ベイブの作品情報・感想・評価・動画配信

ベイブ1995年製作の映画)

Babe

上映日:1996年03月09日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

「ベイブ」に投稿された感想・評価

okuboai

okuboaiの感想・評価

3.5
That'll do, Pig.
「君を元気づけ、君のために歌う」そんなタップダンスを窓越しに見てる仲間たち… 好き。

主役がビーガンなったの納得します。再鑑賞。
Riii

Riiiの感想・評価

3.5
心が安らぎに満たされる
ベイブ超可愛いし、ご主人もなんかしらんけど通じ合っててなんかラブ
動物たちが普段何を考え、何を話しているのか人間の私には分からないけれど、その世界を垣間見た気がしてワクワクが止まらなかった。ベイブの優しさは観ている人の心を癒してくれると思う、!
SONIA

SONIAの感想・評価

3.4
動物ものは無条件にカワイイ。
吹き替えで観たけど、ベイブの声がとても良かった。豚が牧羊犬になるという奇想天外な内容も全然違和感なかった。

大自然の中、動物達に囲まれた牧場生活っていいなあと思う。アメリカとは違う緑の多い広大さだなと。
松井

松井の感想・評価

3.3
とんこつラーメンのありがたさを噛み締める映画。

優しいブタの話。やがて食べられてしまう悲しい運命の動物たちが心を宿すとなんとも尊い存在に感じる。

史上初の牧羊豚を目指すベイブの成長していく過程をコミカルに描いてとても見やすい映画。多種多様な動物たちも魅力的。









以下ネタバレ感想★★★★











動物たちがしゃべる時点で演技っぽく見えてしまうのであまり深く考えず鑑賞。ベイブは優しすぎて炭治郎にちょっと似てる。他人を想う気持ちの大切さを痛感した。
ベイブが優しいからこっちも優しい気持ちになれる映画。家族で観たい。
ゴース

ゴースの感想・評価

4.0

丸大ハムの製造裏を描いた作品。

出荷されるはずの豚が牧羊犬ならぬ、
牧羊豚になってしまうので、
ハムができません。

豚も食べるだけではない。
羊に頭を下げて誘導する逆転的な
行為によってこの度、弊社の
新商品「牧羊ブタ🐽」はお客様に大変、
愛されるものとなり、株価も値上がりです。

私は「豚野郎!」と罵られながら
ムチで叩かれる休日を過ごしてます。
小さい頃、地上波で放送されたのをおばあちゃんが録画してくれて、何度も観まくった映画。当時は単に、「動物がいっぱい出てくる映画」、「小さなコブタが冒険を通して成長していく物語」だと思ってた。最近久しぶりに観てみたら、記憶していたよりも重い内容に驚いた。
家畜たちの悲惨な運命。それぞれの動物たちに与えられた役割。互いに境界線を越えることなく、自分の定めを受け入れて生きていく。そんな残酷な事実を、幼いベイブは知ることになる。そして純粋に、意図せず、そんな世界のあり方を変えていこうとする。
生きていると、どうにもならないことがたくさんある。だけど、それを受け入れた上で、境遇の違う人を理解して、一緒に生きていこうとすることは、紛れもなく平和への第一歩であると思う。
ひろ

ひろの感想・評価

3.3
サムネの豚があまりにも可愛かったので試聴した。

人間と豚のガチでアツイ友情をマジで描いた作品かと思ったら普通に動物が喋りだすファンタジーだった。

でもベイブが可愛いことには変わりないので許した。喋らなかったらもっと可愛いと思う。

—————

映画の内容はどうでも良いのだが、20世紀の技術で、動物同士がコミカルに動いたり触れ合うシーンをどう撮影できたのか、それがかなり気になった。
しじみ

しじみの感想・評価

3.0
どうやって撮影してるんだろう!
犬の表情がめちゃリアルで泣ける…

純粋なベイブ…かわいい

あと、海外レトロ感がかわいかった〜〜


犬のお母さん、凄く心強い言葉たくさんかけてくれる。こっちまで勇気づけられた。
レックスも優しい、、

動物の言葉は理解できないけど
ちゃんと動物達の気持ちを
汲み取っていてくれて
よき飼い主さんだなぁと思った。

励ましのダンス楽しすぎる

3びきのネズミたち好きだなぁ
>|