うる星やつら 夢の仕掛人、因幡くん登場!ラムの未来はどうなるっちゃ!?の作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • うる星やつら 夢の仕掛人、因幡くん登場!ラムの未来はどうなるっちゃ!?の映画情報・感想・評価

うる星やつら 夢の仕掛人、因幡くん登場!ラムの未来はどうなるっちゃ!?1987年製作の映画)

製作国:

ジャンル:

3.7

「うる星やつら 夢の仕掛人、因幡くん登場!ラムの未来はどうなるっちゃ!?」に投稿された感想・評価

かおり

かおりの感想・評価

3.2
うる星やつらの映画?の中で1番個人的に好き。皆んながうさぎのコスチュームなとこも可愛いし、因幡くん(人間?)がめっちゃ好きになった。パラレルワールドの概念を知った。
コミックスの中でも好きなエピソード。因幡くんの声がクセになる
あいの

あいのの感想・評価

3.8
・『モノトーンの夏』というこのOVAのオープニング曲を聴くためだけに観る価値ある
・内容はきゅんきゅんです
親がラムちゃん世代だったので、ビデオ屋で借りてきてくれたのを観た当時。

ドアノブを作り思い思いの未来を描いてドアを開ける。いろんな未来があって、逆に少し怖いような不思議な気持ちを抱いたんだよなあ。

OVAも映画の枠に入るんですね👀
ふぁぶ

ふぁぶの感想・評価

3.5
うる星やつらは「ビューティフル・ドリーマー」が一番好きだけど、ある種似た話。
ラムとしのぶの理想の未来がテレコになってるし、あたるも結局ラムの抜きのハーレムは意味がない訳だし。なんで原作者は「ビューティフル・ドリーマー」にそこまで怒ったのだろう。笑
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.4
うる星のOVA。原作末期のエピソードを元にしてるね。
正直言って原作は電気仕掛けの御庭番・真吾の辺りから急激に気持ちが離れたんだよね。竜之介の婚約者の渚とかも受け入れ難かったなぁ。

そんな中、今作の因幡君編はボーイミーツガールに匹敵する面白さ。
あたるとラム・面堂に飛鳥というカップリングに対し宙ぶらりんとなった しのぶ に新恋人となる因幡君が登場。

運命製造局で亜空間から来た因幡君。地球で行き倒れしのぶが介抱。
優しそうな草食系男子でしのぶに一途、しかもウサギの着ぐるみという装い。
様々な可能性の未来。あたるとしのぶが結婚し、ラムはレイと結婚しランちゃんに恨まれる未来など。
あたるはハーレムの未来を、ラムはあたるとの結婚を、しのぶは変わらぬ未来を作る。

ギャグもキレているが、全体的に優しさ満ちたストーリーが魅力。一方でラムとしのぶがバニーガールだったりと、フェチズムも満載。さらにBGMが私的フェイバリット映画リメンバーマイラブの物を流用してて、これまたGOOD!
因幡、アリスへのオマージュ、バニーガールと兎づくしのOVA第一作。監督は出崎哲(統の兄だとさっき知った)。
実質的な主人公はあたるの幼馴染しのぶであり、60分弱のほとんどが亜空間で展開する。ひとつひとつが全く別の未来へと繋がっているドア。それらが暗闇のなか無数に浮かんでいる光景は面白かったが、正直終わるまでに見慣れてしまうようなところはある。しかし、舞台やキャラクターの数を最低限に抑えつつ無限の未来の可能性をも想像させるとはコレなかなかの省エネで、OVAの鑑かもなーなんてOVAあんま見たこと無いけど思った。
原作の因幡君エピソードを基に映像化したOVA作品。

完結編といい、この因幡君関連といい、テレビシリーズでやらなかったのが意外過ぎるくらい原作では印象的なエピソードばかり。

〇ある日、しのぶがおつかいから帰る道中、空腹で行き倒れている因幡に出会う。因幡のルックスから、興味がひかれ話しかけたしのぶだったが、買い物袋から落としたにんじんを生のままバリバリ食べる因幡にドン引き。関わりたくないしのぶだったが……

あるかもしれない自分たちの未来を見たあたるたちは、思い思いな自分の未来を創造します。
あたるは相変わらずなハーレム(けれど妙に現実感があってささやかなところが面白い)だし、ラムちゃんも期待通り。
しのぶはというと、あたるやラムの事を面倒に思いつつも、なんだかんだ毎日幸せなんだな~ということがわかるような未来を作ります。

サクラ先生の『めぞん一刻』のような姿が見れたり、しのぶは男運が無い属性を持つ面が垣間見えたり面白い作品。
面堂とあたるはどこまで行っても腐れ縁なところが笑いました。
なんだかんだラムちゃんがいないことに気づくあたるが良かったです。
moonpie

moonpieの感想・評価

4.0
因幡君なんかほっとけない感じが凄く良い

サクラさんがめぞん一刻の音無響子
みたいな服装だった

ラムちゃん、ランちゃん、クラマ
了子、お雪さん、弁天さま、しのぶ
竜之介、飛鳥ちゃん、サクラさん最高です♡

メガネ、パーマ、チビ、カクガリ
も見たかったなー。未来でもみんなで
ドタバタ楽しくしててほしいな!

テンちゃんがしのぶに
"あ、しのぶ姉ちゃん〜!"
からの因幡君に
"誰やお前!知らん顔やな〜!"
が最後に笑った⠒̫⃝笑

83
ゆーき

ゆーきの感想・評価

2.7
『2.5を基準に』
映画というかこれも実質OVA並。が、これが面白いので困るw 内容はほぼ原作通りだがあたるとラムの方にもスポットを当てていて、かつ破綻もなく気持ちよく最後まで笑いながら見れる作品。
>|

似ている作品