20世紀少年<最終章> ぼくらの旗の作品情報・感想・評価

20世紀少年<最終章> ぼくらの旗2009年製作の映画)

製作国:

上映時間:155分

ジャンル:

3.2

「20世紀少年<最終章> ぼくらの旗」に投稿された感想・評価

しょう

しょうの感想・評価

4.0
オッチョ目線がかっこよく楽しい。

友達の人類の殺略を阻止できるのか

ケンヂは戻って来られるのか

ラストは映画館で泣きました
お友達との対決完結
子ども時代から抜け出せず今でも引きずっている「お友達」

こうやって昭和の様子を映画とかで見ると街並みであったり駄菓子屋や昔の車であったりとか憧れるものばっかりです!

原作はまだ見たことないのでぜひ読んでみたいです!!

このレビューはネタバレを含みます

CGもうちょっと頑張ってほしい。原作とは違う結末が面白かった。最後のグーダラスーダラは最高!
NOBITA

NOBITAの感想・評価

4.0
クライマックス太陽の塔のもとでスリーピースバンドの壮大なライブシーンかつエンドロールは何度見ても鳥肌ものだ。原作とは違う衝撃のラストは成る程なと受け入れてしまった。
fusemasa

fusemasaの感想・評価

3.7
当時、浦沢直樹と唐沢寿明がごっちゃになってたの思い出した。うら?から?笑笑
グータラ?スーダラ?笑笑
りゅう

りゅうの感想・評価

3.5
めちゃくちゃ怖かった記憶。この作品のせいでハットリくんが苦手になりました。犯人は 誰? って感じでした。
mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
最終章。壮大なライブシーン兼エンドロールをみて、迫力はあるけどこれで終わり?犯人分からないのは自分の理解力が無さすぎ?なんて心配になったが、ちゃんとエピローグがあって安心した。そこでの”20th Century Boy”の使われ方とキャスティングはかなり良かったと思う。ともかく友だちは大切にしないとダメだよな。
Ken

Kenの感想・評価

2.8
ともだちはちょっと可哀想だったかな、最後のライブシーンは印象に残る好きなシーン
よ

よの感想・評価

3.1
好きの反対は嫌いじゃなくて無関心ってゆうのがすごい突き刺さる。ともだちの正体と暴いてもらえへんことも悲しい。それでも負けへんかったカツマタくんすごい強い子やと思うけど。
自分の周りの人はちゃんと大切にしようと思える映画。
RE

REの感想・評価

4.4
グータラスーダラを何回も聞いた。小学生ながらにして、原作を何回も読み直したりした。
>|