チキンランの作品情報・感想・評価

「チキンラン」に投稿された感想・評価

Tsubasa

Tsubasaの感想・評価

3.3
ドリームワークスのアニメっていろんな動物の視点で話が進むから面白い。
今回は鶏。卵を産む毎日。卵を産めなくなったら。。さぁ、こんな養鶏場から脱出しよう。というお話。
若干、大脱出、プリズンブレイク的な要素もあったけどラストはアニメらしくおわって微笑ましい気分になりました。
すずき

すずきの感想・評価

3.8
とある養鶏場。
卵を産めなくなった雌鶏は、鶏肉にされて出荷される運命だった。
そこの一羽の雌鶏、ジンジャーには夢があった。
それは、養鶏場の皆を連れて脱出、そして理想郷を目指す事。
しかしあの手この手の脱走計画は失敗続き。
そこに、空から現れた不思議な雄鶏ロッキーが降り立つ。
ジンジャーは、ロッキーに空の飛び方を教えてもらおうとするが…

「ウォレスとグルミット」「ひたじのショーン」のニック・パーク監督のクレイアニメ作品。

「大脱走」のパロディが多くて、シチュエーションから情景、音楽までそれっぽいw
でもロッキーが来てからは大脱走とはちょっと違う様相を示してくる。

ロッキーは飛べる鶏、という風に養鶏場のメンバーから思われてるけど、実際には知っての通り、鶏は飛べない。
彼の真実が中盤明かされるけれど、視聴者にはバレバレながら、実に丁寧な伏線を張り方だ。

養鶏場メンバーも濃いキャラ揃いだけど、そもそもそこまで脱走に乗り気じゃないからか、失敗ばかりで無能感が目立つ。

終盤は「鶏が飛ぶ」以上のありえなさだけど、養鶏場メンバー総出で力を結集し、妙な説得力で盛り上がる。
主人公もあんな見た目なのに、終盤は何か妙に可愛い仕草を見せるし、いい女だよね!
とり

とりの感想・評価

3.5
「チキンってお空を飛べないの?」子どものときに見てた作品がふと見たくなった。新世紀を告げた懐かしき温かみと屈託のない遊び心、今では大分と市民権を得てきた細かい仕事も本作あってこそで感銘を受ける。作りが実に細かいことに驚かされるし、『トイ・ストーリー』が打ち立てように今見ても色褪せない本当の新鮮味を感じる(物語の筋自体は今となっては珍しくないけど)。彼らに色を付けるボイスキャストも本作を躍動させる要因として大活躍(メル・ギブソンノリノリ♪)で、さながらストップモーション版『大脱走』その名も言うなら『鶏脱走』!冒頭からの展開は懲りないね~と言いたくなること必至。自分しか知らないウソが葛藤になる。童心に帰れる場所、少年時代のワクワクした幼き思い出は間違っていなかったと時を越えて確信。ちょっと前の(毛色が違うけど)『ピーターラビット』然り人間への反逆は面白い。特に終盤の爽快感には抗えないものがあるし、ジンジャー力持ち。シュールに王道で摩訶不思議チャーミング、ここには夢もロマンも大義もある。ドリームワークス(だから製作総指揮スピルバーグ)だから一応アメリカなのだけど制作も舞台もイギリスだしアメリカっぽくない、この雰囲気・空気感がまた魅力。アードマン・アニメーション最っ高!!映画館で1秒24コマで見る価値があるし、粘土コネコネ触りたくなる。
「ここから逃げなきゃ」「あなたの頭はチキンの脱走のことばかり」「努力と忍耐と努力だ。努力は2倍必要だからだ」Let's Rock'n'Roll!! チキンが降ってくる集団自殺
「やっぱり空を飛びましょ」Eggs from Heaven!
「楽園に行きたいなら漕ぎ続けるんじゃ」
TOMATOMETER97% AUDIENCE64
Chicken Run has all the charm of Nick Park's Wallace & Gromit, and something for everybody. The voice acting is fabulous, the slapstick is brilliant, and the action sequences are spectacular
物語とその展開はベタであるが、パイ製造機内部の作り込みやラストの荒唐無稽さの極みは流石に面白い。
reona

reonaの感想・評価

4.1
大好き!チキンラン!笑笑
これだよねー
ウォレスとグルミットよりも、ずーと好き
あまり楽しめなかった……最後の取って付けたような恋愛要素は本当にいらない気がした。
naonao

naonaoの感想・評価

3.2
一生、養鶏場にいるのなんて嫌だ!
逃げるぞ!!

一致団結映画。
脱走映画の枠をいまいち超えない。自動チキンパイマシンは楽しい
ぽん

ぽんの感想・評価

3.0
これも小さい頃パパと一緒にみた映画だな〜っと久々見たら懐かしいし結構覚えてたわ🤔

ストーリー的には養鶏場のニワトリが脱走を試みて毎回失敗する中、雄の空飛ぶニワトリが現れそこからみんな空を飛んで逃げようと考えはたしてニワトリたちは脱走&空を飛べるのかいうストーリー

ウォレスとグルミット自体見たことないけどやっぱクレイアニメって凄いね、1時間20分と短いけどそれを作るだけに凄い時間かけてんだろなって思うと本当凄い

キャラクターも可愛いわけではないが憎めないキャラクターばかりだよ、ただニワトリに歯があるのが笑っちゃうよね
クレイアニメは短編が好きだなぁ。

と言うのも、うわ、すげえ! これ粘土で作ってんだ! って感覚が時間長いとだんだん薄れてきちゃうから。

鶏たちが悪い飼い主に反旗を翻して、鶏舎から集団脱走する話。

全編に渡って、大脱走のパロディが散りばめられてて、最初はワクワクしてみてたものの。。。

途中でなんか飽きちゃったf(^_^)
単純な噺を盛り上げるだけのエピソードが足りなかったんだなぁ。

キャラの鶏たちもあんまり可愛くなくて、せめてヒロインぐらいもうちょっと魅力的に描いてくれたらな。

80分足らずの作品ですが、とっても長く感じちゃいました。俺には合わなかったです。残念(>_<)
>|