うる星やつら いつだってマイ・ダーリンの作品情報・感想・評価

うる星やつら いつだってマイ・ダーリン1991年製作の映画)

Urusei Yatsura - Always My Darling

製作国:

上映時間:77分

ジャンル:

3.3

「うる星やつら いつだってマイ・ダーリン」に投稿された感想・評価

げし

げしの感想・評価

3.5
とにかくアタルが好きでラムちゃんががんばる話。アタルの気持ちはそんなに描写がないので少し物足りない感はあるが、ドタバタは相変わらず。
ルピカかわいい。
TV版が終了してから映画版として復活した今回、作品そのものは古いけど、ここ連続で見てるとすごく新しく、絵のタッチが今時風に変わってるのが垣間見ました。

登場人物の声も少しずつちょっと違うのが、
気になりました。

ところでTV版うる星やつらは、
1981年10月に始まったってことで、
今年は40周年になるんですね。
びっくりしますが、何かイベントとかないのでしょうか?
80年代文化の中心部に位置していたシリーズとは思えない、OVAの一篇のような毒にも薬にもならない作品ではあるが、90年代の『うる星やつら』はこういうモノだと思えば興味深い。
殆ど『らんま』みたいなノリだが…
hyak

hyakの感想・評価

-
また間違えてシリーズ最後から見始めちゃった……アニメ版また見たいな〜懐かしかった
あや

あやの感想・評価

3.4
絵柄がアニメとかなり違うけどこれもこれで好き!なんならこっちの方が可愛い
特にルピカちゃんのキャラデザが!!
目玉おやじとコナンの園子の声はもうそれにしか聞こえない笑笑
自宅で観ましたぁ〜。


10周年目につくられだそうで、
ふつうにおもしいなぁ、、、。

でもなんか物足りなさと言うか、
なんと言うか、、、。

うる星は、ラブコメなんだなと。
😁


やっぱり映画は面白い🤣
Aix

Aixの感想・評価

3.5
うる星やつら放映開始10周年を記念して作られた、特に後味のない作風。

ここまで来ると黙ってビューティフルドリーマー見とけって言いたくなりますね。

サクラ先生と頑張るラムちゃんが見れたから許そう。
ママン

ママンの感想・評価

3.3
記録👀

うる星やつらの『大大大大大大大ファン』だった私は「うる星やつら」が終わってしまった事がショックでショックでね😂

でも久しぶりの映画も「内容はいつも通りやな」って感じで、細かく後ろに出てくるキャラが今までアニメや漫画で出てきたキャラだったりしてね、安心のやつですよ、ええ。。。

この作品に特に思い入れはないかな👼
yukiyo

yukiyoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます


 91年公開。
 アニメ制作十周年を記念して作られた本作。
 制作はまたまた変わり、マッドハウス。
 OVA後期シリーズを担当していたスタジオなのでクオリティ的な問題は無し。
 「惚れ薬」の争奪戦となるオリジナルストーリーもらしくはある、
 けども、
 こーして続けて劇場版を観てくると、何かが抜け落ちる物足りなさは否めない。
 それがあの特徴的な音楽(音効)なのか、
 ギャグのセンスなのか、
 原作のエッセンスなのかはさておきます。
 時期的に「らんま1/2」のアニメが既に放送されていることを付け加えておく。


 とゆーわけで、
 「うる星やつら全劇場版祭り」、観了。
 ちと大袈裟な話になるけど、
 「うる星やつら」とゆー作品は日本アニメ史の縮図として、とても分かり易い存在だなと再認識しましたよ。


 (おしまい(たぶん)
シネフィルwowow
80'sムービー〜3日間まるごと80年代大特集〜
劇場版うる星やつら全6作品 1/13放映分

劇場版第6作目
うる星やつら10周年記念に作られた本作、画風も新しく野性味があり、躍動感に溢れ今までよりもHな雰囲気が増している気がする。
ストーリーは、みんなが欲しい惚れ薬をめぐって、定番のドタバタコメディで楽しく、常連キャラたちも大活躍。
これでシリーズは今のところ終わりなのがちと寂しいが、お疲れ様でした。
>|

似ている作品