プラダを着た悪魔のネタバレレビュー・内容・結末

プラダを着た悪魔2006年製作の映画)

The Devil Wears Prada

上映日:2006年11月18日

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「プラダを着た悪魔」に投稿されたネタバレ・内容・結末

温めておいた映画の一つ。

すごく有名で女子を魅了する今作、どんな話かと思ったらストーリー自体は意外と単純。
けれどこの映画は女子の夢やときめきがふんだんに詰まってる。
"○○に電話"、"○○の服持ってきて"、"○○のワンピースには○○のベルト"ってでてくるブランド名が端から端まですごい。それを最先端の舞台で向き合ってる全ての登場人物が物凄くかっこよくて仕方がない。
「親近感持てなくて面白くない」なんて感想はとうに超越していて、無条件に目を輝かせるしかなかった。
アンドレアがファッションに目覚めて仕事も板についてきてって過程を短いスパンでテンポ良く見せてくれる演出は見てるだけの自分まで綺麗なった気がして楽しかった笑
サントラも物語もそんな凝ってる感じなかったけど、衣装とメイクに死ぬ程力入れてるしオールオッケー!
That’s all !!

物語も演出もそのままでいいから、ファッションだけ時代のトレンドに合わせて5年に1回くらい更新してくれないかなー。
何百回でも見るのに。
とても素敵な映画。ミランダの教育方法は賛同できない点もあるけど、仕事のために生き、仕事を愛するミランダはかっこよかった。
最後、アンドレアとミランダが別れるシーンはとても印象的だった。「あなたは私と似ている」という言葉の通りアンドレアとミランダは共通する点があって、その共通部分がふたりを別れさせたのだろうと思う。ふたりとも考え方が異なる点はあるけど、共通している部分は誰かが求めるものを超えて自分の人生を生きていくところ。

アンドレアは初めファッションについて無知だったけど、ミランダの元で働き始めてから人として成長し、仕事の楽しさを見出して自立した女性に変化していく姿が眩しかった。わたしもこんな風にお仕事をしていきたい。こんな風にいきいきとした強くて自立した女性になりたい。
アンドレアは私の理想的な女性だった。恋愛をしている女性も好きだけど、私はやっぱり、お仕事が好きで、目標を持って生きている女性が好き。定期的に見返したくなる作品のひとつ。
ファッション雑誌の編集長の下で働くというなんともきらびやかな世界観の映画。

キャリアウーマンとは、こういう女性の事だ!と、宣伝で押し付けられているような気がして若干窮屈な印象を受けた。

もっとアンドレアは鈍臭い感じで、そこから成長していく話なのかとあらすじを観て思ったけど、全くそんなことはなかった。アンドレアは最初から仕事が出来すぎているし、ハリーポッターの原稿の下りなんかもちょっと非現実的すぎた感じはした。

恋に仕事に頑張る女性たちへ!みたいな宣伝の仕方だったけど、自分からするとアンドレアに感情移入できる訳もなく、、、といった感じでした

でもラストのシーンはすごく良かった。
全力で仕事にむきあってきたからこそのアンドレアの決断。最後のケータイを噴水に投げるシーンはカッコよかった。
あんな風に仕事を辞めたい!!!
めちゃくちゃにいい!
かっこよくてすっごい憧れる、、

最後にミランダをみかけたあとにミランダが車の中で微笑んでるのすっごい泣けた、、

エミリーに電話をかけて服を譲るってゆったあとのエミリーが(;_;)
前任の〜ってゆってるのも泣けた!

もうとにかくかっこよくて、素敵だった!

惜しい人材をうしなった感がよかったです
なんというかそんな人になりたいなと

やっぱり外国の男の人は懐が広いというか、なんというか、いいですね
オシャレに興味の無かったアンディがだんだんと洗練されていく様子や、仕事ができるようになり認められていく様子は気持ち良く観ることができた!

ただ、劣悪な労働環境(着用している洋服や靴を笑われる、プライベートでも携帯で呼び出される、無理難題を押し付けられる等)や、恋人や友人との気持ちのすれ違いは見ていて正直しんどかった。何より、ナイジェルが気の毒すぎて最後悲しくなってしまったので点数はあまり伸びず…。

アンディ自身も(エミリーの件で)ミランダのように危うく悪魔になりかけたけれど、仕事を辞めることでこれまでの自分に戻ることができた、という教訓は良かったな。
ずーーっと見たかった
The Devil Wears Prada!
Netflixに無いから、観たくてもなかなか見れずに居たけど、この間の金曜ロードショーでついに❤️

とにかくAnne Hathaway演じるアンドレアが可愛くて、、
日々のファッションがとにかく素敵で、真似したい😭

Meryl Streepが演じてた、ミランダがとにかく理不尽な会社の上司!!!!って感じで、
良い映画なんだけど、理不尽なことが多いのは現実とリンクしてた
発売前のハリーポッターが見たいって言われたら、そんなの出来ませんって言うしかないよね!?
でも、そこをどうにかしようとCHANELとHERMESを身につけたアンドレアが走り回るシーンはお気に入りだったな、
ミランダの机の上にハリーポッターの本が用意できた時の、ほら見ろ!やれば出来るんだわ!て言わんばかりのアンドレアの表情が最高😂
こっちまでガッツポーズしそうになった

見ると心がキラキラする感じ、
映画のオープニング、girlsのモーニングルーティン?、準備のシーンがもうすんんごくキュートで🤍🤍

レミゼ見てから、Anne出演の映画が少しトラウマだったんだけど、
マイインターンとこちらの作品は
見て良かったな🥺
悪魔ってそっちのことか。
最初っからアン・ハサウェイ可愛かったけど、あれでデブでダサいって…えー。
上司の無理難題が、ホント無理過ぎて。それでも認められるのかっこいいなぁ。
もう一度見るかというと、マイインターンの方がいいかな。
これまで自分でこうと決めたらすぐ行動してきて前の居場所に少し未練がうまれて後悔したこともあったけど自分で決めたことだからがんばれて結局後悔を超えるぐらい得るものがあって そういう意味ではわたしには長年がんばってきたこれっていうものがない たまにそれを虚しく思うこともある反面やりたいことはだいぶ好き放題やってきてその経験に後悔はない 失う覚悟と未知を追う覚悟のどちらかが欠けてたら行動を起こすってむずかしい そう思うと自分の自分には覚悟があるっていつでも思える頭のよわさがあってよかったなって思えたりもする 
アンハサウェイが仕事頑張るやつ。
いつ見てもアンハサウェイ好きだわ。
にしても上司理不尽すぎる笑ハリポタ原作調達しろって無理だろ!笑
そういう理不尽なのが社会ってことなんかな。結局は人それぞれ。
#強さとは

ずっと見たかった映画をやっと。

サイズ6から4に変わったアンハサウェイの美しさといったら...

段々とミランダに魅了され、信頼され、
価値観まで変わったのかと思ったが、
最後の最後で、自分の気持ちに気づいた彼女

自分の夢のため、と辛抱強く働いた姿。
認められる一方で、失っていく大切なもの。
何が大切で、何が自分らしさなのか、
貫いた彼女は強い。

似ているようで似ていない2人
どちらも強く美しいばかり。
>|