レインツリーの国の作品情報・感想・評価

レインツリーの国2015年製作の映画)

上映日:2015年11月21日

製作国:

3.1

あらすじ

向坂伸行(玉森裕太)は、高校時代に大好きだった「フェアリーゲーム」という本について何気なくネットを検索していたところ、“レインツリーの国”というブログを見つける。そこに書いてある感想に共鳴した伸行は、管理人のひとみ(西内まりや)にメールを送る。数日後、奇跡的にひとみから返信が届く。ネットを通じて繋がった二人。そこから、メールのラリーがはじまり、伸行は、ひとみに会いたいと思うようになる。 しかし…

向坂伸行(玉森裕太)は、高校時代に大好きだった「フェアリーゲーム」という本について何気なくネットを検索していたところ、“レインツリーの国”というブログを見つける。そこに書いてある感想に共鳴した伸行は、管理人のひとみ(西内まりや)にメールを送る。数日後、奇跡的にひとみから返信が届く。ネットを通じて繋がった二人。そこから、メールのラリーがはじまり、伸行は、ひとみに会いたいと思うようになる。 しかし、彼女はどうしても会えないと言う。頑なに会うのを拒む彼女には伸行に言い出せない秘密があった。

「レインツリーの国」に投稿された感想・評価

赤さん

赤さんの感想・評価

3.7
キツいなぁー、いい意味で何度も心が苦しくなる作品やった

彼女が難聴やて気づく所も、彼女のために間違った戦い方をしようとする所も愛が感じられる
cangal

cangalの感想・評価

3.3
美男美女で見てて癒された。最初引き込まれたけど、終わり方はちょっと中途半端だったかな~素直になるのって大事!
kimi

kimiの感想・評価

3.5
大好きな玉森くんの初主演映画。
難聴と知らずに出会い、西内まりやが難聴と気付くあのシーンが忘れられない。とても同情してしまった。そこから難聴と彼女と向き合う姿に感動。関西弁も不慣れながら似合っていた。
ふみ

ふみの感想・評価

3.3
あのもう尊かったです。自分だけが辛いんじゃないってみんなめんどくさくて、そんなふたりが素直になれてよかった~;_;尊い一途!原作もこれもすき!
Pinkfish

Pinkfishの感想・評価

3.5
西野カナさんをあまり好意的にはなれませんでしたが、映画としてはピュアラブストーリーで良かったです
Yui

Yuiの感想・評価

4.0
原作未読のまま鑑賞♪
本音は玉ちゃん観たさに鑑賞 笑
西内まりやさんも可愛いかったです(*´>ω<`)
玉ちゃんの関西弁 よかったぁ♡

ラスト…キュンでした(//∇//)
iketaka

iketakaの感想・評価

3.4
大学生の頃、小説を読んで好きになったこの作品。
映画化されると知ってマークしていた作品。

まぁ、悪くはなかった。(何様)
序盤の展開が少し急すぎたのと、もう少し主人公二人が清楚なイメージだったので、少し置いてきぼりになった。

でも、作品としてはやはり好きですね。
何というか、上手く描かれている、そんな気がした。
理解としようとすることが、同情とも上から目線とも捉えられてしまうもどかしさ。
頼りたいけど近づきすぎてしまう恐さ。

結局は二人ともいい子。そういうこと。
take

takeの感想・評価

3.2
小説が好きなので観劇。
2人のやり取りと感情の複雑さとか葛藤とか聴覚問題とかなんかあっさりしてる感じ。
「世の中には、言葉に責任を持てる人がどれくらいいるんだろう」

玉ちゃんか~しかも恋愛ものか~
なんて思ったけど、思ったよりよかったです。

その人にしかわからないこと。
目には見えない相手の刻んできた時間。
それが解らないから、知らないうちに言葉は凶器にもなりうる。だけど言葉がなければ、解り合うことは出来ないから、言葉を間違えても、言葉で仲直りしたりして、大事に大事に使おうって思いました。
tappa

tappaの感想・評価

3.5
健聴者との食い違いとか、障害によって苦しんできた日々とか、見てて辛いところもあったけど西内まりやの可愛さに全て持ってかれてしまった。小説で読んだ時はめちゃくちゃ重かったのに。

つまり可愛いって正義。
>|