ルパン三世 バビロンの黄金伝説の作品情報・感想・評価

ルパン三世 バビロンの黄金伝説1985年製作の映画)

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.2

「ルパン三世 バビロンの黄金伝説」に投稿された感想・評価

キャラクターの動き方が好き。
アバン無しで背景PANと共にOP曲を流すのも珍しかった。
実際の建物を壊しまくるのもいい感じ。
ICPOは仕事しろ。
絵がめちゃくちゃ上手い。この絵柄好きだ。背景美術の空も好きだ。
冒頭の謎の顔看板アクションだったり婦警コンテストだったり、意味がないのにやたらクドいシーンが多い。婦警は魅力がないのに出番が多くてかなわん。
視聴後、何を見たのかと聞かれたら答えられない程に敵や目的に輪郭がない。でも冴えた構図やかっちょいいセリフがあるので嫌いにはなれない。
ニューヨークのマフィアを差し置いてメソポタミア文明のバビロンの黄金を探し出して手に入れようとするお話
3作目

「斬鉄剣で花は切れん」
「あれは人間のものよ?私のものよ!」

最近見たルパンの中では一番不二子らしいかな


とりあえず鈴木清順と宮崎駿が仲良くないのはわかった
下っ端

下っ端の感想・評価

3.5
大腸菌がしゃっくり
死のハエたたき
裏文字
コニャックがきれた
稲妻斬り
不覚
バベルの塔
幻聴だ
斬鉄剣で華は斬れん
とんちきめ
神さまもお金使うの?
愛さなければよかった
ニューヨークのある飲み屋、そこでは皆変装してダンスを楽しんでいた。その店に老婆が来店、ゴリラに変装したルパンは、その老婆と知り合いのよう…。そこに東京からの宅急便が届く。

バビロン→メソポタミア地方の古代都市。

バベルの塔→実現不可能な天に届く塔を建設しようとして、崩れてしまったといわれることにちなんで、空想的で実現不可能な計画を比喩的に「バベルの塔」と言う。

ロゼッタ(塩沢とき、河合奈保子)バビロンの黄金の秘密を知っている謎の老婆。

マルチアーノ(カルーセル麻紀)父親もニューヨークマフィアのボスだったがバビロンの黄金の発掘する為足を洗った。

コワルスキー(大塚周夫)マルチアーノが宝探しに集中する為マフィアのボスを任された。

他声出演→おぼん、こぼん、平野文、潘恵子、吉田理保子、戸田恵子、島津冴子、緒方賢一、藤城裕士他。

劇場版第3弾。見た記憶が無いので初めてかもしれない。声優もカルーセル麻紀以外は違和感なく、特にお婆ちゃんが良かった。オープニングもエンディングも同じってのも珍しい。若い頃の河合奈保子は歌も良く顔も可愛くムチっとスタイル良しでこう言うアイドル今はいないよなぁ。

大きな顔看板、お金吸い取りロボット、死のハエたたき、でっぱった楔形文字、婦人警官コンテスト、オリエント急行、76年ごと、神様、ライオンに翼、ハレー彗星、五右衛門の恋、も印象的。

おとぎ話し的な部分やSFもありで古い作品の割にぶっ飛んでると思う。

「あなたを愛してるわ」
軽くて底抜けで楽しい映画〜こういうのが見たかった。制作過程の混乱とか劇場版他作品との比較を持ち出して点数を下げるのはあまりにもったいない!!

あとルパンの「とっつぁん、シンバルがよく似合ってるぜ。キスしてやりてぇくらいだ」って台詞、意味よくわからんがめちゃ良い。この映画のテンションを象徴してると思う。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.1
テレビシリーズPart3の頃なのでピンクジャケットのルパン。

Part3がそもそも紆余曲折したからね。当初は大人向けハード路線を目指したが苦戦。途中から路線変更しギャグ路線に。
なんかもう、シリアスからギャグへの振り幅が大き過ぎ(笑)その煽りを受けてか今作もハチャメチャだよ。

古代バビロニアの黄金を狙いニューヨークでギャングに狙われるルパン。さらにロゼッタなる老女に付きまとわれる。
銭形は何故か婦警のミスコンの司会者をやらされ、何故か各国の婦警を部下にルパンを追う。どーいう展開だ…
バビロンの黄金は紀元前にメソポタミアからニューヨークに運ばれていた。ハレー彗星に乗った宇宙人に…えぇ?
バビロンの金を持って宇宙に帰るロゼッタなのに最後でルパンがお宝をぶんどっちゃう…ええええ?ロゼッタはどうなっちゃうの?酷くない???

宇宙人だUFOだってネタもあんまりだが、物語も雑!!!
幼少時にテレビ放送で見たが、当時でもUFOは見てられなかったよ。

しかも山田康夫の演技もデフォルメにデフォルメを重ね過ぎて、ルパンが完全に変な人だよ。うーん。

作画含めPOPな雰囲気は良いのだが、全体的に大雑把過ぎると思います。
押井版ルパンを没にして作られたのがコレなのかぁ。
凄まじいまでの無茶苦茶感。
なんだこれに脚本とかあんのか?なにからなにまでなにひとつ筋が通ってない。あらゆることがおこるのに、あらゆることが無意味で唐突。あえて、か?あえてなのか?
nccco

ncccoの感想・評価

-
うーん。劇場版というより金曜ロードショーで十分な感じのお粗末さ。敵が誰なのかハッキリしないし不二子ちゃんのお色気もキレが悪いし焦点がボケてる。作画もなんか変。オマケに金持ちの息子の声優がヘタクソ過ぎて1人だけ浮きまくっていた。

安定のはずのマキオさんの声が異様に若く聞こえた五右衛門は雷を切ったと思ったらバナナに滑ったり、チャイナちゃんに恋したり(しかも両想い) と可哀想なキャラ全開だったけど、愛しいからまぁいいか。
>|