20世紀少年<第2章> 最後の希望の作品情報・感想・評価

20世紀少年<第2章> 最後の希望2008年製作の映画)

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

3.2

「20世紀少年<第2章> 最後の希望」に投稿された感想・評価

woodyduffy

woodyduffyの感想・評価

2.7
キャラクターが、漫画にだいぶ似てる
映画にするには時間が短い
しょう

しょうの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

前作から時が流れて未来編。

カンナが大人になって可愛くなった

友だちランドがめちゃくちゃ好きだった。

レーザーあやとりも欲しくなったー

しんよげんのしょからの教会でのオッチョ登場シーンのかっこよさたるや
平愛梨が可愛い!!
完全にお友達の独裁政治になっている…

帰ってきた酔っ払い可愛いわ!

このレビューはネタバレを含みます

二回以上見ないと理解がしにくい。ボーナスステージ内のサダキヨはCGが不自然。。
NOBITA

NOBITAの感想・評価

3.8
公開当時描かれた2015年はとうの昔に通り過ぎた今だが、血の大晦日後の世間の不気味さ、違和感、人々の卑劣さを作中一環として堪能する。とにかく平愛梨の役がはまりどころ。
平愛梨はこの作品がほんとに転換期になったと思う
それぐらいいい演技だった

でもまだ不気味さが足りない
原作の怖さをもっと存分に振り切って出して欲しかった
mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
3部作の第2章。2000年「血のおおみそか」以降の世界が描かれている。細かな事は少し明かされるが、物語の核心部分は未だ不明。「しんよげんの書」により更に話がひろげられたイメージもある。そのため人間関係の把握がやや難しかった。なお唐沢寿明演じる主人公はほとんど出てこない。ともかくあとは最終章。
よ

よの感想・評価

3.2
最初見たとき小泉響子はほんまに原作の生き写しやと思った。ともだちランドの恐怖。小池栄子の演技力。
次作が気になる映画。
R

Rの感想・評価

4.2
平愛梨ちゃんの名を世に知らしめた作品だと思う。
そして、木南晴夏ちゃんを好きになった作品。
原作の小泉響子に瓜二つだと思う。
み

みの感想・評価

3.5
こんなに長かったの知らなかった。2章といえばオッチョ!独特のセクシーさ、スーパーヒーロー感が強烈なインパクトでした。あとはカンナ。荒削りなまま突っ走ってきたみたいな潔さが良すぎます。未だに平愛梨ちゃんを見ると私の中ではカンナなのです。主役不在でも安定の面白さ
>|