20世紀少年 <第1章> 終わりの始まりの作品情報・感想・評価

20世紀少年 <第1章> 終わりの始まり2008年製作の映画)

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.2

「20世紀少年 <第1章> 終わりの始まり」に投稿された感想・評価

しょう

しょうの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

原作と実写のキャスティングが絶妙にマッチしている。

内容もとてつもなく面白い。

全3部作の1作目として、現代編がよくまとまってる。

レーザー銃はまじで興奮した
エミ

エミの感想・評価

4.8
原作が忠実に再現されていると思った。
とても怖くて、非現実的で、何度も何度も観てしまう。キャストが神!
懐かしいなぁ。随分昔に観た映画。小学生くらいのときはホラー大好きだったけど今では苦手になった...

このレビューはネタバレを含みます

血の演出が残念。邦画だからしょうがないけど。あと原作も同じだけど仮面の後頭部でフクベエだとバレるからもーちょい隠してほしい。
近未来的SF映画

初めて20世紀少年というタイトルに触れましたがとても面白く続編も気になりましたが同時に原作も気になりました

秘密基地や駄菓子屋など今の時代なかなか経験できいものが作品内に登場するのを見て、昭和、20世紀という時代に少し憧れ的なものを感じました
NOBITA

NOBITAの感想・評価

4.0
原作ファンだが、キャスト陣のチョイスセンスが素晴らしい。主人公のケンジをはじめ、オッチョ、ユキジなど原作キャラのイメージを崩すことなく、物語を堪能できる。漫画では味わえないBob Lennonのメロディも違和感なく、むしろ心地よい音楽だ。
映画やってたときはめちゃくちゃハマったマンガ
浦沢直樹のマンガはけっこう好きなの多いけど20世紀少年、monsterあたりが好きだな

映画はその不気味さが完全に出し切れてないけど限りなく似ているキャストよく集めたなと思った
過去観賞。
浦沢直樹作品が好きで原作はほとんど持っています。
本作の原作も夢中で読んだ作品なので不安に思いながらも観ました。
原作も初期は非常に面白かったので、3部作の1部に当たる本作も原作に忠実だったため楽しめました。
ただ、主役が唐沢寿明はカッコ良すぎてイメージと大分違いましたが。
自分の通っていた小学校が重要な場面でロケで使われていたので、そういうところも楽しめました。
mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
浦沢直樹の原作未読。キャストが超豪華。いかんせん3部作の第1章なので、物語の全体像は全く見えてこない。唐沢寿明演じる主人公らが少年時代に書いた「よげんの書」に則ったテロの話に見えるけど、多分そんな単純ではないのだろう。とりあえず大好きなT.REXの20th century boyはアガる。次作も観なくては。
よ

よの感想・評価

3.3
子どもが作った不気味な感じが絶妙にホラー。不気味さの演出がすごい。
誰かと一緒にみたい映画。
>|