レーシング・ストライプスの作品情報・感想・評価

「レーシング・ストライプス」に投稿された感想・評価

maple

mapleの感想・評価

2.5
ざっくり言っちゃうとシマウマが競走馬になって競馬に出ちゃうお話。

元花形調教師の家族のこと、動物ないカースト、現実と夢など、特別新しいことはないけど安心して見れます。

吹き替えで見るとなんか少し懐かしい顔ぶれの当時の人気タレントの起用が寂しく感じます。

…特に文句つける所もないけど、オススメする所もないとても人畜無害な作品でした(ノ)・ω・(ヾ)
マチ針

マチ針の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

シマウマが競走馬と共にレースに出場する。種族に向き合うシマウマと子供の成長を受け入れる父親の姿を落としどころにした映画

このレビューはネタバレを含みます

【タレントを起用していない吹き替え版 推薦の作品】
10年以上前に観た映画をもう一度

動物達が言葉を話し、ストーリーが展開していく
こういう声優さんのアドリブ、遊び心が期待できる作品は、吹き替え版が良いですね。字幕とは違う雰囲気が出てると思います。

日本人にしか通じないギャグやアドリブは、吹き替えならではだと思います

ただDVDにはタレント起用されている方のため、テレビ版キャストは2度と見ることは出来ないかもしれません
春21号

春21号の感想・評価

3.2
小学生ぐらいの時に劇場で観ました。
その当時はこの手の子供向けのハリウッド映画が多くて公開されると必ず劇場に足を運んでいました。
親にパンフレットとジュースを買ってもらいワクワクしながらお行儀よく映画を見る
これが休日の最高の贅沢でした。

*実際のシマウマは人を乗せると背中が砕けるそうです。

心温まるいい映画でした!是非!
シマウマが頑張るところが好きだし
最初なかなか懐いてくれなかったりとかするけどやっぱり最後にはハッピーなので気持ちよく終われる
Chiyaki

Chiyakiの感想・評価

2.5
あ、これ、過去に観たことあるわ!
序盤、5~10分は覚えあるけど、
内容が全く思い出せんから、
楽しく観た🙌


いっやぁ、でも、日本語吹き替えの担当
酷すぎる笑😂
お粗末さが凄い、、、笑
動物の性別と担当の性別が合ってない~
オセロの松嶋さん、関西弁を舌を巻いて
話し過ぎ、、、
乱暴もエエとこやがな、、、笑

英語で聞くべきかな~笑😂
ストーリーはありきたりやけど、
好きやから余計に残念~🐧
nanako

nanakoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

動物たちの演技が良くて、思ったより楽しめました。
馬がちょっとこわいな。

サーカスのトラックから取り残され、ある父娘に拾われたしまうまのストライプス。
走るのが得意で、自分を馬だと思っています。

父親はレース馬の調教師で、妻を落馬で失ってからその仕事をやめ、農場を営んでいます。乗馬の才能を受け継ぎストライプスを大事に思っている娘と、農場にいる動物たちの励ましで、ストライプスもレースに出れるようになります。

レース馬は悪役で、人間で言えば嫌味なエリート。
そこに種類は違えど才能のあるストライプスが負けずにレースに挑んでいく、とっても良いお話です。

レースのシーンでは、ストライプスを応援して、画面に見入ってしまいました。
子供も大人も楽しめ感動できる、楽しい映画ですね。
動物の助け合いに感動!ラストゎ何気に泣けた。
動物が可愛い(*^^*)
ポニーが調教師、最高でした
笑いあり、感動あり、内容も◎
ギャグが下品なのが残念
シマウマが馬に勝てるアイデアとかないのかよ!
☆☆☆★

字幕版にて鑑賞
観る前はシマウマがレースに出る映画としか予備知識を持たずに観たので間違ってるかもしれないけれど、昔輸入ビデオ店で購入した『グローリー』監督ディビット・バトラー(日本未公開・勿論字幕無し)とゆう映画があって、内容はロバみたいな無名の馬が伝統のケンタッキー・ダービーを勝ってしまう映画だった。(この映画ではケンタッキー・オープンとなっているけれど)確認しようとしたけれど何処に行ってしまったか分からずに確認が出来なかった…あと、フランク・キャプラ監督作品の『その夜の真心』(原題ブロードウェイ・ビル)も似た様な話だったと思うのだけど…。
それらの映画が下書きにあったのかな?

それにしてもシマウマってとこが意表をついてるね。
トレーニング・シーンは完全にロッキーVSドルゴで大笑いさせて貰った。

部屋を整理していたらドナルド・オコーナー主演でフランシスとゆう馬が言葉を話す映画がシリーズで製作されていて、『Francis Goes to the Races』とゆう題名でその馬がレースに出走する作品があった。(フランク・キャプラの『スミス都へ行く』を意識した様な題名で、偶然にもLDを所有していた…しかし観ていなくて肝心の機械の方も)
おそらくはこの作品が元になって製作されているのではないでしょうか。
>|