有難や節 あゝ有難や有難やの作品情報・感想・評価

「有難や節 あゝ有難や有難や」に投稿された感想・評価

☆☆☆

明るく楽しい和田浩治主演アクション映画。

自動車のポンコツ修理工場に勤めるのが和田浩治。
殆ど詐欺同然の仕事振り(笑)だが、悪い奴らの為に工場のピンチ。
工場の娘役にはデビュー間もない吉永小百合。出番は僅かだが、流石に可愛いらしさは当時から群を抜く。

さて、和田浩治映画のヒロインと言えば、言わずと知れた清水まゆみと決まっている。今回の登場シーンに、役柄設定は。唐突且つ、とてつもない程のご都合主義(笑)

悪の手先には高品格や“ムッシユ”かまやつひろし等々。
舞台を岡崎・豊川稲荷近辺に移しては緩〜いアクション場面が展開され、実に楽しい。

清水まゆみを助けた事で感謝され、「実は誰々を探しています…」
「何だ!その人ならどこそこに…」
「本当ですか…」

ご都合主義も甚だしいぞ(爆)

そして探していた守屋浩が登場。守屋浩等の歌が数曲入り退屈しない。
守屋浩に助けられて危険を回避する場面の阿呆らしさこそは、《和田浩治映画ここにあり》と言え様か(笑)

そして和田浩治は由緒あるお寺の息子で有るのが観客に分かり、映画の最後には住職役の大坂志郎から、出生の秘密が明かされる。

さてさて悪の一家は、東京と岡崎・豊川近辺に根城を構えている様で(笑)清水まゆみの父親の会社が開発した機械の○○○を狙っていた…と解る。
遂に映画はクライマックスへ。
誘○される清水まゆみ。
誰が○拐したのか丸解りって…突っ込みたくても突っ込めんぞ(爆)

映画の最初から最後まで終始突っ込み続けて、豊川稲荷での大団円場面へ(笑)
いやいや!楽しかったです。
これだから《和田浩治》映画は堪らん!
ダイヤモンドラインの一人和田耕治の代表的な作品。浜口庫之助の音楽が楽しい。かまやつひろしが奇抜。スピード感ある西河克己の演出。