うる星やつら3 リメンバー・マイラブの作品情報・感想・評価

うる星やつら3 リメンバー・マイラブ1985年製作の映画)

Urusei Yatsura - Remember My Love

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.4

「うる星やつら3 リメンバー・マイラブ」に投稿された感想・評価

ゆーき

ゆーきの感想・評価

2.5
『2.5を基準に』
1と2が傑作すぎて影に隠れがちな3と4だが、この作品もそれなりにいい映画。特に前半「あー、うる星やつらっぽいなー」って楽しめる。

そこで終わればTVサイズの時間で気持ちよく観れたが映画なのでもう少し大掛かりにしないといけないためか中盤から徐々にパワーダウン。
なんとなーく大英断で終わったかなって雰囲気で終了というふうに感じた。

しかし、何度も見たいとまでは思わなかったが、それでも面白いと思えたのはやはりキャラクターのパワーが凄いんだろうなって思う作品。
漫画の方は気軽に楽しめるけど、映画となると2作目からやけに凝った内容に。1作目が一番漫画に近いかな。今作は物寂しい雰囲気。これはこれで好きだけど。冬場に観るとラムちゃんのかっこが寒そう…
良いな!って思ったOP、EDテーマ曲はタケカワユキヒデさんでしたか。
ラムちゃんとあたる、相変わらず最高です。
カバあたる、かわいい。

赤い糸で結ばれている2人は、きっとどこにいても必ず見つけられますね。
misatojam

misatojamの感想・評価

3.5
うる星は観ててハッピーになる。ラムちゃん浮遊シーンにあの効果音つけた人、センスいいなーかわいー。
チャーリー・カウフマンのエターナル・サンシャインとかみたく、パラレルや多世界モノや時間軸移動モノで、正規の世界線探して試行錯誤するときにしょうもないバグ(あたるの場合はエグいくらいのハーレム)起きるの好きだ。
ラムちゃんが大好きなあたるが大好き。

うる星やつらの映画は(まだ3作しか観てないけど)結構小難しいSF設定とか入れてくる印象。
はに

はにの感想・評価

3.8
ラムとあたる、あたるとラムの映画ではオンリー・ユーのが好きかな
なんだかんだいってあたるにとってのラムの存在は大きいんだよね
二人はずっと追いつ追われつでいいんじゃないかな!
友引メルヘンランドwかなり流れが良かった印象。なんだかんだでラムが大事だと思ってるアタルを見られるのは良い。1回目のスリップで女だらけの世界に行ったのは流石アタルのクズ!と思ったけどwww中々楽しかった。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.9
これはもう、個人的な思い入れだけ。
僕としてはビューティフルドリーマーよりも断然こっちの方が好きなんだ。
当時は殆どのセリフをソラで言えるくらい暗記したくらいです。

個人的には原作もTVも、うる星の全盛期はこの時期だと思ってる。
それくらいうる星やつらが脂がのってたと思う。制作スタジオがピエロからディーンに代わり、絵的にも洗練されたと思う。
これもあくまで僕個人の意見だが、ピエロ期の高田明美のキャラデザよりも、この時期のやまざきかずお・森山ゆうじの絵柄の方が断然好き。
音楽的にもスゲー格好良い。TVのOPEDロックザプラネットとエヴリデイの流れで、今作もハードロック調の曲。ボーントゥビーフリーとリメンバーマイラヴはマイフェイバリットアニソンの1つですわ。
ミッキー吉野のサントラもドレもコレも最高。

団体行動が嫌いだったので、終わらない文化祭よりも、1人佇むルウの方にシンパシーを感じたのも大きい。
自分自身にとっての青春の1本。
jackpov

jackpovの感想・評価

2.5
押井守の亡霊に誑かされた哀れな監督…
せめて安らかに眠りたまえ…
Yu

Yuの感想・評価

3.2
【うる星やつら特集②】

「引き離したって無駄だっちゃ!
うちは必ずダーリンを見つけるっちゃ!」

言い忘れてましたが、ラムかわいい、セクシー!飛ぶときの音も好き!
今思えば、最近の漫画では、男が他の女にフラフラして女性がそれを戒める構造って少なくなりましたよねぇ。

評価低い。。。実はリメンバー〜は、ビューティフル〜よりも思い出深く、好きな作品であります。確かによく出来た作品かと言われると。。。(;ω;)

でもね。二人が時代を超えて巡り会い、何度離されても巡り会い、そして惹かれ合う。それだけじゃなく、ラムがアタルを怒り、罰する。その関係性に呪いが屈するのが、、、あぁ、素敵だなぁ。と泣けてしまう。

ルウ可愛いし、あの声が忘れられん。

ところで、今の子ってラムちゃん知らんのかな?もっとラムちゃんをしって欲しい。
>|