愛について、東京の作品情報・感想・評価

愛について、東京1993年製作の映画)

製作国:

上映時間:113分

3.7

『愛について、東京』に投稿された感想・評価

Omizu

Omizuの感想・評価

3.3

【1993年キネマ旬報日本映画ベストテン 第7位】
『十九歳の地図』柳町光男監督作品。東京国際映画祭ではコンペに出品され、審査員特別賞を受賞した。

柳町光男監督は『カミュなんか知らない』はよかった…

>>続きを読む

1993年度キネマ旬報ベストテン7位

主人公の性格と、物語の中での成長が掴みづらいので脚本とかは微妙
それと、女性の描き方には疑問が残る。

しかし劇中1991年当時の屠場、都電、中国人コミュニテ…

>>続きを読む
1992年ありのまま。全てが古臭く感じる一方、差別や偏見は何も変わってない。オブラートに包む事なくストレートに社会の気持ち悪さを描く。美化も蔑視もしない姿勢。藤岡弘と戸川純が夫婦役!
2022-09-18 ぽすれん
1992年の東京、都電荒川線
携帯電話ない。クルマは四角い
中国から若者が大勢来ていた

換金所での手アップ、ものすごいブレッソン

時代の画、とりわけ、屠殺場、パチンコなど、もはや撮れない画、多数
外国人コミュニティ的なもの、ただでさえ描写されるもの少ないが、94年、そのワードも出てき…

>>続きを読む
Haru

Haruの感想・評価

-
上映前の「残酷を見つめる目」の話が面白かった。
残酷、残酷は女性が傷つかないと体現できないの?と思うけど、残酷から目を逸らしてるから言えることはない
jam

jamの感想・評価

-

たくさんのものごとが交錯する場所、東京。
ふたりは東京という場で出逢ったからこの結末になってしまったが、東京という場でないと巡り合わなかった。
全てはこの地に起因しています。

冒頭シーンをサラダ食…

>>続きを読む

冒頭から何回も出てくる畜牛屠殺の衝撃シーンが頭から消えない。明らかな差別を受けて暮らす中国人留学生にスポット当て、日系中国人アイリーンと留学生ホオジュンとの恋、アイリーンに目を付けたパチンコ店ヤクザ…

>>続きを読む
郊外のパチンコ屋さん、店員はガダルカナルタカ、社長は藤岡弘、嫁は戸川純…行ってみたい〜
ロケーションとにかく最高。音楽も好き。
カップルに友人も強さの中にも儚さが。
jin

jinの感想・評価

-

主人公の性格がうまく掴めなかった。
中国人への差別的な台詞を聞くたびに泣いてしまうけど、泣くだけで何も出来ない。全体的にはコメディタッチ。
車窓と掌、自転車を押し登る土手、東京ドームの21番ゲート前…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事