モナリザ・スマイルの作品情報・感想・評価

「モナリザ・スマイル」に投稿された感想・評価

仕事も家庭も両立ってすごく難しい、独身女の私にでもそれは分かる
けどさ、どんなに忙しくても、アートを愉しむ余裕は失いたくないよね

ジュリアロバーツ、やっぱ美し
キルスティンもジュリアも若くて可愛い

目の保養、目の保養
ar

arの感想・評価

4.2
色んないい要素あったり問題起きまくったりしたけど、基本的に保守との闘いの話でとってもよき
あとジュリアスタイルズ.吹き替え.jazz songも良き
hikari

hikariの感想・評価

4.0
誰にどう言われようと自分の意見を曲げずにしっかり持っているキャサリンがかっこいい
時代的に女性の地位が低い?のかな
そんな風潮でも女性もやりたいことをやるべきであるという考えを持ち、生徒たちの考えを180度変えてしまう力がある強い女性で、女性として、人として尊敬する
Ayano

Ayanoの感想・評価

3.5
戦後の女性の行き方、結婚し模範的な妻になること、それに抗うわけではないけれど、自分の心の目で行き方を選ぶジュリアロバーツがかっこいい。繊細さと強さをもっている人は世間体やしがらみから開放された存在でいてほしい。あと、サントラ素敵でした。
1950年代。大学の美術先生がジュリア・ロバーツ。生徒がキルスティン・ダンスト。対立関係にある。保守とかリベラルとか、どっちが正しいかではなく、お互いの意見を認め合い、生き方を自由に選べる事が大事だと思いました。
miruko

mirukoの感想・評価

3.8
ジュリア・ロバーツの作品の中で1番好き♡♡

第二次世界大戦後、アメリカの上流社会のお嬢さんたちが、最高峰の私立女子大学で、美術の授業を通して、自己実現について考え、それぞれが求める将来への道を選んでいく様子が大好きです。
キルスティンが“He doesn’t sleep with me”と泣き叫ぶシーンでは、私も必ず泣いてしまいます。
女性には1度は観てほしい〜
旧態依然とした良妻賢母教育に疑問を呈し、主体的に自らの生き方を選択していくことの重要性を説く作品。

身も蓋もない言い方をしてしまうとポリコレ色が強い。主張内容自体は正当と認めつつもポリコレ的なものがあまり好きでないので、苦行のような時間帯が結構あった。
YK

YKの感想・評価

5.0
I’m surprised that her life is definitely like mine!!!
I felt like I was checking if what I’d done was not wrong and bad. I’m not like a type of girl who takes romance rather than what I seek for my future. Of course romance is so wonderful. I just don’t know how good it is yet. But I just want to take my life and what I need to do.
I’m so happy to see this!
犬

犬の感想・評価

3.4
結婚

50年代のアメリカ
保守的な名門女子大学にやってきた進歩的な女性教師が、伝統を重んじる生徒や教師と摩擦を繰り返しながらも、少しずつ学園に変化をもたらしていく姿を描いたヒューマンドラマ

みんな勉強はできるけど、、

学園モノ

女の世界ってホント怖い
でも面白いです

ロマンスも楽しめました

絵や授業が印象的
あと、エンドロール

俳優陣が豪華だった
特に生徒たち
それぞれ個性が強い女性たちでした
こちらも14日までだったので。。。家制度があった時代の日本っぽい。日本よりは違う所としたら大学に通ってたりしてた所かな。

それでも「男」のため、「子ども」のため、女が何するべきかを虐げる感じが凄かった.....あの男(名前忘れた)許せん.....
>|