ファッションが教えてくれることの作品情報・感想・評価

「ファッションが教えてくれること」に投稿された感想・評価

私は、彼女の服のことを「引退したプロレスラーみたい」と言ってめちゃくちゃ怒らせたことがあるくらいなので、もともとファッションには疎い。
「だってホラ、長州さんも着てたから」と弁解するも火に油を注ぐ結果に…。デート中ずっと機嫌悪いから空気を変えたくて、「長州さん、キレたんですか?」って聞いたら、もう烈火のごとくキレましたよね、長州さん。それ以来、人の服のことは言わないようにしてる。

本作は、アメリカ女性の10人に1人が読むというヴォーク誌の9月の特集号ができるまでを取材したドキュメンタリーだ。
ブランドはあまり興味がないし、ヴォーグを知らないどころか、普段はキン肉マンのTシャツを生乾きで着ているイモ野郎なのに、何となく観ることになった。
プラダを着た悪魔のモデルといわれる女編集長が登場。その決断の早さや気迫のこもった表情に、みているこちらまで緊張感を強いられる。優秀なデザイナー軍団によって構成された編集チーム。現場は彼女が白だと言ったら黒いものも白になるような雰囲気だ。彼等の仕事は第一に編集長を納得させること。下手には逆らえないが、自分の意見を曲げずに押し通したいならば、彼女に才能を示し認めさせなければならない。
かなりの影響力をもつ仕事で、多くの才能ある人が妥協を許さずそれに従事しているということはわかったが、この題材にして単なる取材番組の域を出ていないと感じた。
アナ・ウィンターは、なぜ頂点まで登りつめることができたのか、なぜこれほどに冷徹に割り切ることができるのかと、この女傑の流儀に焦点をあてても面白いのではないか。
或いは、ファッションが人の生活に何をもたらすのか、その可能性とは何なのかを最高峰のプロフェッショナルたちが考察するのであれば、「ファッションが教えてくれること」という邦題のとうりに、生乾きTシャツのバカが人生観を変えられるような、外側に開かれた作品になったと思う。
みのり

みのりの感想・評価

4.0
泣く子も黙るヴォーグの編集長、アナ・ウィンターのドキュメンタリー。プロフェッショナル仕事の流儀が好きな人におすすめです。

アナの、一切のの妥協も許さない姿勢がすごい。美意識との闘いです。でも、職場にこんな上司いたら嫌だなあ……実際、エディターのグレースは陰で「Crazy‼」とか言ってましたが。グレースも言いたいときは言う、譲らないところは譲らない、というスタイルはさすがプロだなと思いました。

華やかなファッション業界、とくにプレタポルテのランウェイの様子をみると、テンションが上がりました。デザイナーを育てる力や素材、生産、流通などなど、いろんなことを考えると、あらためて、「ジーユーで服買ってる場合じゃねえ!ハイブランドを買える人になりたい…財力があれば……。」って気持ちになるのです。財力があれば……。
プラダを着た悪魔ってほんとにそのまんまだったんだ。
「アナのオフィスです」もそのまんま。

みんなかっこいい。
mare

mareの感想・評価

4.0
上に立つ者には潔い決断力と嫌われることを恐れないことが必要だと感じた
オシャレへの気持ちが感化されるもう一回見たい〜
mahomemon

mahomemonの感想・評価

3.8
90分と短いけど、プラダを着た悪魔よりもこっちの方が圧倒的に好きだし、おすすめ。
一度観ると、なぜ世の中9月前のファッション業界がわちゃわちゃするのか見えてくるし、9月号の表紙の見方も変わってくる。たかが雑誌、されど雑誌。
季節の行事(もしくはそれ以上)をつくりあげたVOGUEすごい

若かりしのアナウィンターのびっち感まじ最高。
ます

ますの感想・評価

3.5
プロフェッショナル 仕事の流儀みたいな感じ。こういう風に流行は作られていくんですね。
常に目を開けておきなさいって言う言葉はなるほどと思いました。
kiyora

kiyoraの感想・評価

3.8
VOGUEは「女性の夢の国!」
アナは本当に美しい。サングラス外して笑ってるところなんか少女みたい。
プラダを着た悪魔も好きだけど、メリル・ストリープにアナのような儚さってない…
仕事っていいなーかっこいいなーって思えるドキュメンタリー!
shiori

shioriの感想・評価

5.0
ヴォーグ編集部の、雑誌が仕上がるまでのドキュメンタリー。

アナとグレースのお互いを尊敬しながら、自分が良いと思うものを作るために意見を言い合うシーンはハラハラするけど、仕事ってこうじゃないといいもんできんよなーと感じる。

アナがカリスマ編集長、グレースが天才エディターと、得意とすることが2人とも違って、それでも「いいものを作る」という目的が一緒だから、長い間仕事をやっていけるんだろうな。
yoko

yokoの感想・評価

3.0
仕事への向き合い方のヒントがもらえる映画。
ファッション業界って華やかな印象だったけど、そんな生温いものではないんですね。自信と強さを兼ね備えていないと潰れてしまいそう。

...頑張ろう。
1230

1230の感想・評価

3.9
数年前に、映画"ディオールと私"を観た後のような静かな感動と衝撃。私もサークルで雑誌を作っているから、与えられた影響が計り知れないほどの大きさ。
やっぱりドキュメンタリーは面白い。
"プラダを着た悪魔"の編集長の姿は誇張じゃなかったんだな、と知った。とにかくアナのカリスマ性が凄い。彼女基準に動き、そのせいで理不尽な状況にもなり得るあの職場でも部下みんなが付いてきているというのは、それだけ全員から彼女の力が認められているということなんだろうと感じた。
どの場面でもグレイスの心情を考えてしまい、居た堪れなくなったけど、同時に強い憧れも抱いた。
「移動中は寝るな」という大名言が胸に突き刺さったな〜〜目に入るもの全てがアイディアのヒントになるんだな。
わたしもあんな仕事がしたい。何かをやるにしても生半可な気持ちでやってはいけないなあと思った。わたしもファッションは人並み以上に好きだと自負しているけど、わたしくらいの気持ちじゃあファッション関連の仕事についてはいけないな。あとは雑誌を作る上での実用的で効率の良い方法も伝授された。How toのように。
とにかく将来のキャリアパスのようなものを考えなければいけない大学生のうちに観られてよかった。定期的に観て、自己を戒めよう。
実際にあのときの9月号を手にとってみたい。
>|