六月燈の三姉妹の作品情報・感想・評価・動画配信

「六月燈の三姉妹」に投稿された感想・評価

「海街diary」みたいな家族の日常が淡々と、でも少しずつ変わっていく様子の映画が好きな人は刺さると思う。
結婚に向いてない長女、離婚調停中の次女、幼さが残る不倫中の三女が、狭さもあり暖かくもある町でそれぞれ歩んでいく話
いと

いとの感想・評価

3.6
ストレートには言わないけど、皆んながそれぞれを思い合ってる感じ。
大事件は起きないけど、暖かい映画だなと思いました。
香

香の感想・評価

-
お互いをきちんと愛している
家族の物語

自分の母親を嫁に押し付けて「あの嫁は気が強い」とか言っちゃう家族&旦那とよりを戻すのが一番解せなかったが

吉田羊さんが良い味出してました
カルキャン食べてみたい
もちこ

もちこの感想・評価

3.6
お盆に観たからかな、日本のこういう兄弟がいて、地元に自分を知っている人が沢山いて、ごちゃごちゃしている感じが良いよなぁ。
方言もよいよなぁ。和菓子食べたいな。
こめぐ

こめぐの感想・評価

3.0
想像していたよりもみんな複雑な過去と現在。

吹石一恵が綺麗だったのとお父さんがとても良い人だった。みんなの鹿児島弁も良い。
一瞬の沢村一樹が面白かった。
ポチ

ポチの感想・評価

3.0
じわじわ~っと良さが染みてくる作品でした。

鹿児島の六月燈のお祭り。
その時期は和菓子屋〝トラヤ〟は大忙し。
三人姉妹に、両親は離婚しながらも一緒に暮らし、和菓子屋を切り盛りしている。

そんな6月の和菓子屋の小さな小さな出来事。
三姉妹は3種3様の生き方をし、和菓子屋に関わってる。
次女は離婚するため帰ってきて、夫は必死に愛を伝える。
そして、祭りの空気のせいか、いつもと違う話をする三姉妹。

ただ和菓子屋を見ているだけなのだけど、そこには、思い入れや愛情や
認められたい、守ってもらいたい、
守りたい、笑いたい、いろんな想いが沢山詰まっている。

大した事件なんか起こらないのだけど、
そのちょっとした決断や、優しさに
心がほだされました。
素敵な和菓子屋さんのお話し。
いち麦

いち麦の感想・評価

5.0
お祭りの準備をする小さな和菓子屋の家族たちにこんなにも襞の深い人間模様があったとは…。女性の視点に拘った実に苦み渋みの強い恋愛物語が炙り出される。姉妹や母娘、女性同士の心の推し量りと思いやりの深さに感服した。
NACCI

NACCIの感想・評価

3.5
ただただ一家族の日常が描かれているだけ、なんだが、それが良い。
最初の方にでてた、パルムみたいな和菓子めっちゃたべたい。
knarakyo

knarakyoの感想・評価

3.6
和菓子屋って素敵。家族って無限に描けるしある種の共感はある。
N

Nの感想・評価

3.0
いろんな問題が起こっているのに時間が流れていくスピードが緩やかで、いい意味で田舎だなぁと思った。
なんとなく帰省したくなる。
>|

あなたにおすすめの記事