カフーを待ちわびての作品情報・感想・評価・動画配信

「カフーを待ちわびて」に投稿された感想・評価

DVD📀所有、再鑑賞。「ハブと拳骨」の中井庸友監督作品。『チーム・バチスタの栄光』の玉山鉄二、『山のあなた 徳市の恋』のマイコ主演映画。

第1回日本ラブストーリー大賞を受賞した同名の小説を映画化したピュアなラブストーリー。

不器用な青年と謎の女性が幾多の困難を乗り越え、互いにかけがえのない存在となっていく姿を温かく見つめる。沖縄の美しい景色を背景に描かれる、純粋に人を思う気持ちに胸が熱くなる。

南の小さな島で雑貨店をしながら愛犬のカフーと暮らす明青(玉山鉄二)は、ある日1通の手紙を受け取る。そこには「あなたのお嫁さんにしてください」というメッセージが書かれていたが、彼は差出人に心当たりはなかった。そんな折、突然幸(マイコ)と名乗る美しい女性が島を訪れ、いつの間にか明青の家に居ついてしまうのだが……。
はまち

はまちの感想・評価

4.6
この映画すき。隠れた名作だと思ってる。

十数年ぶりに再鑑賞。
なぜか突然この映画の主題歌がある日頭の中に流れて、また観たいなぁと思ってたら、職場の先輩がDVDを持ってた奇跡。

沖縄を舞台にした映画はたくさんあるけれど、
沖縄に住んでる私からすると、そういう作品観てちょっとリアリティに欠けるというか、違和感ていうか、
地方舞台の映画で地元民が違和感感じるのはあるあるなんだと思うけど、
でも、この作品はわりと頑張ってるほうかも(上から)。

方言も使ってるし(ちょっとネイティブさに欠けるけど)、
離島の文化も織り交ぜてるし、
また離島の抱える社会問題も垣間見える。
だからあまり余計なこと考えなくて安心して観れた。

で、ストーリーはドラマチック過ぎるけどすごくちょうどいい感があるのは、
その設定のリアリティと、そして主演2人の魅力に尽きる!
2人とも変わらないなと思った。
だから、美しい男女と美しい沖縄の海、
ズルいけど、なんか大丈夫なんだよな〜

アキオみたいな人、いる(笑)ヨレたTシャツと短パン、年中ビーサン(笑)
そして、おおらかで明るい島の住民たち、営まれるなんでもない日常。
癒されます。
Gasoline

Gasolineの感想・評価

3.7
絵の色合いとかナレーションとか見せ方がずるい
エンドロールでモノクロの写真使うのもずるい。
原作を読みたくなった
hosaka

hosakaの感想・評価

3.3
原作と大筋は同じだけど、細かいところが変わっていて、まったく別物にすら感じた。
周りのみんなが幸せであること、それが自分の幸せ。そうだな〜、そう感じられる人生こそが、幸せなのかもしれないな。
沖縄の島にいる気分に浸れたのは最初の10分くらいだった。ん?それが目的の映画じゃないのかな?こんな男子の妄想と理想も沖縄だから許されると思うなよ。でもごめん。見た私が悪かった。
you

youの感想・評価

3.0
何か原作の方が良かった。色々話が付け足されているし、微妙かな。
poke

pokeの感想・評価

-
200519@unxt
偶然見つけたタイトル。
ほっこり系だろうか…
河合

河合の感想・評価

3.4
玉山鉄二が素敵だな〜

捻くれているからか、幸の魅力がまじでわかんなかった…原作読んでたらまた違うのかなー

明青、そっちのがかっこいいから髪切んなくていーよ!
エンドロールの俳優犬の書き方が可愛かった

沖縄の物語なのに思ったより沖縄を感じなかったのは、さっちゃんの姿のせいかな。
>|