20世紀少年 <第1章> 終わりの始まりの作品情報・感想・評価

20世紀少年 <第1章> 終わりの始まり2008年製作の映画)

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.2

「20世紀少年 <第1章> 終わりの始まり」に投稿された感想・評価

③TVで再鑑賞(2010/8/13)。

②TVで再鑑賞(2009/9/7)。
ひがし

ひがしの感想・評価

3.8
漫画と同じくらい面白いと思う。
トモダチの正体が声で分かるという噂も。

このレビューはネタバレを含みます

実写にしては完成度高いと思う。
原作と比べてなければいいと思う。
カンナとラーメンを食べるシーンはひどかった。
sei

seiの感想・評価

1.5
原作を全く知らなかったせいか、ついていけなかった…(※スピードではなく、内容的に)。ただキモチワルイなとか思ってしまったよ。基本的に自分に合わないみたい
みずは

みずはの感想・評価

3.2
初めて見たのはたぶん地上波だけど、20世紀少年みたことある!って記憶は鮮明にあった。

今、ドラマで、ゼロ(一攫千金ゲーム?)やってて、それにでてる小池栄子をみて、友達ランドの小池栄子を思い出し、20世紀少年見よう!
と思った。

でも友達ランドまだだった。。
2章かな?

超面白いわけではないけど、初めてみたとき面白かった記憶はあるんだよなあ。
まあ2.3回目だからこの評価。
映画館で観たのに内容を覚えていないあたり、そんくらいの作品だったのだろうと。過去の視聴です。
ys

ysの感想・評価

4.0
5連休の最後、浦沢直樹展に行ってきました。
埼玉県立近代美術館
作品は20世紀少年📚をスピリッツでしばらく読んでたけどついていけず。
映画も観てない。
でも本人が好き。笑
絵が上手い。
スライダーズのハリーの、明星大学の後輩でロック大好き。
2014 NHK Eテレ『佐野元春×浦沢直樹 〜僕らの“ボブ・ディラン”を探して〜』が最高でした。
ディラン好きの2人が、ディランのゆかりの地を旅します。
展示を見ると才能、努力、情熱がすごい。
バンドもやってるし、しゃべりも誰よりも達者。
おそ松くんのイヤミが主役の漫画も描いてるんですね!驚
というわけで20世紀少年
当然20thセンチュリーボーイ♬で始まります。
Tレックスの最強ソング。
序盤は苦手な感じもしたけど
どんどん引き込まれた。
ボブディランのライクアローリングストーン♬も流れる。
次は2を観るか、20thセンチュリーウーマンを観るか、悩みます。

僕の世代はイカ天ど真ん中で、
イカ天キングといえば、
たま、フライングキッズ、ジッタリンジン、ブランキージェットシティ、ビギンなんですが、
ハマったのはマルコシアスバンプ
もろTレックスです。
そのフロントマン、アキマツネオは最近も
2017にTレックストリビュートアルバムをリリース
ROY(THE BAWDIES)
オカモトショウ(OKAMOTO'S)
菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)
シシド・カフカ
村越 “HARRY” 弘明
志磨遼平(ドレスコーズ)
吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)
他が参加。
20thセンチュリーボーイ♬の菅原カバー、最高です!
Yuji

Yujiの感想・評価

2.4
映画のスピード感 0.2
感動 おもしろさ 0.6
意外性 ストーリー性 0.7
映像や音楽の美しさ 0.4
初めてみた衝撃とその後心に残るかどうか 0.5
moto7

moto7の感想・評価

3.8
こんなに、
原作のキャラが再現された実写版は他にない!!

万博ばんざい!!笑
RY

RYの感想・評価

3.5
当時キャストポスターみたいのが映画館にあってそれ見るのが楽しかった記憶がある
>|