20世紀少年<最終章> ぼくらの旗の作品情報・感想・評価

20世紀少年<最終章> ぼくらの旗2009年製作の映画)

製作国:

上映時間:155分

ジャンル:

3.2

「20世紀少年<最終章> ぼくらの旗」に投稿された感想・評価

ミ

ミの感想・評価

3.6
最後 屋上で一緒にギターを弾いて歌っているシーンが印象的。全ての伏線が1つになって これが集大成。
hideharu

hideharuの感想・評価

2.2
2018.7.18 DVDを再見。

三部作の最終章ですね。
マンガは本当に人気があるのでしょうか?周りで読んだことがある人が1人もいないけど。

まあ映画は、ということで語りますが、これが一番詰まらなかったです。そのくせ一番長いし。
ダラダラと物語も進み何だかなぁ〜と考えながら見てる。
「ともだち」は背格好やスタイルからしてあの人しかいないじゃん。
そして皆んな記憶が悪すぎる。自分が遊んでいた友達とか思い出せないか?まあこれは三部作の全部に言えること。
もっと普通の人間のような記憶力ならば直ぐに話も終わってしまうだろうが。

あのケンヂが歌う唄も全然いい歌じゃないよね。もう少しマシな曲にして欲しかった。それを最後に持ってきて万人を動かすってのは納得いきませんでした。

VRをタイムマシンと勘違いしてるのか?それともあれはケンヂの自己満なのか?変な終わり方だった。誰かが救われたわけでもないだろうに。懺悔のつもりか。

実はこの重要なラストを前回の視聴の時には見逃していた。くだらないケンヂの歌のバックにタイトルロールが流れ出したのでもう終わったと思って止めてた。
今回何気にそのままにしてたら何か続きがあるぞって気が付いた。

だからと言ってそれを見て映画の印象が大きく変わるわけではなかったけど。でも神木隆之介が全部イイとこを持って行っちゃったじゃん。カツマタくんの映画になったよ。
KeiSato

KeiSatoの感想・評価

3.3
全部みたからこれもみたはずなんだけど昔すぎて忘れたよね。もっかい見直したい気持ちはあります
ひとみ

ひとみの感想・評価

3.3
最終章見る前にクラスの男で原作を読んだ人に思いっきりネタバレされてムカついた記憶がある。それで見るのやめた覚えがある。そう言うのスターウォーズでもあって、そのネタバレのせいで未だに手を出してない。
たしか金ローか何かで見た。
もち

もちの感想・評価

4.2
グータラスーダラが満点
この映画、SF的な魅力は勿論なんだけど一番の魅力はロックンロール。漫画でも十分伝わってくるものがあったけど映画として音がでて動きが出ることで凄く伝わってくるものがあるんだなあ。ラストの中学校の屋上のシーンも音(20thCenturyboy)があったからこそ伝わってきたものが大きかった。三部作ということもありすごく壮大な物語だったからこそ、最後を青春み感じる終わり方してくれたのが好きです。でもあれはバーチャルの中の虚構なんだって考えるとめちゃくちゃ切なくないですか?
えー?よく分からなかった!!
しかも最後神木隆之介が全部持ってっちゃってるのがウケる笑
まーでもアレだな、友達の正体の俳優が佐々木蔵之介だったのは納得できた スタイルが良かったから よしつねな訳はない、と思っていたので
指南書

指南書の感想・評価

3.8
この映画でホフディランを好きにならない人は今までみたことないし、これからもいないと思います
めっちゃカッコいいです
nao

naoの感想・評価

3.6
全てが明らかになる最終章。
トモダチも、ちゃんと救いの方法を残すんだなと。
ちゃろ

ちゃろの感想・評価

4.0
幼い頃に見た。
影響をうけ予言の書を書いたり、手にともだち?のマークを描いていた。
子供の時はワクワクドキドキして夢中になったが、今見たらどうなのだろう?
同じような気持ちになれたらいいなと思う。
am

amの感想・評価

-
引っ張った割に消化しきれなかったラスト
地元が撮影地になってた
>|