ベイブ/都会へ行くの作品情報・感想・評価

「ベイブ/都会へ行く」に投稿された感想・評価

Naoki

Naokiの感想・評価

3.8
ベイブ役はじめ、吹替の声優さんの声がピッタリ。

後半の展開がバタバタに感じたので、個人的には1の方が好きでした。
都会、怖い!。

三連覇キターーー。わーい、わーーい。
目指せ!日本一。いえいっ。
ビールかけ楽しそうだぁ。でも、お酒飲めないから楽しくないや。
ということで優勝記念、「ベイブ都会へ行く。」

監督は、マッドマックスのジョージ・ミラー。
前作は、監督ではありませんでしたが脚本には参加してるみたいですね。
なので、続編は核戦争後の世界。世紀末である・・・。
なんてね。ご主人がケガをしてしまい、借金の返済におばさんとベイブが都会に行くお話。

続編だから、新しいことに挑戦するのはわかるけど都会に舞台を移したのは失敗だったと思う。前作で好きになった動物さんが今作では、ほとんど登場しない。ここは少し残念でした。みんな、良いキャラしてただけに勿体ない。今作も動物がたくさん登場しますが、ベイブ以外カワイイのが全然いない。好きになれる動物が1匹もいなかったんで微妙でした。
やっぱり、牧場でのんびり暮らすのが一番。

この映画を観て、改めて思ったけど都会は怖い。
怖い動物に追いかけられるし、知らない人間に捕まるし怖いモノだらけ。
現実の世界だってそうさ。東京怖い。笑

今作は、おばさんも大活躍してました。
なんか、前作よりも更にギャグキャラになったけど、おばさんの頑張りには拍手を送りたい。

作品の出来としては前作よりも劣るけど、ベイブがカワイイのであと何作かは観たかったです。

ブーブー。

Amazonビデオ/Primeビデオ
fumika

fumikaの感想・評価

3.0
小学生の時ぶりに鑑賞

ベイブの純粋さが周りの心を動かし危機を乗り切るハートフルなコメディ


ほぼ動物メインだし撮影大変だったのかなぁと思ったり

あと終始ホゲット夫人が可愛い
お気に入りは夫人がホテルでベイブを救出しようとするシーン、ギャグかいっ
MicoTanii

MicoTaniiの感想・評価

4.0
ベイブのような、純粋で素直な心の持ち主は他にいません。

トラブルメーカーでもあり、みんなを引っ張っていく姿がなんとも愛おしいです。

吹き替えで観るのがかわいい。

どうやって撮影してんだろ、大変やったろうなー。

奥さまかわいすぎる。

小さい子と一緒に観るのが楽しい
″牧羊豚″として開眼したベイブ、今度は都会で大暴れ!って話☆

ご主人様のアーサー・ホゲットさんを怪我させてしまい、牧場経営の危機が訪れます。
高額なギャラ目当てにイベント出演のため、エズメ・ホゲット(アーサーの奥方)と共に右も左もわからない都会にやってきたベイブちゃん。
そこで出会ったたくさんの動物達と、持ち前の正義感と純粋さと優しさで打ち解けていきます。

本作でもベイブをはじめ、たくさんの動物達の愛らしさが溢れています。
そして、前作以上のドタバタ度が跳ね上がったコメディとして仕上がっています。

旅先にも旦那の写真立てを持ち歩くエズラの夫婦愛が素晴らしい☆

全てがそうでは無いけれど、動物達の演技に感心させられる一本(* ̄ー ̄)☆
nobuo

nobuoの感想・評価

3.6
ジョージミラー監督によるアニマル映画。正直、ジョージ氏が脚本のみ担当していた前作の方が纏まりが良く面白かった。悪い意味で諸々雑になっていたような。
終盤が完全に「サンダードーム」だった件については、もう少しどうにかならなかったものか...。監督、バンジーアクション気に入ってるのかな。
str

strの感想・評価

3.9
変わらずベイブは可愛いけど、ストーリーが重い。人間の都合の良い社会が舞台。
き

きの感想・評価

3.6
ホテルのおばちゃんの格好が可愛い。
あとイージー?の声がアナキンすぎて集中できない。
みそ

みその感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

奥さんとベイブの都会への旅。

個人的に好きなお父さんの登場が
最初と最後だけだったので
ちょっと残念(笑)

ベイブの人間への接し方や動物への接し方が変わってなかったのが
本作を安心してみれたところ。

ぽつん、ぽつんと、クスッてなるところがあって良かったけども、
悲しい映画になるのかなーって
モンキー劇が失敗した時くらいから思ってた。
奥さんもベイブも騙されたりとか痛い目あってちょっと悲しかった。
特に悲しくなってしまったのが、
ホテルのお向かいさんによる通報で
ホテルにいる動物たちがどんどん捕まっていくシーン。おさるの坊や。おさるの奥さん。ボスが金魚もっているところもキツかったね。
あとは、輸送車にかじりついた車椅子のわんこがカーブでなげだされ、歪んだ車輪がカラカラ回るシーン。
そのあとのまるで天国にいるかのようなシーンがちょっとコミカルで和ませてくれたけど、この天国シーンがなければ自分の心はボロボロだったと思う。

今回はおさるの奥さんが鍵をにぎってましたね。
出産のシーン。
青い風船で子供を見失うシーン。
それぞれでいい感じに場面転換できていたのでは?
ちょっと無理やり感はあったけども(笑)
あさ

あさの感想・評価

3.9
1週間観なかっただけで久しぶりに感じる映画…
1のほうが好き説はあるけれどエズメさんが体張ってて笑った
ブタが好きになる
動物と人間てやっぱり命の重みがあることをもてばなにも変わらないよね
>|