ヘルボーイ/ゴールデン・アーミーの作品情報・感想・評価・動画配信

「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」に投稿された感想・評価

しらが

しらがの感想・評価

3.5
最強の機械兵軍団「ゴールデンアーミー」を復活させ、人間にけしかけようとするヌアダ王子とヘルボーイ達の攻防を描く。

キャラクターやクリーチャー、ガジェットの造形等、今作もデル・トロ監督の美的センスが光る。
グロ描写は控えめ、ストーリーラインもシンプルなので、取っつきやすい作品だと感じた。

異形同士の肉弾戦が目一杯盛り込まれているのはもちろんのこと、ヌアダ王子とヘルボーイの対決もスピード感があって面白かった。
前作の鑑賞からかなり時間が空いたけど、問題なく楽しめた。
夏

夏の感想・評価

2.8
うーん。
順番はよく分かりませんが観ました!
ミラが出てるやつより軽め。
でももっと軽くしてもいいのではー。

なんかアクションが凄いとかでもなく
痛快笑えるとかでもなく中途半端なんだもん。

軽めの痛快アクションが見たいです、、
走る人

走る人の感想・評価

2.5
ヘルボーイの体型が変だなって思ってしまった。
日本のおじさんみたいな体型、シルエットになっていて
かっこいいと思えなかった。

高評価だったので見てみたが、イマイチだった。
普通には楽しめるので見ても損はない。

話がダルダルしている感じがあった。
90分にしても良かった気がする。

細かい描写は好き。
王冠の部品が一緒になったときの機械的な動きだったり、
最後、王のところに行く入り口の巨人の動きだったり、
惹かれる映像はたくさんあった。
Raymi

Raymiの感想・評価

3.6
ギレルモ・デル・トロの世界観の作り込みがすごい映画。キャラクターのビジュアルが大優勝。めちゃ金かけて作りたいもの作ってる感が良い。でも、ちょっと長く感じた。
とし

としの感想・評価

4.6
ギャグパートは前作の方があった気がするけど基本的に前作よりもパワーアップしたように思う。ヌアダ王子とのカンフーアクションやグロテスクなキャラクターが満載。 ストーリー序盤に小さい連中に食われてガイコツになった件とか最高。 前作では恋に悩んだヘルボーイだけどリズとうまくいき子供まで出来て順風満帆にいくはずが人間社会との関係に悩むヘルボーイ。 逆に今回はエイブが恋に悩んで活躍する。 よかったのはエレメントと呼ばれるドラゴンボールのセルみたいな巨大生物との戦闘シーンとヨハンが黄金軍団に乗り移って戦うシーン。 超常現象捜査局を辞めてしまったわけだけどパート3があるかどうかわからないけど是非見たい。 双子も産まれるし期待していいのかな。
べこ

べこの感想・評価

3.3
クリーチャーの造形が何処か可愛らしくて善き。
Can't smile without youのシーンにはとてもほっこり。
Kuni

Kuniの感想・評価

3.7
ロンパールマン、レッドの方が生身よりハンサム。キャラと世界観がマンガそのもので楽しい。
悪魔の子でありながら人に育てられ超常現象調査防衛局のエージェントを務めるヘルボーイが、太古の時代に人と獣と魔物の戦いに終止符を打とうとエルフの王が作り上げ、そのあまりの強力さから封印された無敵の機械軍隊ゴールデン・アーミーを復活させようとするヌアダ王子の野望に立ち向かう様を描いたアメコミ映画です。

ギレルモ・デル・トロ監督によるシリーズ第二弾は、作り込まれた幻想的な世界観と、悪魔の子という「人ではないヒーロー」という設定が持つカタルシスを巧みに表現する作品に仕上がっています。このタイプのヒーローは『スーパーマン』がその代表格ですが、個人的にはお気に入りのジャンプ漫画『ダイの大冒険』を彷彿とさせます。

人を守ることに命を賭していながらその異形から人に忌み嫌われるという不遇、そして中盤のユアダ王子の問いかけは、まさに大魔王バーンがダイに問うたそれで童心をくすぐられ胸が熱くなります。陽気な立ち振る舞いの裏に重い葛藤を抱えながら戦い抜き、最後には愛する人と立ち去る。エモーショナルで秀逸なヒーロー伝です。
2作目とは知らずに鑑賞。
前半はキャラクターの名前とか関係性とかが分からずについて行き難い感はあったけど、ストーリーは分かりやすく、キャラクターも少ない為すぐ覚える事ができてのめり込みやすかった。

ゴールデンアーミーの復活を阻止する戦いに伴って、巻き込まれた一般市民に危害が及ばないようにするヘルボーイたちだけど、見た目の悍ましさから罵倒される。それに対し悩む姿や心情の変化がアメコミらしくてよかった。

クリーチャーのビジュアルが個人的に素晴らしかった。

やけに人間味のあるヘルボーイが大好きになる作品でした。
Billy

Billyの感想・評価

4.0
デルトロ監督のほうが
ちゃんとしてる!w

しかし

こういう物語を観ると

人間が、人間に対して

欲にまみれた醜いもの達とか、

小さな美しい心を持つもの達とか、

過ちを繰り返す愚かなもの達とか、

豊かな感情を持ち合わせたもの達とか、

人類みな兄弟とか、

環境破壊促進生物とか、

基本的に良くない方向で

色んな事を思い考えたりしてる。

だけど、
どうしても争いをやめれないんだよね。w

仲良く出来ないのかな?笑

って
ちょっと思っただけ。

ってか
もっと古いのを観たかったんだけど、ネトフリならあるのかな?

気が向いたら探してみよ!w

1人でアウトドア映画祭りってのをやってみてる!w

映画って本当に良いもんですね〜
>|